街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ドイツ・ロストック動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ ヴィルマが自己の12歳の誕生日に出産

a0151913_20162194.jpg
ヴィルマお母さんと赤ちゃん Photo(C)Zoo Rostock

ドイツのロストック動物園が発表したところによりますと12月3日の18時57分に12歳の雌のヴィルマが一頭の赤ちゃんを出産したそうです。 同園では10年ぶりのホッキョクグマの赤ちゃん誕生となります。 父親はもちろんあのクヌートの父親だった21歳のラルスです。 ロストック動物園が産室内の様子を映像で公開しましたのでご紹介しておきます。



a0151913_22515554.jpg
ヴィルマお母さん Photo(C)Barbara Scheer

ヴィルマお母さんは実は三度目の出産のはずで、最初は2007年にニュルンベルク動物園でフェリックスをパートナーとして出産したものの食害で赤ちゃんは死亡し、二度目は2012年にヴッパータール動物園でアノーリを出産していますが、その時のパートナーは今回と同じラルスでした。 そして今回、ヴィルマお母さんは自分の12歳の誕生日に一頭の赤ちゃんを出産したというわけです。 ロストック動物園ではスタッフ一同が10年振りの今回の赤ちゃん誕生を非常に喜んでいるとのことです。 誕生2週間後の発表ということになりますから、かなり慎重だったということになるでしょう。
a0151913_22293520.jpg
前回の2004年のロストック動物園でのホッキョクグマの誕生では先日ラヌア動物園でやはり赤ちゃんを出産したヴィーナスと、そしてブレーマーハーフェン臨海動物園で昨年12月にやはり赤ちゃんを出産しているヴァレスカという双子の雌の誕生があったわけですが、それ以来の赤ちゃん誕生ということになります。 この2004年にヴィエナお母さんがヴィーナスとヴァレスカを出産したシーンは 「2004年ドイツ・ロストック動物園でのホッキョクグマの出産の瞬間の映像」という投稿でご紹介しています。 今回主産に成功したヴィルマはこのヴィーナスとヴァレスカの二歳上の姉にあたるわけです。
a0151913_20163673.jpg
Photo(C)Zoo Rostock

このロストック動物園というのは世界の動物園のホッキョクグマの血統登録台帳の管理を行っている動物園としても有名で旧東ドイツ時代からホッキョクグマの繁殖については人工哺育も含めて34頭の成育に成功しているそうです (以前に私は38頭成功していると書いていますが、今回の同園の発表では34頭だと言っています)。
a0151913_21112984.jpg
Photo(C)Zoo Rostock

それから実に興味深い映像を下にご紹介しておきますが、これは今年の10月3日に撮影されたものだそうですが、今回出産したヴィルマお母さんと彼女のパートナーであるラルスのおやつの時間の様子です。 ヴィルマは出産二か月前になってもまだラルスと同居していたわけですね。 最近の世界の動物園の傾向としては出産が期待されている雌は非常に早い時期から雌を独居させる傾向が強くなってきています。 ところがロストック動物園ではこの時期になってもまだヴィルマとラルスは同居していたわけで非常に興味深いことです。 モスクワ動物園も秋までペアを同居させるわけで、ロストック動物園のやり方はそれとよく似ています。



(*注 - 母親の名前の Vilma はドイツ語読みでは確かに ”フィルマ” ですが、そうしますとドイツ語で「会社」 を意味する "Firma" と日本語での発音表記上の区別がつかなくなります。 よってこのブログでは以前より ”ヴィルマ” と英語読みにして表記することとしています。)

(資料)
Zoo Rostock (Aktuelles/ Dec.17 2014 - Ein Baby auf der Bärenburg!) (Press Release - Ein Baby auf der Bärenburg!)
Rostock-Heute (Dec.17 2014 - Eisbären-Nachwuchs im Rostocker Zoo)
Das ist Rostock (Dec.17 2014 - Riesen-Geschenk für den Zoo: ein Eisbärbaby)
Norddeutsche Neueste Nachrichten (Dec.17 2014 - Rostocker Zoo feiert sein Eisbärbaby) (Dec.17 2014 - Süßes Eisbärbaby: Rostock hat einen kleinen Knut)

(過去関連投稿)
2004年ドイツ・ロストック動物園でのホッキョクグマの出産の瞬間の映像
ドイツ・ニュルンベルク動物園の2つの選択(1) ~ ヴィルマとヴェラの出産
ドイツ・ニュルンベルク動物園の2つの選択(2) ~ 消えた赤ちゃん
ドイツ・ヴッパータール動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生!
ドイツ・ヴッパータール動物園のラルス、ロストック動物園へ! ~ 繁殖のための 「蜜月旅行」
ドイツ・ヴッパータール動物園のヴィルマが娘アノーリに別れを告げ、生まれ故郷のロストック動物園へ帰還
by polarbearmaniac | 2014-12-17 20:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

いよいよ今年2017年のホッ..
at 2017-10-19 01:00
ドイツ・ロストック動物園が来..
at 2017-10-18 18:30
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-10-18 00:30
ベルリン動物公園がトーニャの..
at 2017-10-17 20:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-10-17 00:30
モスクワ動物園 ヴォロコラム..
at 2017-10-16 18:00
オランダ・エメン動物園で成功..
at 2017-10-15 18:00
ロシア極東・ハバロフスク動物..
at 2017-10-14 22:00
ロシア・ロストフ動物園のコメ..
at 2017-10-13 20:00
モスクワ動物園 ヴォロコラム..
at 2017-10-12 18:57

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag