街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

大阪・天王寺動物園の赤ちゃんの生後57日目の画像 ~ 一般公開開始日は3月13日(金)か20日(金)か?

a0151913_23372080.jpg
Photo(C)天王寺動物園

大阪・天王寺動物園で昨年11月25日にバフィンお母さんから誕生した赤ちゃんについて同園は本日22日付けの公式ブログで生後57日目の赤ちゃんの姿を画像で公開しています。 慶事ですので一枚拝借させてもらいます。 一度この赤ちゃんを雄だと思ってしまうと、そういうフィルターを外して見ることができなくなってしまうわけで、私はやはり今回も依然として雄に見えてきてしまうのですが、しかし客観的に考えればまだ性別云々を外形から判断することは生後8週間経過程度では難しい段階でしょう。 生後三か月の時のゴーゴと比較してみると、何か雄ということで似ているような気がするというのも気のせいでしょうか。

3月13日(金)、もしくは20日(金)からの一般公開開始というスケジュールが最も有力かもしれません。 ちなみに2004年12月3日に誕生したゴーゴの一般公開は2005年3月16日、つまり生後103日経過という段階でした。 今回の赤ちゃんが生後103日が経過するのは3月8日の日曜日のはずですので、あるいはそのあたりの日になるのかもしれませんが、その場合は3月6日の金曜日が有力でしょう。 この一般公開開始日についての国内外の過去の事例は 「オランダ・ヌエネンの『動物帝国』 で誕生の双子の赤ちゃんのピセルとノルチェ、早々と戸外に初登場!」 という投稿を是非ご参照下さい。 今回の天王寺動物園の赤ちゃんの一般公開開始については私は同園は非常に慎重な姿勢で臨むだろうと考えますので、やはり3月13日(金)、もしくは20日(金)のほうが有力だと考えます。 ゴーゴをどうするかということも考えなければならないわけで、やや日数が必要ということもあります。 それから何故「金曜日」 なのかということですが、こういった話題性のあることが開始される場合は大都市型の動物園としてはもっとも設定しやすい曜日だろうということです。 ただし同園の場合は火曜日もありえるかもしれません。 TV局の取材については札幌も大阪も大手局の系列局数に差はないはずですが、大阪の場合は久方ぶりの赤ちゃん誕生ですから、おそらく各局が女性レポーターに現場からの報告をやらせるでしょう。 ということは札幌以上に混雑するということです。 

3月のスケジュールを立てています。 オランダ、ドイツ、モスクワ、大阪、札幌を全て入れてありますが、組立てが容易ではないですね。 フリーダム、オリンカ、ヴェラ、ヴィルマ、シモーナ、バフィン、ララといった母親たちですが、私が体験していない母親はヴィルマとバフィンの二頭です。 とりあえず海外については3月と5月と7月の三回に分けるということにならざるを得ないかなとも思っています。 「雪の上での赤ちゃん」 を見られるのはモスクワと札幌だけであり、そうなると3月についてはそれを優先かなとも考えていますが、まだなんとも言えません。 そもそもモスクワについてはまだ正式発表がありません。 それを考慮しながらスケジュールを立てることとします。

早く北海道に行きたいと思っているのですが、いかんせん悪天候で空の便が乱れているようですし、3月からのスケジュールの多忙さを考えると今月はおとなしくしておいたほうが無難だと考えています。

(資料)
天王寺動物園 スタッフブログ (Jan.22 2015 - ホッキョクグマの赤ちゃん生後57日目の様子

(過去関連投稿)
大阪・天王寺動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ 22歳のバフィン、渾身の出産
大阪・天王寺動物園がバフィンお母さんの赤ちゃんへの授乳時の音声を公開 ~ 第一関門突破の可能性強まる
大阪・天王寺動物園で誕生の赤ちゃん、第一関門突破が明らかになる ~ 産室内の様子が一部公開
ロシア・ペルミ動物園時代のゴーゴとアンデルマお母さん
ロシア・ペルミ動物園で一般公開された生後3ヶ月のゴーゴ(現・天王寺動物園)の様子
大阪・天王寺動物園で誕生の赤ちゃんの産室内モニターの映像が復活 ~ 生後三か月のゴーゴを回顧する
大阪・天王寺動物園で誕生の赤ちゃん、初めてその姿が確認される ~ 双子に見えるモニター映像
大阪・天王寺動物園のバフィン、23歳の誕生日を産室内で迎える ~ 依然双子に見える微妙なモニター画像
大阪・天王寺動物園で誕生の赤ちゃんの生後17日目の産室内映像 ~ 一頭との事実上の見解を理解
大阪・天王寺動物園で出産後約一か月が経過したバフィンお母さんへの給餌再開 ~ 海外事例との比較
大阪・天王寺動物園で誕生の赤ちゃんが生後45日目に自力で産室を出ようと試みる
大阪・天王寺動物園で誕生の赤ちゃんの生後49日目の映像 ~ はっきりしてきたその姿
大阪・天王寺動物園で誕生の赤ちゃんの生後53日目の映像 ~ 発揮されるバフィンお母さんの母性
by polarbearmaniac | 2015-01-22 23:45 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-08-22 17:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-08-21 01:30
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-08-20 15:00
ロシア・ヴォルガ川流域のペン..
at 2017-08-19 02:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-08-18 02:00
ロシアのクラスノヤルスク環境..
at 2017-08-17 01:30
チェコ・プラハ動物園のホッキ..
at 2017-08-16 01:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-08-15 01:30
ロシア・ウラル地方、エカテリ..
at 2017-08-14 01:30
大阪・天王寺動物園のシルカ ..
at 2017-08-13 01:30

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin