街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア極北ノーヴァヤ・ゼムリャー島で保護の孤児一頭がゲレンジークのサファリパークに無事到着

a0151913_2154193.jpg
到着したセレジュカ Photo(C)Сафари-Парк, Геленджик

先日よりご紹介していましたロシア極北ノーヴァヤ・ゼムリャー島のマーリェ・カルマクルィの気象観測基地で先月に保護された一歳にならない双子のホッキョクグマの幼年個体ですが、一頭は成獣に襲われて殺されて、生き残った一頭もケガをしていると報じられていましたが、連邦政府の自然管理局 (RPN) が指定した保護・飼育先のゲレンジークのサファリパークに9日に到着したことを同施設が正式に発表しました。 到着してから30分後に飼育場に出されたこの幼年個体は与えられたミルクや魚や果物をあちらげ、プールに飛び込んだり新しい場所を探索したりと、非常に落ち着いている様子が伝えられています。
a0151913_21344797.jpg
Photo(C)РЕН ТВ

本件は当初より非常に報道内容が錯綜していたわけですが、このブログでは一貫してノーヴァヤ・ゼムリャー島に通信員のいるイタル・タス通信の報道を基本にして事態の推移をご紹介してきました。 さて、ゲレンジークのサファリパークはこの幼年個体の性別はまだわからないと言っていますね。 また、名前はセレジュカ (Сережка) であることを紹介していますがこの名前ならば通常は雌ですが、単なる愛称であれば雄でも十分にありえますね。 性別チェックはチャンスをみて行う予定だそうです。 そしてこのセレジュカは食欲も十分にあるそうです。 このセレジュカの様子をサファリパークは映像で公開していますのでご紹介しておきます。 これを見ますとケガをしているようには見えませんね。



(*追記 - 地元のTV局がこのセレジュカの到着の様子やサファリパークの飼育場での様子をニュースで放送しましたので、以下にご紹介しておきます。 やはりこれは軍用機を用いていますね。 それから、最後のほうに映っているのはセードフ司令官です。 今更言うまでもなくこのセードフ司令官は日本のカイやロッシーの兄にあたるわけです。)





(資料)
Сафари-Парк, Геленджик (Nov.9 2014 - Медвежонок Сережка)
Кубань 24 (Nov.10 2014 - В Геленджик привезли спасенного на Новой Земле белого медвежонка)
ITAR-TASS (Nov.10 2014 - Polar bear cub saved from death in Arctic getting accustomed to new home Gelendzhik)
Комсомольская правда (Nov.10 2014 - В геленджикском Сафари-парке взяли на воспитание медвежонка-сироту из Новой Земли)
(*追加資料)
Телеканал РЕН ТВ (Nov.10 2014 - Белого медвежонка спасли от неминуемой смерти)
ГТРК Кубань (Nov.11 2014 - Косолапый сирота обрел дом)

(過去関連投稿)
ロシア極北ノーヴァヤ・ゼムリャー島のマーリェ・カルマクルィで野生孤児の双子が保護される
ロシア極北ノーヴァヤ・ゼムリャー島で保護されたウムカとエリカの野生双子孤児が行方不明となる
ロシア極北ノーヴァヤ・ゼムリャー島で一時保護された双子孤児のうち一頭が雄の成獣に襲われ殺される
ロシア極北ノーヴァヤ・ゼムリャー島で生き残った一頭の孤児はゲレンジークのサファリパークで飼育が決定
ロシア極北ノーヴァヤ・ゼムリャー島で双子孤児のうち生存したウムカがまた成獣に襲われ重傷で治療中
by polarbearmaniac | 2014-11-10 10:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

カナダ・コクレーン「ホッキョ..
at 2017-03-29 22:00
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-28 21:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-27 21:00
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-03-26 22:00
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-25 21:00
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2017-03-25 13:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin