街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アメリカ・ノースカロライナ州アッシュボロのノースカロライナ動物園のパッチーズが亡くなる

a0151913_1181079.jpg
パッチーズ Photo(C)North Carolina Zoo

突然の訃報です。アメリカ・ノースカロライナ州アッシュボロのノースカロライナ動物園が発表したところによりますと、同園で飼育されていた26歳の雌のホッキョクグマであるパッチーズが去る日曜日の16日に亡くなったとのことです。 ノースカロライナ動物園ではこの10月に850万ドルを投じた新ホッキョクグマ拡大新飼育展示場がオープンしており、その日にはパッチーズも元気な姿を見せていたわけですが、間もなく彼女は食べ物を口にしなくなったそうです。 獣医さんたちは最初、これは彼女の年齢に関係したことだろうと考えていたそうですが、パッチーズは動き回ることもなくなり食欲もないといった状態のままで健康状態が悪化したため昼夜にわたって治療が続いていたそうです。 検死の結果、死因は肺ガンだったようです。 彼女はあと数日で27歳の誕生日を迎えるはずでした。

このノースカロライナ動物園ではシカゴのリンカーンパーク動物園から9月に14歳の雌であるアナーナが移動してきていますのでホッキョクグマが不在になるという状態にはなりませんが、約一年前にこのノースカロライナ動物園に移動してきたパッチーズは新展示場でのより一層の活躍が期待されていただけに彼女の死は痛恨事だと言えましょう。 このパッチーズの今年の一月の雪の降った日の映像、そして拡張展示場での9月の様子を映像で見てみましょう。





ノースカロライナ州の環境保護局の長官はこのパッチーズの死を悼んで次のようにコメントしています。

"Patches will be sorely missed. She was a special animal
that shared her beauty and personality with thousands of
North Carolina school children and residents. We are sorry
to lose her, but grateful for her time with us."


謹んでパッチーズの冥福を祈ります。

(資料)
North Carolina Zoo (Nov.17 2014 - North Carolina Zoo's oldest polar bear passes away)
News & Observer (Nov.17 2014 - NC Zoo loses another polar bear)
ABC News (Nov.17 2014 - Polar bear at North Carolina Zoo dies)

(過去関連投稿)
アメリカ・エリー動物園のノートン、一筋の光を残して逝く
アメリカ・エリー動物園、ミッチェル総責任者の忍耐の日々 ~ 交尾から出産までの期間についての諸例
アメリカ・エリー動物園のパッチーズ、出産ならず
アメリカ・ノースカロライナ動物園のアキーラがデトロイト動物園へ ~ 急ピッチの欧米の施設新築
アメリカ・ミシガン州、デトロイト動物園に移動したアキーラの姿
米・ノースカロライナ動物園のウィルヘルム、ミルウォーキー動物園へ一時移動 ~ 彼のサーカス団時代の境遇
アメリカ・デトロイト動物園のアキーラが施設改修工事が終了したノースカロライナ動物園に戻る
アメリカ・ノースカロライナ動物園のアキーラが改修後の展示場に元気に登場 ~ 「マニトバ基準」 を考える
アメリカ・ノースカロライナ州アッシュボロのノースカロライナ動物園のアキーラが急死
アメリカ・ノースカロライナ州 アッシュボロのノースカロライナ動物園の苦悩 ~ 主のいない新展示場
アメリカ・ウィスコンシン州、ミルウォーキー動物園のウィルヘルム、苦難を越えて28歳で生涯を閉じる
アメリカ・ペンシルベニア州、エリー動物園のパッチーズがノースカロライナ動物園へ
アメリカ・ペンシルベニア州エリー動物園のパッチーズが無事にノースカロライナ動物園に到着
アメリカ・ノースカロライナ州のノースカロライナ動物園に移動したパッチーズの一般公開が始まる
アメリカ・シカゴ、リンカーンパーク動物園のアナーナがノースカロライナ動物園へ ~ 新施設建設とSSP
アメリカ・ノースカロライナ州アッシュボロのノースカロライナ動物園のパッチーズの近況と新展示場について
アメリカ・ノースカロライナ州アッシュボロのノースカロライナ動物園に850万ドルを投じた新施設がオープン
by polarbearmaniac | 2014-11-18 11:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30
ベルリン動物公園で死亡した赤..
at 2017-04-22 01:00
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-04-22 00:30
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-21 12:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-20 15:00
ロシア・サハ共和国、ヤクーツ..
at 2017-04-20 14:30
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-20 01:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-19 15:00
アメリカ・サンディエゴ、シー..
at 2017-04-19 12:00
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-04-18 16:00

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin