街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

デンマークのオールボー動物園が雌のメーリクとヴィクトリアのパートナー候補の雄を世界中に求めて調査中

a0151913_544629.jpg
メーリク Photo(C)Sussi Køber/Aalborg Zoo
a0151913_5461865.jpg
ヴィクトリア Photo(C)Sussi Køber/Aalborg Zoo

実に興味深いニュースがデンマークより流れてきています。 昨年の4月に「デンマーク・オールボー動物園でヴィクトリア、メーリク、ミラクの雌3頭の奇妙な同居生活 ~ 展望なき繁殖」 という投稿をしていますが、デンマークのオールボー動物園で暮らす雌のメーリク(14歳)とヴィクトリア(18歳)には現在はパートナーがいないため、オールボー動物園はこの二頭の雌のパートナーを得るために世界中の動物園を視野に入れて雄のホッキョクグマを探しているというニュースです。 このメーリクとヴィクトリアはすでに出産経験も育児経験もあるわけで繁殖能力は証明済みですから、さらに繁殖に寄与させたいということが理由のようです。 ヴィクトリアの娘のミラクはカナダのサンフェリシアン原生動物園に最近移動していますので現在のオールボー動物園にはメーリクとヴィクトリアの雌の二頭しか飼育されていないわけ繁殖への環境条件は揃っているわけです。 オールボー動物園が求める雄のホッキョクグマについてはBL、もしくは無償譲渡を条件としているそうです。
a0151913_5542024.jpg
ロストック動物園のラルス Photo(C)Rostock Heute

オールボー動物園の担当者によりますと、すでに候補として考えているのはドイツとカザフスタンのそれぞれ一頭のホッキョクグマのようです。 前者はロストック動物園のラルスだそうで、ラルスはメーリクのパートナーとして3月にオールボー動物園に移動してくる予定ではあるものの暫定的な賃借であり、いつまでオールボー動物園に留まるかはわからない不安定な状態での移動のようです。 ですからまだ完全には決定という段階ではないような印象を持ちます。 ラルスの現在のパートナーはヴィルマであり、ヴィルマは現在産室内で育児中ですのでラルスの出張は確かに可能ではありますね。 
a0151913_6235439.jpg
ノイミュンスター動物園のカップ Photo(C)Tierpark Neumünster

私はノイミュンスター動物園の13歳の雄のカップが何故第一候補に挙がってこないのか不思議に思うのですが、カップはまだパートナーがいないわけでノイミュンスター動物園も彼のパートナーを獲得したいと以前から考えていることは度々報じられているわけです。 これは推測ですがカップが第一候補となっていないのは彼に本当に繁殖能力があるのかが証明されていないということに難点があるからかもしれません(その点ラルスは完全に証明済です)。 カップはモスクワ動物園でムルマお母さんの二番目の子供として生まれているのですが、このムルマの血統というのは「アンデルマ・ウスラーダ系」と比較すると繁殖能力の点でいささか難点があるのではないかと私は以前から考えており、こういった点において血統的にはシモーナのほうがムルマよりも遥かに優っているように考えています。 
a0151913_5594095.jpg
アルマトイ動物園のアリコル 
Photo(C)Алибек Кенжебеков/Казинформ

それからもう一頭のカザフスタンのホッキョクグマですが、これはもうあのアルマトイ動物園のアリコルに間違いないでしょう。 オールボー動物園はすでにアルマトイ動物園に問い合わせを入れたそうですが現在のところまだ色よい返事がないそうです。 アリコルはもう25歳になっているはずですしアルマトイからデンマークまでの輸送というのは通常は運送量の多くない路線ですのでいざ運送しようとすると予想以上の金がかかることは間違いないでしょう。 しかしアリコルはメーリクやヴィクトリアとは全く血の繋がりがありませんのでオールボー動物園はその点で彼を評価しているようです。 しかしアルマトイ動物園とは意外なところにまで眼を付けたものです。 (*追記 - このアリコルは繁殖能力は証明済みです。 チェコ・ブルノ動物園のウムカはこのアリコルの息子です。)
a0151913_6154210.jpg
イコロ (2012年10月21日撮影 於 おびひろ動物園)
a0151913_6155558.jpg
キロル (2013年3月16日撮影 於 浜松市動物園)

さて、私に言わせれば日本のイコロとキロルは本当のところ、こうしたものに手を挙げておいて欧州に認知を得ておくことが必要だろうと思います。 いつかも書きましたが、健康証明やら予防接種証明やらという欧州行には極めてハードルは高いと思いますが、「ダメでもともと」 でオールボー動物園に話をしてみるのは悪いことではないと思います。 特に「ロストック系」のヴィクトリアのパートナーとしては年齢差があるものの、欧州サイドから見ればイコロやキロルは「ロストック系」以外の得難い血統ですから、考え様によっては魅力的に映るはずです。 ただしこの二頭は繁殖年齢には達しているものの繁殖能力が証明されていない点ではノイミュンスター動物園のカップのケースと同じということです。 しかしイコロとキロルについては国際的な観点に視野を広げつつパートナー探しをしておくことが早急に必要でしょう。 日本国内ばかり見ていては埒があきません。 チャンスを見つけて思い切ってこの二頭のうちのどちらかを早めに欧州に送り込むべきでしょう。 そうでないと彼らにはパートナーを得る見込みは非常に少なくなってしまうわけです。

それからもう一つ気になるのは、このオールボー動物園はEAZAのコーディネーターの動きとは別の形で独力でメーリクやヴィクトリアのパートナー探しをしているようで、これは以前から私が感じているのですがオールボー動物園とEAZAのコーディネーターとの間のギクシャクとした関係を示していることなのかもしれません。

(資料)
NORDJYSKE (Jan.23 2015 - To hun-isbjørne søger nu herrebekendtskab)
TV2 (Jan.23 2015 - Nordjyske single-isbjørne søger friske handyr)
Казинформ (Nov.8 2014 - Алматинский зоопарк отмечает 77-летие)

(過去関連投稿)
デンマーク・オールボー動物園でヴィクトリア、メーリク、ミラクの雌3頭の奇妙な同居生活 ~ 展望なき繁殖
ドイツ・ノイミュンスター動物園、悲願へのハードルの高さ ~ カップのパートナー探し難航
モスクワ動物園のムルマ(3) ~ 初産、そして訪れた危機
ドイツ・ノイミュンスター動物園のカップが同園展示場の地表改良工事のため一時的にハノーファー動物園へ
ドイツ・ハノーファー動物園のカップ (豪太の兄)が施設改修工事の終了したノイミュンスター動物園に帰還
カザフスタン・アルマトイ動物園、アリコルの独居の「孤独」
カザフスタン ・ アルマトイ動物園に暮らすアリコルへの朗報 ~ 動物園大改修計画による飼育環境改善へ
カザフスタン・アルマトイ動物園のアリコルの近況 ~ 地元のファンの温かいまなざし
by polarbearmaniac | 2015-01-25 07:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-06-25 22:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-06-24 23:30
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-06-23 23:00
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-06-22 23:00
ロシア・中部シベリアに記録的..
at 2017-06-21 18:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-06-20 23:50
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-06-19 22:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-06-19 20:30
モスクワ動物園・ヴォロコラム..
at 2017-06-18 21:00
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-06-17 23:00

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin