街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園の野生出身のフェリックスとオーロラのペア形成への準備

a0151913_1321558.jpg
オーロラ(左)とフェリックス(右) 
Photo(C)"Роев ручей" Красноярский зоопарк

シベリア中部の都市であるクラスノヤルスクの動物園のホッキョクグマに関しては今まで何回もご紹介してきました。 現在この動物園で飼育されているのは共に野生出身である9歳になった雄のフェリックスと5歳になった雌のオーロラ(本名ヴィクトリア)です。 このペアは共に野生出身であるために将来の繁殖が極めて期待されているペアです。
a0151913_1435861.jpg
実はもう一頭このクラスノヤルスク動物園で2003年6月まで飼育されていたのが現在は12歳となったセードフ司令官だったわけですが、彼はスタールイ・オスコル市 (Ста́рый Оско́л) にあるスタロースコルィスク動物園 (Старооскольский зоопарк) へ2013年7月に移動し、そしてその後は今年の5月に黒海沿岸ゲレンジークのサファリパークへ移動しています。 このセードフ司令官はウスラーダが2002年11月に産んだ雄の三つ子のうちの一頭で現在はサーカスを引退した雌のラパをパートナーにしているのも、当初の移動先のスタロースコルィスク動物園がラパのパートナーを求めてクラスノヤルスク動物園からセードフ司令官を3年の期限付きでBL契約によって借りたという経緯があったからでした。それまでクラスノヤルスク動物園で飼育されていたのは雄が二頭(セードフ司令官とフェリックス)と雌が一頭(オーロラ – 本名ヴィクトリア)だったわけで、野生出身の雌であるオーロラとペアを組ませるのはウスラーダの息子であるセードフ司令官よりも野生出身のフェリックスのほうがロシア国内の動物園の血統の多様性の維持には遥かに有利であると考えられたからでした。
a0151913_1344947.jpg
フェリックス Photo(C)"Роев ручей" Красноярский зоопарк

さて、この雄のフェリックスは区画を仕切って別飼育されている雌のオーロラの隣のスペースに移動してきたわけですが、昨年はオーロラに対して興味のない態度を示していたものの、今年の夏あたりから彼女を少し意識し始めたそうで、オーロラの気を引こうとプールで優雅な泳ぎを見せたりなどをしているようです。 ホッキョクグマの飼育担当のガリーナさんが言うには、雄のホッキョクグマが雌を非常に意識しだすと食欲が増加するそうで、従来フェリックスは食べ物をもらうことに執着しない淡泊なホッキョクグマであったにもかかわらず最近では非常に貪欲に魚のプレゼントに執着するようになっているそうです。 また最近になって目撃された光景は、フェリックスが週に2回もらう魚のプレゼントのうちの一部をフェリックスは格子越しに隣のオーロラにお裾分けするということをやっているようです。 クラスノヤルスク動物園では現時点でフェリックスとオーロラを同居させるのは、オーロラの年齢を考えるとまだ早いと考えているそうですが、このペアによる将来の繁殖に大きな期待を寄せているために、こうやって互いに互いを興味を持たせていくことはペア形成への準備として捉えているというわけです。 今年の4月のこの二頭の様子を見てみましょう。 最初に登場しているのはフェリックス、最後に登場しているのはオーロラ (本名ヴィクトリア)です。 冒頭はCMです。



以前にも書いていますが、日本の動物園はこのペアの果実の入手を狙うべきでしょう。 野生出身同士のペアによる繁殖によって生まれた個体は日本の動物園の血統の多様性を確保するためにはどうしても欲しいところです。
a0151913_137434.jpg
Photo(C)"Роев ручей" Красноярский зоопарк

(*注)タイミール半島で孤児となっていたのを保護されクラスノヤルスク動物園で飼育されてきた オーロラとヴィクトリア の雌の双子うち、 オーロラはイジェフスク動物園に移動 したためにクラスノヤルスクに残ったのはヴィクトリアですが、その後このクラスノヤルスク動物園及び地元の報道機関は彼女のことをヴィクトリアではなくオーロラと呼び続けているのは、多分 「オーロラ (Аврора)」 のほうが「ヴィクトリア (Виктория)」 よりもロシア語として発音がし易いためだと思われます。 よって本ブログでもクラスノヤルスク動物園に残った双子のうちの一頭であるヴィクトリアを 「オーロラ」 と呼んで、そう表記しています。 「オーロラ (Аврора)」 は本来のロシア語の発音で表記すれば 「アヴローラ (Аврора)」 となるべきですが、「オーロラ」 のほうが響きとしては日本語として遥かに定着していますので、「オーロラ」 と表記するほうが正しいでしょう。

(資料)
Красноярский парк флоры и фауны «Роев ручей» (Dec.3 2014 - Медведь влюбился)
"Лаборатория новостей - Красноярск" (Nov.27 2014 - День белого медведя в красноярском зоопарке отметят заплывом моржей)
Аргументы и факты (Nov.27 2014 - Красноярский зоопарк проведет День белого медведя)
Комсомольская правда (Dec.3 2014 - А у Феликса с Авророй любовь!)
"Лаборатория новостей - Красноярск"(Dec.3 2014 - Влюбленный белый медведь в красноярском зоопарке угощает подругу рыбой)
Sibnovosti – Красноярск (Dec.3 2014 - Северный мишка из "Роева ручья" влюбился в свою соседку)
Блокнот Красноярск (Dec.5 2014 - Красноярские медведи влюбились и готовятся к «свадьбе»)

(過去関連投稿)
(*オーロラ関連)
ロシア極北・タイミール半島でホッキョクグマの2頭の赤ちゃんを保護!
ロシア・タイミール半島で保護された赤ちゃん孤児の続報
ロシア・クラスノヤルスク動物園の2頭の赤ちゃん孤児、同市に留まり同居の継続が決定!
ロシア・クラスノヤルスク動物園で暮らすタイミール半島で保護された双子の孤児の名前が決まる
ロシア・ウドムルト共和国のイジェフスク動物園 ~ 「さすらいのホッキョクグマ」ピムの安住の地となるか
モスクワ動物園がカザン市動物園に1頭のホッキョクグマを贈与 ~ 帰属意識と権利関係の狭間で
ロシア・クラスノヤルスク動物園で保護の双子の孤児に別れの時来る ~ オーロラがイジェフスク動物園へ
(*フェリックス関連)
ロシア・クラスノヤルスク動物園の2頭の伊達男たち ~ 華麗なる独身生活を謳歌?
ロシア・クラスノヤルスク動物園のプール開き
ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園のプール開き

ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園の野生出身の新ペアの繁殖への期待 ~ 日本は果実を狙え
ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園の「プール開き」 ~ 夏に向けたフェリックスとオーロラの姿
[PR]
by polarbearmaniac | 2014-12-06 01:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ウラル地方、チェリャ..
at 2017-06-29 23:30
横浜・八景島シーパラダイスの..
at 2017-06-28 23:00
ロシア・ウラル地方 ペルミ動..
at 2017-06-28 22:30
ロシア南部 ・ ドン河下流の..
at 2017-06-27 19:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-06-26 23:50
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-06-25 22:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-06-24 23:30
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-06-23 23:00
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-06-22 23:00
ロシア・中部シベリアに記録的..
at 2017-06-21 18:30

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin