街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

セルビア・ベオグラード動物園のハイブリッドの正体 ~ “Polar Bear/Kodiak Bear Hybrid”

a0151913_617141.jpg
セルビア・ベオグラード動物園の「ハイブリッド」である雄のセーザ
Photo(C)Myseoulinsurance/yahoo

昨年暮れに「某国営放送局の某番組について ~ 決して姿を見せぬ "暗黒の闇" と "深い霧" に潜む "謎の顔"」 という投稿を行っています。 この某番組についてはこちらで見ることができますので御興味のある方はご覧になってみて下さい(いつまで見られるかはわかりません)。 ただし所詮はお笑い芸人が司会者である番組ですから知的レベルが一定の水準に達しない層が視聴者として想定されているわけで内容的には東アジア特有の、喧騒に満ちた品位に欠ける番組であることを十分お含みおき下さい。 問題はこの番組の(上でご紹介した映像の)開始後14分48秒以降の内容です。 ここではセルビアのベオグラード動物園で生まれたハイブリッドが中国の施設に行っているという内容が展開していきます。

さて、ここでどうしてもハッキリとさせておかねばならないことをいくつか書いておきます。 そうしませんとこの番組の内容がそのまま正確なものであると多くの方が思ってしまうからです。 実はふとしたことから、この番組のスタッフの方が当ブログを頻繁に訪問されていたのを私は知っておりましたし、何を調べていたかも全て承知しておりましたし私にコンタクトしようとした形跡のあることも知っていました。 そして11月初頭の連休にからめて実際にセルビアに取材に行かれたことも私は知っていました。 そういったことから考えて多分間違いなく番組になるだろうと私は予想していました。 私は実際にこの番組が放送される前に「正体」やら「正解」を書いて投稿しておこうかとも思ったことがありました。 しかし取材力には以前から定評のある天下の某国営放送局ですから果たして私の知らないところまでどれだけ取材して解明するか、お手並み拝見と思い「正体」やら「正解」は伏せたままにしておきました。 さて、いざ放送されてみますと案の定、やはり私が書いていないところにまで突っ込んだ形跡がほどんどないことがわかり、そうなると今度は多くの方々がこの番組で報じられた内容が「終着点」であると思ってしまうという危険性があるわけで、私としては何かをここで書いておくのは無駄ではないだろうというわけです。 また昨年、放送直後に一部の方が twitter なるメディア上でこの件について何か勘違いをされていらっしゃるような方もいたようですので、ここで真相を書いておくことが必要かもしれないとも思うわけです。
a0151913_444242.png
ベオグラード動物園で誕生した「ハイブリッド」 のサーシャ (2010年)
Photo(C)I.M./Naslovna strana

さて、このセルビアのベオグラード動物園で何年にもわたって誕生し、そしてそのほとんどが中国に送られたハイブリッド個体ですが、そもそもあの番組ではホッキョクグマ以外の血の入った個体を「ハイブリッド」とだけ呼んでいましたが、これは実は非常に不正確な言い方です。 多分、本ブログが単に「ハイブリッド」と書いているのに影響されたのかもしれないと思います。 しかし私は「ホッキョクグマの雑種(Ursid hybrid)を考える(1) ~ ドイツ・オスナブリュック動物園のティプスとタプス」という投稿で、 「これから何回かにわたってホッキョクグマと他のクマ科との雑種(Ursid hybrid) の存在について考えていきたいと思います。 この雑種(Ursid hybrid) をこれから以降、便宜上単に『ハイブリッド』という名前で呼んでおくことにします。」 と書いて「ハイブリッド」という語の使用定義を行った上で単に「ハイブリッド」と書いているわけです。 こういう使用の定義無しにあの番組のように単に「ハイブリッド」とだけ表現するのは実は極めて不正確なのです。 正しくは「ホッキョクグマとXグマのハイブリッド」、つまり英語では “Polar Bear/X Bear Hybrid” という言い方をいちいちする必要があるのです。 Bの血の混じったAは "A/B Hybrid” (あるいは "A-B Hybrid") というのが正しい言い方です。
a0151913_5455024.jpg
コディアック・ベア (Kodiak Bear - Ursus arctos middendorffi)

さて、あの番組ではベオグラード動物園の問題の個体については、ホッキョクグマ以外の血が何であるかについて単に「ヒグマ」とだけ述べていました。 つまりそれ以上を解明できなかったからでしょう。 ここで初めて正解を明かすことにします。 実は正解は「コディアック・ベア (Kodiak Bear - Ursus arctos middendorffi)」 なのです。 日本語では「アラスカ・グリズリー (Alaskan grizzly bear)」 と呼ぶ場合もあります。 ですからこのベオグラード動物園の「ハイブリッド」 、そして中国の動物園の 「ハイブリッド」 は正確には “Polar Bear/ Kodiak Bear Hybrid” もしくは “Polar Bear/Alaskan Grizzly Bear Hybrid” というのが「正体」であり、そして正しい言い方というわけです。 大きく言えば「ヒグマ(Brown Bear)」 の分類には入りますが、しかし今回のベオグラード動物園のハイブリッドを "Polar Bear/Brown Bear Hybrid" と呼ぶのは極めて不正確であり、そしてほとんど意味をなさないでしょう。 あの番組で登場したセルビアにおけるクマの専門家と称する方も、実はこの「ハイブリッド」のホッキョクグマ以外の血が何であるかについては単に 「ヒグマ」 という以上は知らなかった(or わからなかった)ようです。 実はそれほどまでに謎に包まれていたのがベオグラード動物園の「ハイブリッド」ということなのです。 ここでこのアラスカに住む「コディアック・ベア (Kodiak Bear) の生態を描いた映像を見てみましょう。 なかなか美しい映像となっています。 冒頭はCMです。



それからあの番組を見た方はベオグラード動物園自体がホッキョクグマと他種のクマを掛け合わせ、そして生まれた個体をどんどん中国に輸出したような印象を受けるかもしれませんが、それは事実ではありません。 そもそもベオグラード動物園はすでに「ハイブリッド」になっていた個体を1980年代終わりに某所から譲り受けただけであるというのが真相なのです。 雄はセーザ、雌はエリザベトという個体です。 そのベオグラード動物園が譲り受けたハイブリッド同士が同園で繁殖したにすぎないわけです。 ベオグラード動物園の「ハイブリッド」個体について、ホッキョクグマの以外の血が「コディアック・ベア (Kodiak Bear - Ursus arctos middendorffi)」、別名「アラスカ・グリズリー (Alaskan grizzly bear)」 の血であることが何故わかるのか、そしてベオグラード動物園がどこからこの「ハイブリッドのペア」を入手したのかについては、申し訳ありませんが証拠と共に貴重な情報を私に提供していただいた海外の方に配慮し、ここで明かすことはできません。 ただしこの問題の出発点である某所での、そもそもの原点である「ハイブリッド誕生」の真相は実に不気味なものであるように私には思えます。 私はかなり以前の「セルビア・ベオグラード動物園のホッキョクグマのハイブリッド個体(Ursid hybrid)は何故出現したのか?」 という投稿の中で、ベオグラード動物園にハイブリッドが出現した理由について「ユーゴ紛争」と「NATO軍のセルビア空爆」に原因を求めたわけでしたが、その私の推測は間違いであったというわけです。 それからその同じ投稿で私は2003年に撮影された写真を 「ホッキョクグマ」 として記述していますが、実はこれも 「ハイブリッド」が正解だということです。

それからセルビア語でホッキョクグマ (Ursus maritimus) のことを “Бели медвед” と言います。 同じスラヴ系のロシア語では “Белый медведь” です。 これはいずれも文字通りでは「白いクマ」を意味します。 しかし特にセルビア語では色の白がかったクマは全てこの “Бели медвед” を用いるようで語学的には単にホッキョクグマだけを指すわけではないのです。 ところがロシア語の “Белый медведь” は基本的にはホッキョクグマだけを指すわけです。 同じスラヴ系言語でも意味することが若干異なるわけです。 一方、英語でホッキョクグマは ”Polar Bear” です。 文字通り「極地のクマ」です。 ”Polar Bear” は日本語で 「ホッキョクグマ」 ですが 「しろくま」 という言い方もあります。 フランス語でもホッキョクグマのことを “Ours polaire (極地のクマ)” と “Ours blanc (白いクマ)” という、同じ位の頻度で用いる二つの言い方があるのですが何と Wikipedia では “Ours blanc(白いクマ)” のほうを代表のタイトルとして採用しているのは意外かもしれません。 ベオグラード動物園では例のハイブリッドはセルビア語では全て “Бели медвед” にあたります。 この “Бели медвед” を単に英語で "Polar Bear” とし、そしてそれを単に日本語で「ホッキョクグマ」とし、そして中国語で「北極熊」とするのならば、それは間違いなのです。 ベオグラード動物園はあくまで “Бели медвед” を売ろうとしたわけです。 セルビア語ではあの「ハイブリッド」も “Бели медвед” にあたるのです。 ですから "Polar Bear" ではない “Бели медвед” を売ろうとしたベオグラード動物園は詐欺を行っているとまでは言えないわけです。 問題は買う方の側です。 中国が実際にこの「ハイブリッド」を見てこれを買ってもよいと考えれば、それは買う側の自由です。 仮に中国の動物園が “Бели медвед” = 「北極熊」 だと考えてそういう名前で中国国内で展示していたとしたら、それは中国人の無知というものでしょう。 ベオグラード動物園が 「我々の売ったのはあくまで “Бели медвед” である。」 と主張する限りにおいてはベオグラード動物園が詐欺を行ったことは実証できません。 このあたりについてもう少しきめの細かい取材をしなければいけないわけですが、あの番組ではそれがなされていないようです。 マフィアの介在についても、少なくともベオグラード動物園の「ハイブリッド」売買に関与したかどうかは、あの元役人と称する怪しげな人物の証言だけでは何とも言えないように思います。 何故なら、マフィアが介在して「偽物」を売ろうとしたならば「本物」に近い金額で売ろうとするのは当然ですが、実際は二束三文とも言えるような極めて安価に売ろうとしたことを私は知っています。 ですから今回の件に関するマフィアの介在は考えすぎでしょう。  私がベオグラード動物園に限らずいろいろな場所で「暗黒の闇」とか「深い霧」という言い方をしているのは、実はあの程度のことではありません。 「暗黒の闇」や「深い霧」については具体的に記述することは影響が大きくて適切ではないと考えているにすぎません。 セルビアのマフィアなど小物なのです。  

さて、こういったことでセルビアから中国に渡った「ハイブリッド」は、一部は純粋なホッキョクグマとペアを組んだ形をとり、そして多くは「ハイブリッド」同士でさらにまた中国国内で繁殖しているというわけです。 ですからこうした「ハイブリッド」たちの多くは近親交配 (兄妹間、または姉弟間) の産物でもあるわけです。 何故ならこれらの「ハイブリッド」の出所は全てベオグラード動物園の「ハイブリッド」である雄のセーザと雌のエリザベトにあるからです。



中国・大連、老虎灘海洋公園・極地海洋動物館の「ハイブリッド」幼年個体
(2012年7月15日撮影)


それから番組の中で「ホッキョクグマが最近は食料を求めて南下し、その結果ヒグマとのハイブリッドが生じている」という内容の発言がありましたが、これは「近年の海氷面積減少によりホッキョクグマの集団レベルでの北極点方向への移動傾向が明らかになる」 という最近の投稿をご参照いただきたいのですが、実は「ホッキョクグマの南下」は単なる個体レベルでの話にすぎす、実際は集団レベルでは極点方向のより氷の安定した場所に少しずつ移動しつつあるというのが最新の研究結果です。 ホッキョクグマに関する研究はどんどん進んでいるにもかかわらず日本語ではほとんど紹介されていません。 「昨日の常識」が「今日の非常識」となる状況なのです。 特に近年の分子生物学の進歩は目覚ましいものがあるわけで、今までの「常識」がどんどん塗り替わっているわけです。 ですからそういった研究報告を瞬時にご紹介したいというのも私の願いです。 「世界のホッキョクグマ界」に取り残されたくはないというのが少なくとも私自身の意地であるわけです。

さて、自分で調べてそれをもとに番組を制作するのならばともかく、他人の調べたものをそっくり利用するというのでは、やはりどこかに無理が生じてくるということのわかる番組でした。 

(過去関連投稿)
秋田県が購入断念の「幻の東欧の個体」、突然中国にその姿を現す!
中国に突然現れた「幻の東欧の個体」はヒグマとの混血か? ~ 深まる謎
中国・大連で人工哺育の淘淘、乐乐、静静の出生の謎を追う ~ 「異形」 は先天的なのか?
男鹿水族館がホッキョクグマ売買をめぐり動物商を提訴 ~ その報道内容の裏側に隠された重大な意味
男鹿水族館がホッキョクグマ購入契約の着手金返還訴訟で動物商に勝訴 ~ 動物商の真の意図を探る
ホッキョクグマの雑種(Ursid hybrid)を考える(1) ~ ドイツ・オスナブリュック動物園のティプスとタプス
ホッキョクグマの雑種(Ursid hybrid)を考える(2) ~ セルビア ・ ベオグラード動物園を覆う深い謎
ホッキョクグマの雑種(Ursid hybrid)を考える(3) ~ 自然界におけるホッキョクグマのハイブリッド
大連の「異形」の赤ちゃんは 「ホッキョクグマの毛皮をまとったヒグマの赤ちゃん」 だった!
中国・烟台市の蓬莱海洋極地世界の赤ちゃん元元が公開へ ~ 中国で増加するハイブリッド展示上の問題点
中国・浙江省杭州市の極地海洋公園のハイブリッド ~ 奇々怪々とした中国民間施設でのハイブリッドの存在
セルビア・ベオグラード動物園のホッキョクグマのハイブリッド個体(Ursid hybrid)は何故出現したのか?
某国営放送局の某番組について ~ 決して姿を見せぬ "暗黒の闇" と "深い霧" に潜む "謎の顔"
by polarbearmaniac | 2015-01-18 07:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア東北端・チュクチ半島の..
at 2017-10-19 20:00
いよいよ今年2017年のホッ..
at 2017-10-19 01:00
ドイツ・ロストック動物園が来..
at 2017-10-18 18:30
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-10-18 00:30
ベルリン動物公園がトーニャの..
at 2017-10-17 20:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-10-17 00:30
モスクワ動物園 ヴォロコラム..
at 2017-10-16 18:00
オランダ・エメン動物園で成功..
at 2017-10-15 18:00
ロシア極東・ハバロフスク動物..
at 2017-10-14 22:00
ロシア・ロストフ動物園のコメ..
at 2017-10-13 20:00

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag