街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

今シーズンに出産の有無が注目される雌(1)~ カナダ・トロント動物園のオーロラとニキータの双子姉妹

a0151913_19585982.jpg
オーロラとニキータの双子姉妹 Photo(C)Toronto Zoo/Sun News

今シーズン出産が期待されている雌は世界の動物園では何頭もいるわけですが、そういった雌たちの中で注目すべき何頭かを取り上げ、その出産(そしてその後の育児)の有無がもたらす意味合いを考えてみたいと思います。 そういったことから、「大物」とか「本命」とか言われる実績のある雌については対象とはしません。 まずはカナダ、トロント動物園の野生出身である13歳のオーロラとニキータの双子姉妹です。 このうち特にオーロラについてはその出産(そしてその後の育児)の有無に関して今シーズン世界でも最も注目しておかねばならない雌であると言っても過言ではありません。 なぜかといいますと、このオーロラはすでに詳しく報道されているだけで三回、その他の情報によれば四回出産しているわけですが、問題は彼女の出産後の育児にあるからです。
a0151913_2061573.jpg
オーロラ Photo(C)Toronto Zoo

一回目のオーロラの出産は2010年秋で、彼女は三つ子を出産したものの全て虐体を含む食害という形で赤ちゃんは死亡しています。 二回目のオーロラの出産は翌年2011年10月11日でした。 この時も三つ子の出産だったわけですが一頭は食害、残る二頭は育児放棄という形だったわけです。 この二頭については一頭に対しては彼女による虐待があり、虐待を免れた残る一頭についてはトロント動物園は人工哺育を行ったわけで、それが現在アシニボイン公園動物園で飼育されている三歳の雄のハドソンです。 三回目の彼女の出産は翌年2012年12月6日で、この時もまた三つ子の出産でしたが、一頭は誕生直後に死亡、残る二頭に対して彼女は授乳を試みたものの二頭とも衰弱死という結果となりました。 四度目の出産は翌年の2013年11月9日であり、またもや三つ子を出産し彼女は今度は三頭に授乳を行ったわけですが誕生後48時間経過しないうちに二頭は死亡し、残る一頭も衰弱を見せたためトロント動物園は人工哺育に踏み切ったわけです。 これが現在もトロント動物園で飼育されている雄のハンフリーです。

この四回の出産を通じて彼女は12頭を出産したものの生き残ったのは二頭だけであり、それも人工哺育という形であり彼女自身が育児に成功したのは一頭もいないという悲惨な状態です。 こういった過去の実績のもとで今年またオーロラは出産に挑戦するわけです。

このオーロラの度重なる繁殖への挑戦に対してはカナダでも疑問の声があるようです。 このオーロラは出産はするものの育児に問題があるわけで、ではそういった場合にはこれからも何度も人工哺育を行うのかという疑問が湧いてきて当然です。 ましてやカナダという国は自国領土内に広大な野生のホッキョクグマの生息地を有しているわけで、飼育下での人工哺育に違和感を持つ人が多くて当然です。 つまり、人工哺育してまで飼育下でホッキョクグマの繁殖を行うのかという違和感です。 トロント動物園はこのオーロラが回数を重ねた出産(そして育児)の失敗から一回一回と「習得」してきたものがあるので次回には成功するだろうという考え方を採用しているわけです。 確かに最初の一回目は全て虐待を含む食害だったものの、だんだんとそういったことがなくなっている傾向が示されています。 では今年はどうなのかが問題です。仮にまた今までのようなことが起きれば三度目の人工哺育を行うのかという問題が出てきます。 トロント動物園は人工哺育の技術に関しては非常に優れていますので、いざやるとなれば高い確率で成功するでしょう。 しかし今回も本当にやるかについては私はやや疑問も感じます。 というのも、このオーロラの双子姉妹のもう一頭であるニキータにも今回は出産の期待があるからです。
a0151913_2065121.jpg
ニキータ Photo(C)Toronto Zoo

このニキータは報道によれば過去にもイヌクシュクとの間で繁殖行為があったわけですがまだ現在に至るまで出産にまで至っていません。 仮に今回、このニキータがオーロラの前に出産し、そして育児を続けられれば私はトロント動物園はオーロラへの三度目の人工哺育の決断は下さないような気がします。 このあたりは実に微妙なのですが、今まで人工哺育を行ったケースと同じ状況が生じたにもかかわらず過去二回は人工哺育を行い今回は行わないという選択が本当に倫理上正しのかという問題も出てくるわけです。

いずれにせよこのトロント動物園のオーロラの出産に大きく注目せねばならないでしょう。 つまり、ホッキョクグマの出産(そして育児)の成否に経験が本当に要素として寄与するのかどうかという点と、同じ雌の個体に度重なる人工哺育を行うことへの是非という点についてトロント動物園の判断が試されている点、この二点に注目すべきであるということです。

(過去関連投稿)
カナダ・トロント動物園のオーロラとニキータの物語 ~ 双子姉妹と繁殖との関係
カナダ・トロント動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ 今シーズン最初の出産ニュース
カナダ ・ トロント動物園でホッキョクグマの三つ子の赤ちゃんが誕生するも全頭死亡!
カナダ・トロント動物園でホッキョクグマの三つ子の赤ちゃん誕生! ~ 2頭は死亡するも1頭が生存
カナダ・トロント動物園に戻ったイヌクシュクのさらなる挑戦 ~ 優秀な雄の最後の課題は相性の克服
カナダ・トロント動物園の施設 “Tundra Trek” の充実とオーロラ、ニキータ双子姉妹の繁殖への期待
by polarbearmaniac | 2014-10-31 20:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ホッキョクグマを飼育している..
at 2017-11-25 00:30
フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-11-24 00:30
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-11-23 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-22 06:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-11-22 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-21 01:00
エストニア・タリン動物園のノ..
at 2017-11-21 00:30
エストニア・タリン動物園、新..
at 2017-11-20 01:00
仙台・八木山動物公園、苦心す..
at 2017-11-19 00:30
ロシア・イジェフスク動物園が..
at 2017-11-18 01:30

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag