街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア極北 チュクチ自治管区リィルカイピ村でのホッキョクグマ射殺事件 ~ 求められる捜査当局の本腰

a0151913_228154.jpg
リィルカイピ村に現れたホッキョクグマ Photo(C)WWF России

今年も最後までこのような事件について投稿せねばならないとは実に残念は話です。 こういった話は近年しばしば報道されているのですが、もちろん以前からかなりあった話であり、それに対する対策がほとんど講じられていないというのは極めて深刻だと思います。 昨年の秋に 「ロシア極北 チュクチ自治管区の村落、リィルカイピの人々とホッキョクグマとの関係」 という投稿をしておりますのでそれをご参照頂きたいのですが、今回の事件はロシア極北チュクチ自治管区にある人口700人ほどの寒村であるこのリィルカイピ (Рыркайпий) 村付近で起きた事件です。
a0151913_29896.jpg
リィルカイピ村付近のホッキョクグマ Photo(C)WWF России

今月中旬、リィルカイピ村付近を襲った暴風雪が去ったあとに14頭ものホッキョクグマがこの村の付近に出没したそうです。 WWFロシア支部のスタッフはこの村から700メートルほどのコジェヴニコフ岬 (Мыс Кожевникова) にセイウチやクジラの死骸を放置することによってこのホッキョクグマたちをそちらの方向の場所に誘導していたわけですが、一頭の若年個体は頻繁にリィルカイピ村に戻ってくるようになったそうで、WWFロシア支部のベアパトロール (“Медвежий Патруль”) はその一頭をたびたび追い払っていたそうです。 さて、今度はリィルカイピ村に駐在しているこのベアパトロールのスタッフのところに学校から連絡があり、3頭のホッキョクグマ(母親と幼年個体2頭)がいるので追い払ってほしいとのことだったそうです。 現場にスタッフが急行したもののこの3頭の親子の姿は見当たりません。 スタッフはこの学校から700メートルほどのコジェヴニコフ岬に行ってみたところ、セイウチの死骸を食べ終わったところの問題の親子と思われる3頭のホッキョクグマを見つけたそうです。 この親子は痩せていたそうで、スタッフはあえてこの親子をそこから追い払うことをせずにおいたそうです。
a0151913_2141630.jpg
リィルカイピ村付近で射殺された幼年個体 Photo(C)WWF России

さて、ところが26日朝になってスタッフはリィルカイピ村から数百メートルの場所で二発の弾丸を撃たれ死亡している二歳ほどの幼年個体の死体を発見しました。 ロシアという国にはもう狩猟枠は撤廃されていますので、ホッキョクグマを射殺するというのは正当防衛の場合以外にはありえないことですので、今回の幼年個体の射殺は当然違法行為ということになります。 最近こうした幼年・若年個体の射殺事件が多く発生しているそうですが、そういった個体は本来一緒にいるべき母親がいない個体であり、要するに密猟者に母親を射殺されてしまった幼年・若年個体がさらに自らも密猟者の犠牲になっているということを意味するわけです。 こういう幼年・若年個体を射殺することはホッキョクグマの頭数減少に真っ直ぐに直結する大問題です。
a0151913_2194334.jpg
Photo(C)WWF России

とにかくロシアの捜査当局は本腰を入れてこういった違法行為を犯す密猟者の徹底的な摘発に乗り出してほしいものです。 温暖化対策だけでなく、こういった人為的な要素によってホッキョクグマの頭数が減少することも防がねばならないわけです。 温暖化対策の効果が出るには相当の時間が必要ですし、そもそも温暖化自体を防ぐことそのものが極めて難しいわけです。 そうならば、まずこのホッキョクグマの頭数減少をもたらす人為的要素を徹底的に排除することが急務であるわけです。 ホッキョクグマを殺すことは基本的にロシアでは違法行為、犯罪行為なのです。 だから本腰を入れてそれを早く取り締まってほしいということなのです。

(資料)
Всемирный фонд дикой природы (WWF) (Новости / Dec.24 2014 - «Медвежий патруль» охраняет село от 14 медведей) (Dec. 27 2014 - «Медвежий патруль» обнаружил убитого белого медвежонка) (Медвежий патруль - История проекта «Медвежий Патруль»)
РИА Новости (Dec.26 2014 - Неизвестные застрелили белого медвежонка на Чукотке, сообщил WWF)
РИА Новости (Nov.6 2013 - Почти три десятка белых медведей вышли к чукотскому селу Рыркайпий)
ТК Звезда (Dec.27 2014 - На Чукотке неизвестные застрелили белого медвежонка)

Телеканал "Звезда"

На Чукотке неизвестные застрелили белого медвежонка

27 декабря 2014, 18:07

На Чукотке неизвестные застрелили белого медвежонка. Об этом сообщил WWF.


... Подробнее »


(過去関連投稿)
ロシア極北 チュクチ自治管区の村落、リィルカイピの人々とホッキョクグマとの関係
ロシア・西シベリア、エカテリンブルク動物園での 「ウムカの日」 ~ 九死に一生を得た孤児ウムカの物語
ロシア極北・ネネツ自治管区のヴァイガチ島のホッキョクグマたち ~ 密漁者の捜査、そして10年振りの摘発
by polarbearmaniac | 2014-12-28 06:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

チェコ・ブルノ動物園のノリア..
at 2017-12-18 17:30
アメリカ・シンシナティ動物園..
at 2017-12-18 00:30
アラスカ最北部のバロー(ユト..
at 2017-12-17 06:00
イギリスのヨークシャー野生動..
at 2017-12-17 01:00
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-12-17 00:15
ロシア・イジェフスク動物園の..
at 2017-12-16 00:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-12-15 15:30
ロシア・イジェフスク動物園で..
at 2017-12-14 22:30
ベルリン動物公園で誕生の赤ち..
at 2017-12-14 20:30
ドイツ・ハノーファー動物園の..
at 2017-12-14 20:00

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag