街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アメリカ・オレゴン州ポートランド、オレゴン動物園の双子兄妹コンラッドとタサルが元気に共に30歳となる

a0151913_15111523.jpg
コンラッドとタサルの30歳の誕生会 Photo(C)Oregon Zoo

アメリカ・オレゴン州ポートランドのオレゴン動物園で飼育されている雄のコンラッド と雌のタサルの双子兄妹は12月1日に共に30歳となり、同園ではそのお祝いの誕生会が開催されました。 双子が生まれてから移動も含めてずっと一緒に飼育されて共に元気に30歳を迎えるというのも大変珍しいことだと思います。 この二頭は1984年の12月1日にサウスカロライナ州コロンビアのリバーバンクス動物園で双子で誕生しました。 その後、一歳の1986年にオレゴン州ポートランドのオレゴン動物に共に移動してきたわけです。 その後の彼らにはパートナーも与えられたわけですが繁殖には成功しなかったようです。 こういった件については過去関連投稿をご参照下さい。 そしてそういったパートナーはすでに亡くなってしまったものの、この双子兄妹は大変元気で健在だということです。
a0151913_1512335.jpg
Photo(C)Oregon Zoo

誕生会の開催された1日には飼育担当者より、おもちゃやクリームケーキ、その他のプレゼントがあったそうです。 このコンラッドとタサルについてオレゴン動物園では常に健康状態をモニターしていてその健康維持に最大限の注意を払っているそうですし、以前より同園がこのコンラッドとタサルに対して非常にケアの行き届いた扱いをしていることもいろいろな映像や写真、そして飼育員さんの発言などで十分に窺い知ることができます。
a0151913_1512261.jpg
Photo(C)Oregon Zoo

これからもこの双子兄妹には是非元気でいてほしいと思います。

(*追記 - その後、そのお誕生会のTVのニュース映像がアップされていますので下にご紹介しておきます。 冒頭はCMです。)
KPTV - FOX 12

(資料)
Oregon Zoo (Zoo News/Nov.24 2014 - Zoo marks b-day of oldest male polar bear and his twin sis)
OPB News (Dec.1 2014 - Oregon Zoo Polar Bears Celebrate 30 Years Old)
kgw.com (Dec.1 2014 - OR Zoo polar bears' birthday marks oldest in the world)
(*追加資料)
KPTV.com (Dec.3 2014 - Brother-sister polar bears celebrate 30th birthday at Oregon Zoo)

(過去関連投稿)
アメリカ・オレゴン州 ポートランド、オレゴン動物園のコンラッドとタサル ~ 別離なき永遠の双子兄妹
アメリカ・ポートランドのオレゴン動物園が麻酔を使用せずにホッキョクグマの血液サンプル採取に成功
アメリカ・オレゴン州 ポートランド、オレゴン動物園のタサルがホッキョクグマの生態研究に協力
アメリカ・オレゴン州 ポートランド、オレゴン動物園で29歳となった双子のコンラッドとタサルの「雪の日」
アメリカ・オレゴン州ポートランド、オレゴン動物園の双子兄妹のコンラッドとタサルの近況 ~ 新施設計画
by polarbearmaniac | 2014-12-02 15:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

気ままに歩くオールボー旧市街..
at 2017-07-28 05:00
モスクワからコペンハーゲン、..
at 2017-07-28 03:00
ノヴォデヴィチ墓地 (Нов..
at 2017-07-27 05:30
モスクワ、ノヴォデヴィチ修道..
at 2017-07-27 05:00
モスクワのクドリンスカヤから..
at 2017-07-26 05:40
モスクワの「チェーホフの家博..
at 2017-07-26 05:30
ムルマ (Белая мед..
at 2017-07-26 05:20
スネジンカ (Белая м..
at 2017-07-26 05:10
二年振りに訪問のモスクワ動物..
at 2017-07-26 05:00
夜も更けたアルバート通りを歩..
at 2017-07-25 05:45

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin