街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・イジェフスク動物園の一歳のニッサンがモスクワ動物園へ ~ 最終的にはスコットランドに移動か?

a0151913_18345573.jpg
ニッサン (2014年9月18日撮影 於 ロシア、イジェフスク動物園)

ロシアのイジェフスク動物園 (ウドムルト動物園) の園長さんが本日付のコムソモリスカヤ・プラウダ紙のイジェフスク地方版のインタビューに答えていくつかの興味深いことを語っています。 その中でホッキョクグマに関連したものでは、同園で一昨年の12月12日に野生出身のドゥムカお母さんから誕生した1歳の雄のニッサンがすでにモスクワ動物園に移動しているという事実と、その後にイギリスの北部スコットランドにある動物園に移動する予定であることを語っています。 ニッサンがイジェフスク動物園からモスクワ動物園に移送されたのは昨年12月12日のニッサンの一歳の誕生会以降のことだと考えられます。 さて、最終的な行先がスコットランドの動物園ということになりますとハイランド野生公園 (Highland Wildlife Park) ということになるはずですが、しかしあそこには7歳のアルクトスと6歳のウォーカーという二頭の雄の若年個体が飼育されているわけで、それに加えて1歳のニッサンが移動するというのもかなりおかしな気がしますので、アルクトスとウォーカーのうちどちらか(あるいは両方)が他園に移動するということになるのではないでしょうか? これはまた実に興味深いことになりそうです。
a0151913_18352681.jpg
ニッサン (2014年9月18日撮影 於 ロシア、イジェフスク動物園)

以前から書いていますが、ニッサンの父親であるノルド(彼の母親はシモーナ)の権利がモスクワ動物園にあるため、このニッサンの権利もモスクワ動物園にあることになるわけでニッサンが移動するとすれば一度はモスクワ動物園に移るというのは当然だと思われますし、さらにその後の移動先の決定については全てモスクワ動物園の意向次第でしょう。 ニッサンがロシアから欧州に移動ということは、モスクワ動物園がこのニッサンを欧州に「売却」 したことを意味するとみて間違いないと思います。 ニッサンは私が現地で観察したところでは、なかなか筋の良い育ち方をしていますので、これからどう成長していくかが興味のあるところです。 内心はもう一年ドゥムカお母さんと過ごさせてやりたかったと思いますが、ロシアではそうはいかないということです。 実は私は昨年のイジェフスク動物園訪問記の2日目の最終投稿が終わっておらず、このニッサンの未公開動画もいくつかあるのですが、そのうちの一つを下に御紹介しておきます。 ドゥムカお母さんの背中にいるニッサン君の姿です。

ニッサンの表情の変化 (A variation in Nissan, the polar bear's
facial appearance, at Izhevsk Zoo, Russia, on Sep.19 2014)

昨年暮れにサンクトペテルブルクのレニングラード動物園から来園した1歳の雌のザバーヴァとやはり1歳の野生孤児の雄のバルーとはすでに非常に仲の良い遊び友達になっているということも園長さんは語っています。 ニッサンもバルーもザバーヴァも私が昨年秋にロシアで実際に会ってきた幼年個体ですので彼らについては引き続きその様子を追いかけていきたいと思っています。

さて、同園から忽然と姿を消した「さすらいのホッキョクグマ」のピリグリムと野生孤児の双子のうちの一頭である雌のオーロラについて園長さんは何も語っていません。 語ることのできない事情があるのでしょう。

(資料)
Комсомольская правда (Jan.29 2015 - Изменения в зоопарке Удмуртии: белого медвежонка забрали в Шотландию, а пингвинов привезут в Ижевск)

(過去関連投稿)
ロシア連邦 ・ ウドムルト共和国 イジェフスク動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生!
ロシア連邦 ・ ウドムルト共和国 イジェフスク動物園で誕生の赤ちゃんの産室内映像が初めて公開
ロシア連邦 ・ ウドムルト共和国 イジェフスク動物園で誕生の赤ちゃんは順調に成育中
ロシア連邦ウドムルト共和国、イジェフスク動物園の赤ちゃんの近況 ~ ロシア国内の個体の権利関係
ロシア連邦ウドムルト共和国、イジェフスク動物園の赤ちゃん、遂に戸外に登場し公開される
ロシア連邦ウドムルト共和国、イジェフスク動物園の赤ちゃんの追加映像
ロシア連邦・ウドムルト共和国、イジェフスク動物園の赤ちゃんの性別は雄と判明 ~ 名前公募が開始
ロシア連邦・ウドムルト共和国、イジェフスク動物園の雄の赤ちゃんの近況 ~ 泳ぎ始めた赤ちゃん
ロシア・イジェフスク動物園のドゥムカお母さんは母親としての力量不足か? ~ 母親の力量を考える
ロシア・イジェフスク動物園の雄の赤ちゃんの名前が 「ニッサン (Ниссан)」 に決まる
ロシア連邦・ウドムルト共和国、イジェフスク動物園のニッサン君の行動にみる雄らしさ
ロシア連邦・ウドムルト共和国、イジェフスク動物園のニッサン君の近況 ~ 地元の愛称は 「サニョーク」
ロシア連邦・ウドムルト共和国、イジェフスク動物園のニッサンが満一歳となる ~ その真直ぐな成長

(*2014年9月 イジェフスク動物園訪問記)
イジェフスク動物園へ ~ ドゥムカ親子と野生孤児バルーとの対面
ニッサン君の素顔とその性格 ~ 開園5年でホッキョクグマの繁殖に成功したイジェフスク動物園
ドゥムカお母さんの素顔とその性格 ~ 「母親の権威」を無用と考える極めて豪放かつ鷹揚な母親像
野生孤児バルーの素顔 ~ 野生個体の不幸の上に成り立つ動物園という悲しき真実
イジェフスク動物園二日目 ~ ドゥムカお母さん、ニッサン君、バルー君、お元気で! (投稿準備中)
by polarbearmaniac | 2015-01-29 19:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

フランス・アルザス地方、ミュ..
at 2017-10-23 00:30
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-10-22 00:30
アメリカ・シカゴ、リンカーン..
at 2017-10-21 13:30
ロシア・ペルミ動物園のミルカ..
at 2017-10-20 19:30
ロシア東北端・チュクチ半島の..
at 2017-10-19 20:00
いよいよ今年2017年のホッ..
at 2017-10-19 01:00
ドイツ・ロストック動物園が来..
at 2017-10-18 18:30
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-10-18 00:30
ベルリン動物公園がトーニャの..
at 2017-10-17 20:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-10-17 00:30

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag