街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの娘ザバーヴァが12月に他園へ移動決定

a0151913_2382977.jpg
ザバーヴァ (2014年9月24日撮影 於 レニングラード動物園)

ロシア・サンクトペテルブルクのレニングラード動物園で昨年12月6日に女帝ウスラーダが産んだ彼女自身の16頭目の子供である雌のザバーヴァ (Забава) についてレニングラード動物園は、12月に他園へ移動となる予定であることを明らかにしました。 いよいよザバーヴァもウスラーダお母さんと別れるときが来たのかという感慨を持つのですが、これについては非常に興味深い派生的な問題が存在しているわけで、今回をそれを取り上げたいと思います。
a0151913_23105085.jpg
ザバーヴァ (2014年9月24日撮影 於 レニングラード動物園)

まず、このザバーヴァが他園に移動するということは、どの個体が将来のパートナーとしてあてがわれるかということです。 ウスラーダの前回の子供は2011年12月生まれの雄のロモノーソフだったわけですが、彼もやはり生後約一年で移動となったわけで、移動先はシベリアのヤクーツク動物園であり、将来のパートナーとしてはヤクーツク動物園で保護・飼育されていた野生孤児の雌のコルィマーナがあてがわれたということでした。 ロシアでは 「アンデルマ/ウスラーダ系」 というのは圧倒的な勢力を誇るわけですが、毎年のように保護される野生孤児個体を飼育下に取り込んで同一血統への集中を、かろうじてであれ回避するということが可能である点が強みです。 ですから今回のザバーヴァについてもロモノーソフ同様、そういった雄の野生孤児個体が将来のパートナーとなるのではないかと思われます。

となると、いったいどの雄の野生孤児個体になるかが問題です。 ゲレンジークのサファリパークに先日到着したセレジュカではないかとも考えられますが、このセレジュカは性別チェックがまだ行われておらず雄だという完全な確証はまだありませんし、仮に雄だったとしても同じ野生孤児の雌のスネジンカがすでにサファリパークで飼育されていますから、今度はこのセレジュカの将来のパートナーとしてはスネジンカとなる可能性のほうが遥かに大きいでしょう。 そうなると次に考えらえるのがイジェフスク動物園で保護・飼育されている野生孤児の雄のバルーではないかということになります。 ただしイジェフスク動物園ではホッキョクグマがすでに2ペア飼育されていますから、さらにここにザバーヴァが移動して将来的にバルーとペアを組むことは考えにくいでしょう。 となれば残るは、これも去る10月にウランゲリ島で軍によって保護された野生孤児のウムカしかないわけですが、このウムカがウランゲリ島からその後どの動物園で保護・飼育されているのかについて全く報道がありませんし、性別も雄だとは断定できません。 しかしレニングラード動物園が今の段階でザバーヴァの他園への移動を明らかにしたということは、このウムカの性別が雄だと判明し、どこかの動物園で間もなく検疫期間も終了するというタイミングでザバーヴァの12月の移動の予定が明らかにされたのだと考えれば説明が付きます。 ですので、私は飼育動物園が明らかにされていないこのウムカが現在保護・飼育されている動物園にザバーヴァが移動してウムカを将来のパートナーとするのではないかと考えています。 どこの動物園なのかと考えているのですが、なかなか予想がつきません。  (*追記 - レニングラード動物園の飼育部長のシェルグノヴァさんは本投稿がなされた後に、あるSNSでザバーヴァはイジェフスク動物園に行くという内容の発言を行っていますが、本当にそうかどうかは正式発表を待たねばならないでしょう。 イジェフスク動物園は非常に広い飼育展示場を2つ持っているわけですが、しかし3ペアの飼育はキツイと思いますが。)
a0151913_23122311.jpg
ウスラーダ (2014年9月24日撮影 於 レニングラード動物園)

次に、こうしてザバーヴァを12月に移動させるということは果たしてレニングラード動物園は現在26歳のウスラーダにさらに来年繁殖に挑戦させるのかという問題が出てきます。 これはおそらく年明けからメンシコフとの同居を開始させてみて繁殖行為があれば、やはり秋の終わりからウスラーダを産室入りさせようというだろうと思いますが、しかしそうなると夏頃から出産に備えてウスラーダへの給餌量を増大させることが果たして彼女にとって年齢的にも好ましい事なのかどうかが問題となるのではないでしょうか。 レニングラード動物園の飼育部長のシェルグノヴァさんはSNSのページで質問者に答えてウスラーダとメンシコフとの間での繁殖を来年も狙うことは当然だというi意味の発言をしていますが、果たしてどうでしょうか。 そもそも自然界ではホッキョクグマは三年サイクル(場合によっては四年)で繁殖が行われており、飼育下で二年サイクルの繁殖が行われるというのはホッキョクグマの雌における身体の適応性にとっても疑問のあるところですし、ましてやウスラーダは26歳となっていますので決して無理はさせてほしくないと思います。
a0151913_23141554.jpg
ウスラーダお母さんと娘のザバーヴァ 
(2014年9月24日撮影 於 サンクトペテルブルク、レニングラード動物園)

それからシェルグノヴァさんはウスラーダの所有権は現在はレニングラード動物園に移っているということを語っています。 前々回、2009年12月にウスラーダから誕生したサイモンとサムソンの雄の双子のうち一頭の権利を持っていたモスクワ動物園はサイモンを2010年に北京動物園に売却したわけで、この時までは間違いなくウスラーダの所有権はモスクワ動物園にあったはずですが、レニングラード動物園がウスラーダの所有権を得たというのは、おそらくその翌年の2011年のことだったに違いありません。 レニングラード動物園にしてみればウスラーダの所有権をようやくモスクワ動物園から得たわけですからウスラーダの産む子供は全てレニングラード動物園が権利を持つことになり、そういった意味でもウスラーダにさらなる出産を期待したいというレニングラード動物園の気持ちはわかるような気がします。 しかし、それがウスラーダにとって好ましいことかどうかは全く別の問題でしょう。 いずれにせよ、このザバーヴァの所有権についてはレニングラード動物園は決して手放さず保持し続けるでしょう。 ウスラーダの後継問題というものに大きく関係してくるであろうからです。

さて、私は多分ウスラーダの最後の子供となる可能性の非常に大きいザバーヴァをウスラーダがどう育てていくのかを可能な限りこの目で見ておきたいと思っていたわけで5月と9月にすでに現地に行っていますが実は年内にもう一度行きたいと考えていたわけでした。 しかしサンクトペテルブルクは徳島ではありません。 一時間では行けない場所です。 行くのだったら今週末の連休にひっかけてですが、極めて難しくなりました。ちょっと時間がないのが残念です。

(資料)
Ленинградский зоопарк (Facebook/Nov.14 2014)

(過去関連投稿)
女帝ウスラーダとシモーナ、コーラ、リアの三頭の娘たち ~ 偉大な母親たちの三代の系譜
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの歩む道 ~ 再説: 繁殖可能年齢上限
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園で26歳の女帝ウスラーダが16頭目の赤ちゃんを出産!
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの赤ちゃんの産室内映像が公開される
ロシア・サンクトペテルブルクのレニングラード動物園がウスラーダの赤ちゃんの産室内映像を一挙に公開
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園の女帝ウスラーダの15頭の子供たちの姿
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの16頭目の赤ちゃんが遂に戸外へ!
ロシア・サンクトペテルブルクに記録的な暑さ到来 ~ 果物を楽しむホッキョクグマたち
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダ親子の関係に深く切り込んだ映像
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの16頭目の赤ちゃん、10月に移動か?
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの16頭目の赤ちゃんは雌(メス)と判明
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園の赤ちゃんの名前が 「ザバーヴァ」 に決まる
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園でウスラーダとザバーヴァの母娘に氷のプレゼント
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のハロウィン ~ カボチャを独り占めしたザバーヴァ
(2014年5月訪問記)
グランド・ホテル・ヨーロッパからレニングラード動物園へ ~ ウスラーダの一家との再会
帝王メンシコフ、その偉大さへの限りなき称賛
ウスラーダの16頭目の赤ちゃんの行動が示すその性別の予想
ウスラーダの母性とは何か? ~ 魅せられる芯の強さと筋の一本通った強靭なる母親の姿
肌寒い気候の日曜日のウスラーダお母さんと赤ちゃんの姿 (*投稿準備中)
(2014年9月訪問記)
秋晴れのサンクトペテルブルクでウスラーダ、ザバーヴァ、そしてメンシコフとの再会
ザバーヴァ (Забава)、その性格と素顔
「歴史上のホッキョクグマ」となったウスラーダ、その娘ザバーヴァへの接し方 ~ 「女帝王学」の伝授へ
レニングラード動物園二日目 ~ ウスラーダとザバーヴァの親密さ (*投稿準備中)
レニングラード動物園三日目 ~ ウスラーダさん、メンシコフさん、ザバーヴァちゃん、お元気で! (*投稿準備中)
by polarbearmaniac | 2014-11-17 23:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30
ベルリン動物公園で死亡した赤..
at 2017-04-22 01:00
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-04-22 00:30
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-21 12:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-20 15:00
ロシア・サハ共和国、ヤクーツ..
at 2017-04-20 14:30

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin