街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

オランダ・ロッテルダム動物園の双子の赤ちゃんのライブ映像が人気 ~ オリンカお母さんの手堅い育児

a0151913_13475444.jpg
Photo(C)Diergaarde Blijdorp

昨年12月2日にオランダのロッテルダム動物園で22歳のオリンカが双子の赤ちゃんを出産したことはすでにご紹介しており、産室内の映像が24時間ライブ配信されていることにも触れています。 この24時間産室内ライブ映像配信ですが報道によりますと、すでに10万アクセスがあったそうでやはり一般からの関心も高いようです。 国別では日本からのアクセス数は第四位のようです。 昨日のライブ映像を早送りしてまとめた方がいますのでその映像もご紹介しておきます。



さて、オリンカお母さんの産室内での育児ですが、ライブ映像で見る限り非常に手堅くて危なげがなく安定感があるように見えます。 やはり育児経験十分といったベテランの母親の様子が見てとれます。 安心して見ていられる母親だと言ってよいでしょう。

ロッテルダム動物園はオリンカお母さんの出産以前の段階から「出産があれば産室内ライブ映像配信開始」 を考えて準備していたことは間違いなく、赤ちゃん誕生の事実の発表と同時にこの映像の配信を開始しています。 私の知る限りこういったホッキョクグマの産室内ライブを初めて行ったのはデンマークのオールボー動物園で2008年12月に誕生したミラク(現 カナダ・サンフェリシアン原生動物園)の時だったと思います。その後に印象に残るのはやはりチェコ・ブルノ動物園で、2011年暮れにはなんとコーラお母さんの出産前から産室内部の様子のライブ映像配信を行うという画期的な内容でした。

こういうライブ映像配信は実は動物園の担当者にとっては、いちいち写真や部分的映像を用いて赤ちゃんの成長を動物園のHPにアップする手間がなくなるという点で非常に楽なやり方だと思います。 しかし欲を言えば短いダイジェスト版の動画の公開もあったほうが赤ちゃんの成長をもっと楽に確認できるような気もしますし後から振り返ってみることもできて意義があるように思います。 ロッテルダム動物園はオリンカ親子が産室から展示場に登場した後も何らかのライブ映像配信を行うのでしょうか? それを昨年行ったのがロシアのノヴォシビルスク動物園でした。あのライブ映像を一日中見ていたという方がロシアには何人もいたそうです。

(資料)
Diergaarde Blijdorp (Volg de ijsbeertjes live via webcams)
AD.nl (Jan.28 2015 - Zelfs Moskou geniet mee van jonge ijsbeertjes in Blijdorp)

(過去関連投稿)
オランダ・ロッテルダム動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生! ~ オリンカが貫録の出産
オランダ・ロッテルダム動物園の双子の赤ちゃんは順調に推移 ~ 産室内映像配信と研究プロジェクト支援
by polarbearmaniac | 2015-01-29 14:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-11-24 00:30
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-11-23 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-22 06:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-11-22 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-21 01:00
エストニア・タリン動物園のノ..
at 2017-11-21 00:30
エストニア・タリン動物園、新..
at 2017-11-20 01:00
仙台・八木山動物公園、苦心す..
at 2017-11-19 00:30
ロシア・イジェフスク動物園が..
at 2017-11-18 01:30
南フランス・アンティーブ、マ..
at 2017-11-18 00:30

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag