街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園で誕生の二頭の赤ちゃんの近況 ~ twins と twin cubs の違い

a0151913_22363722.jpg
フリーダムお母さんと生後約45日が経過した二頭の赤ちゃん
Photo(C)Ouwehands Dierenpark Rhenen

昨年11月22日にオランダ・レネンのアウヴェハンス動物園でフリーダムお母さんが産んだ三つ子の赤ちゃんのうちの一頭は死亡したものの残る二頭は元気であることは先月にも投稿していましたが、このたび同園より久しぶりに産室内でのフリーダムお母さんと生後約45日が経過した二頭の赤ちゃんの様子が映像で公開されましたので下に御紹介しておきます。 ララお母さんと同様、フリーダムお母さんも危なげない育児を行っている様子がわかります。



さて、三つ子のうちの一頭が死亡した場合、残った二頭を果たして日本語で 「双子」 と読んでよいかどうかが問題です。 双子の一頭は英語では “a twin” です。 双子の二頭は “twins” です。 Concise Oxford Dictionary で “twin” という名詞を引きますといくつかの意味の中でこれに該当するものを以下のように言っています。

- One of two children or animals born at the same birth

“at the same birth” つまり one littre ということですが、今回の赤ちゃんたちの場合は “at the same birth” に該当しますので、少なくとも英語では “twins” と呼んで問題はないように思います。 何故なら今回の赤ちゃんたちのうちの一頭は "One of two” (つまり現在は二頭いる赤ちゃんのうちの一頭)であって "One of the two" (もともと二頭しかいなかった赤ちゃんのうちの一頭)ではないからです。

ところがどっこい、そうは簡単にはいかないようです。 この “twin” を形容詞にした場合ですが同辞典ではこう定義しています。

- Forming, or being one of, a pair born at one birth

つまり “a pair born” が条件となるわけです。 となると今回の二頭の生き残っている赤ちゃんはこれには該当しないということになります。

ということは今回の赤ちゃんに対してフリーダムお母さんが授乳を行うことを英語では、
Freedom nurses her twins.
とは言えても今回のようなケースでこの定義を厳格に適用すれば、
Freedom nurses her twin cubs.
と “twin” を形容詞にしては厳密には言えないということになります。 こういう場合は、
Freedom nurses her two cubs.
ということでしょう。 オランダ語では今回の二頭の赤ちゃんを "IJsbeertweeling" と単数形で表現しています。 これを何故 "IJsbeertweelingen" と複数形にしないのかということですが、おそらくあまりに小さい赤ちゃんたちですのでまとめて "IJsbeertweeling" としたのではないかと思います。 そしてそのほうがオランダ語としては普通の言い方でしょう。

さて、ここで問題なのは英語やオランダ語ではなく日本語です。 日本語で 「双子」 を三省堂の大辞林は 「同じ母親から同時に生まれた二人の子。 双生児。」 と定義しています。 やや微妙な点も感じますが、しかしこの定義では今回の元気な二頭の赤ちゃんは日本語では「双子」 とは呼ばないような感じです。 本ブログではこのフリーダムの赤ちゃんたちを以降、「二頭の赤ちゃん」 と表現し、「双子の赤ちゃん」 とは表記しないこととします。

(*追記 - では、「1994年に双子の一頭として生まれたララお母さんが、彼女の双子の息子であるイコロとキロルに授乳していた。」 を何と言ったらよいでしょうか?
Lara, the twin bear born in 1994, was nursing Ikor and Kiroru,
her twin cubs.
...といったところでしょうか。 つまり、日本語で言う「双子」に近いのは "the twin cubs" よりも "twins" ですが、英語の表現では "the twin cubs" のほうが "twins" よりも好まれる...そういうことでしょう。 )

(過去関連投稿)
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園でホッキョクグマの三つ子の赤ちゃん誕生! ~ フリーダムの快挙
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園で誕生の三つ子の赤ちゃんのうち一頭が死亡!
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園で誕生の二頭の赤ちゃんが生後24日目を迎える ~ 眼も開く
by polarbearmaniac | 2015-01-07 23:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-05-30 14:30
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-05-29 23:30
アメリカ・オレゴン動物園を去..
at 2017-05-28 23:50
ロシア・ペルミ動物園でセリク..
at 2017-05-27 23:50
ズーパラダイス八木山の二日目..
at 2017-05-26 23:50
ズーパラダイス八木山のホッキ..
at 2017-05-25 23:50
ポーラに迫りつつある正念場 ..
at 2017-05-25 23:30
ラダゴル(カイ)に備わってき..
at 2017-05-25 23:10
国内最高齢の32歳になったナ..
at 2017-05-25 23:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-05-25 01:00

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin