街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

札幌・円山動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ 「大本命」 ララの堂々たる出産

a0151913_1615853.jpg
ララ (2014年11月1日撮影 於 札幌・円山動物園)

札幌・円山動物園より発表がありました。 同園で飼育されている20歳のララが12月21日の日曜日、夜8時過ぎに一頭の赤ちゃんを出産したそうです。 誕生後三日間が経過した現時点では授乳音も確認できているそうです。
(*追記 - 北海道放送の報道 によれば、「鳴き声は、21日の午後8時15分ごろに記録され、そのおよそ2時間後には授乳する音も確認されました。」 ということだそうです。) 今回は撮影範囲外となる奥側の産室で出産しているためモニター映像では出産および赤ちゃんの様子を映像では確認できない位置にいるとのことです。 生後約72時間の最大の関門突破を目安として本日の午後に発表になったのだろうと思います。 ホッキョクグマの繁殖に関する情報発表ではいつもの同園らしい、なかなか手堅い出産の事実公表のスケジュールだろうと思います。 それにしても、さすがに 「世界レベル」 の雌のホッキョクグマの実力を見せつけられたというところでしょうか。
a0151913_215917.jpg
出産約6時間前のララ Image:円山動物園/HBC

さて、今回のララの出産ではララの妊娠期間 (Pregnancy Duration/Total Gestation times) は260日間となるはずです。 先日の投稿である 「円山動物園のララの出産日、出産頭数、性別を過去のデータで予想する(後) ~ データが示すララの"女腹"」をご参照頂きたいのですが、出産日の範囲の 「(8)ララが12月21~25日に出産した場合」 に該当します。 その時の予想では、「この場合ですが、妊娠期間 (Pregnancy Duration) は260日から264日となります。 この期間では双子の確率は減り一頭の出産となる確率が増えます。 そして性別は雌の可能性が高いでしょう。」 と私は述べたのですが、頭数についてはその予想でほぼ当たっていたことになり、問題は性別ですが現在でもやはりその予想を維持して、私は今回の赤ちゃんの性別は「雌(メス)」 と予想しておくことにします。 つまり、ツヨシ、ピリカ、アイラに続く雌の一頭ということになるだろうと思っています。
a0151913_16313414.jpg
ララ (2014年10月12日撮影)

それにしてもさすがに「大本命」である世界のララだけのことはあります。 私の出産日の予想では12月15日をその出産の可能性のピークとする12月13日~18日の間と考えていましたが、イーゴリ・トゥマノフ氏の研究報告のデータからの予想よりはやや少し遅れたかなという程度でしたね。 ちなみに今までのララの出産における妊娠期間 (Pregnancy Duration/Total Gestation times) をまとめておきます。

1.ツヨシ (2003年12月11日誕生)     253日間
2.ピリカ (2005年12月15日誕生)     216日間
3.イコロ、キロル(2008年12月9日誕生)  264日間
4.アイラ (2010年12月25日誕生)      273日間
5.マルル、ポロロ (2012年12月8日誕生) 264日間
6.NN (今回) (2014年12月21日誕生)  260日間


さて、こうやって並べてみますと今回のララの260日間という妊娠期間 (Pregnancy Duration/Total Gestation times) は彼女にとってはごくごく平均的な日数ですね。 出産が少し遅いのではないかと心配する向きもあったかもしれませんが、彼女にとっては今までの出産と似たようなペースの道のりを歩んできたということです。 ですから、今回の出産が遅かったということにはならないわけです。10月11月と出産を期待されている彼女の様子を静かに観察していましたが、マルルとポロロを産む直前の時期よりもさらに一層、もう完全に「筋に入った」 という様子でした。 あの状態では年末のララの出産は当然だといった感じでした。 (*追記 - 朝日新聞の25日付報道では円山動物園の担当者の話として、「ララは慎重な性質だが今回は例年以上に落ち着いた様子で出産に臨んだ」 というコメントを掲載しています。)

産室収容を控えたララの表情(1) - Lara in meditaion (1), before
her full retreat to the maternity den, at Sapporo Mauruama
Zoo, Japan, on Nov.3 2014.

産室収容を控えたララの表情(2) - - Lara in meditaion (2), before
her full retreat to the maternity den, at Sapporo Mauruama
Zoo, Japan, on Nov.3 2014.

それにしてもデナリの冴えわたった、ここが勝負所といった時を決して逃さない「勝負師」 としての仕事振りは今回も実に素晴らしいものでした。 ララとキャンディの二頭を妊娠させた能力は実にたいしたものです。 「仕事師デナリ」 の面目躍如といったところでしょうか。 
a0151913_17212953.jpg
デナリ (2014年1月18日撮影)

オランダ・レネンのフリーダムモスクワのシモーナ札幌のララが今年の繁殖シーズンにおける出産可能性としては世界の 「大本命(S)」 の 「三羽烏」 と私は考えてきましたが、これでフリーダムとララが出産し、残るはシモーナですが、おそらくもう彼女も出産しているでしょう。 シモーナの場合は来年発表になると思います。

産室内では全てをララにまかせるしかありません。 我々は黙って見守る以外にはないということです。

(資料)
札幌市・円山動物園 (動物園たちの様子/Dec.24 2014 - ホッキョクグマのララが出産しました! )
Reproductive Biology of Captive Polar Bears (by IGOR TUMANOV. Research Institute of Nature Conservation of the Arctic and North, St. Petersburg, Russia)
ホッキョクグマの繁殖に関する一考察 (札幌市円山動物園)

(過去関連投稿)
ララが降誕祭に生んだ赤ちゃんの性別を予想する!
ホッキョクグマ出産統計から見た傾向を再確認する ~ 出産シーズンに向けての知識整理
ドイツ・ヴッパータール動物園で誕生の赤ちゃんの性別を過去のデータで予想する
ホッキョクグマ飼育マニュアル(Care Manual)」よりの考察(5) ~ 赤ちゃんの頭数・性別は事前予測可能か
ララの赤ちゃんたちの性別を過去のデータを用いて予想する!
札幌・円山動物園のキャンディにとっての12月6日 ~ 平均出産予定日とイケメン飼育員さんが救った命
男鹿水族館のクルミの出産日、出産頭数、性別を過去のデータで予想する ~ 「11月30日前後に雄か雌の一頭」
円山動物園のララの出産日、出産頭数、性別を過去のデータで予想する(前) ~ 「12月15日前後に雌の双子」
円山動物園のララの出産日、出産頭数、性別を過去のデータで予想する(後) ~ データが示すララの"女腹"
ララが忘れぬ童心 ~ 新しい感情領域 ("Larasophia") を切り開き、新境地を開拓した名ホッキョクグマ
仕事師デナリ、その活躍の光と影 ~ 彼の繁殖の舞台からの 「強制引退」 はありえるのか?
by polarbearmaniac | 2014-12-24 15:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

チェコ・ブルノ動物園のノリア..
at 2017-12-18 17:30
アメリカ・シンシナティ動物園..
at 2017-12-18 00:30
アラスカ最北部のバロー(ユト..
at 2017-12-17 06:00
イギリスのヨークシャー野生動..
at 2017-12-17 01:00
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-12-17 00:15
ロシア・イジェフスク動物園の..
at 2017-12-16 00:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-12-15 15:30
ロシア・イジェフスク動物園で..
at 2017-12-14 22:30
ベルリン動物公園で誕生の赤ち..
at 2017-12-14 20:30
ドイツ・ハノーファー動物園の..
at 2017-12-14 20:00

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag