街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

札幌・円山動物園で22歳のキャンディが一頭の赤ちゃんを出産するも死産と判断される

a0151913_17345582.jpg
キャンディ (2014年10月13日撮影 於 札幌・円山動物園)

札幌・円山動物園が本日8日に発表したところによりますと同園で飼育されている22歳のキャンディが12月5日に一頭の赤ちゃんを出産したものの鳴き声や動きなどが認められないことから、同園では死産であったものと判断したとのことです。 大変に残念なことです。

非常に驚きました。 それは、デナリとの間で繁殖行動 (マウント)は確認できたものの繁殖行為(交尾)は確認されていないと説明されていたキャンディが出産したという事実についてです。 このキャンディの繁殖行為については担当飼育員さん個人としては「交尾は確認していない」 ということなのか、「園として確認していない」 ということなのかが私には最後まではっきりとはわからなかったという事情がありました。 さらに先日、旭山動物園がサツキとルルの産室入りの情報をHPで発表した際に この二頭の交尾日まで公表したという鮮やかさが記憶に鮮明だったわけで、私としてはキャンディについては何かもやもやとした感じが拭いきれなかったという事情も今回の私の驚きの背景にあるわけです。
a0151913_14432870.jpg
キャンディ (2013年11月4日撮影 於 札幌・円山動物園)

円山動物園の公式ブログを拝見しますと、デナリとキャンディの同居7日目の4月22日にも確認できたのは繁殖行動(マウント)だけであり繁殖行為(交尾)については定かでない旨の記述が見えます。 それ以降、このデナリとキャンディとの同居の記載はなくなってしまうわけですが、一応4月22日を交尾日だったとして採用しますと、今回出産のあったのは12月5日ですから、「妊娠日数/期間 (Pregnancy Duration/Total Gestation times)」 は227日間となります。 例のロシアの生物学者であるイーゴリ・トゥマノフ氏の研究報告 (”Reproductive Biology of Captive Polar Bears by IGOR TUMANOV. Research Institute of Nature Conservation of the Arctic and North, St. Petersburg, Russia” ) ではこの4月22日という交尾日では平均の妊娠日数 (Pregnancy Duration) は237日間であり、それから判断するとキャンディの出産日としては12月15日前後が最も可能性が高かったということになります。 そして今年のキャンディの出産の可能性がほぼなくなる妊娠日数 (Pregnancy Duration) の最大である294日間がどの日にあたるかを計算しますと、それは来年の2月11日にあたるわけです。 つまり、キャンディの最も出産の可能性が高いはずであった12月15日前後から最終となる日まで彼女には58日間という余裕があったというわけです。 キャンディのように一応は過去に出産経験がある個体では、この58日間という日数的余裕は実は今回の彼女の出産に非常に有利に働いたということが言えそうで、だからこそ現実に今回彼女は22歳という年齢になってもなんとか出産にだけはこぎつけたということが言えるかもしれません。 そうなると、今年の男鹿水族館のクルミがこの最大妊娠日数から彼女の出産のピークであった日を引くと13日間という日数しか示さない事実を考えれば、今年のクルミはトゥマノフ氏の研究報告が示すデータから読み取れる傾向を否定すべく真っ向から挑戦を挑んでいるということを意味することになるのかもしれません。

さて、このキャンディについてですが私はこれで彼女のデナリをパートナーとした繁殖への挑戦はやはり終わりにすべきではないかと考えます。 これ以上さらに無理をさせて来年以降も挑戦を続けさせるとなりますと果たしてどうでしょうか。 やはり物事には 「終わり」 とか 「潮時」 と いうものがあるように思います。 かえすがえすも残念だったのは、このキャンディの2012年12月の最初の出産、そしてさらに遡れば彼女がもっと若いうちに彼女との相性の良いパートナーと共に繁殖に挑戦するチャンスが与えられていたならば...という気がします。

(資料)
円山動物園 (Dec.8 2014 - ホッキョクグマの「キャンディ」が出産しましたが、残念ながら死産でした)

(過去関連投稿)
正念場のキャンディが 「晴れ舞台」 に立つ日は来るか?
札幌・円山動物園で再びホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生するも2頭とも死亡!
札幌 ・ 円山動物園のキャンディへの期待と声援 ~ 彼女のドイツでの幼少期と今は亡き両親の姿
デナリとキャンディ、「成就」への出発のレールに乗る ~ 週末の札幌・連続4週間目
ロンドン動物園での飼育最後のホッキョクグマ、ピパラクの異国での悲運の死とキャンディの祖母モサの姿
喜怒哀楽を常に隠したポーカーフェイスのキャンディ ~ モスクワ動物園との深いつながり
曇天の札幌・円山動物園 ~ ホッキョクグマの「再配置」と、「筋」 に入った可能性を感じるキャンディ
木々の色づいた札幌、そしてホッキョクグマたちの姿 ~ "Does Polar God smile twice ?"
札幌・円山動物園のキャンディにとっての12月6日 ~ 平均出産予定日とイケメン飼育員さんが救った命
札幌・円山動物園のキャンディ、展示再開へ ~ 今シーズンは出産の可能性低いとの判断
キャンディ、沈黙で語る名優に仮面劇で応えようとする周囲の聴衆の機知
by polarbearmaniac | 2014-12-08 14:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・トレド動物園のホー..
at 2017-09-26 10:00
ロシア北東部の内陸をさまよう..
at 2017-09-26 03:00
ウクライナ・ハリコフ動物園の..
at 2017-09-25 03:00
ロシア北東部サハ共和国で北極..
at 2017-09-23 22:00
ロシア・ペルミ動物園が間もな..
at 2017-09-23 00:30
大阪・天王寺動物園がゴーゴの..
at 2017-09-22 01:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-09-21 01:00
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-09-21 00:30
ピョートル(ロッシー)とクラ..
at 2017-09-20 06:00
ロシアのサーカス団の4頭のホ..
at 2017-09-20 00:30

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag