街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アメリカ・ワシントン州 タコマのポイント・ディファイアンス動物園の29歳のボリスに抜歯治療が行われる

a0151913_15533955.jpg
Photo(C)Point Defiance Zoo & Aquarium

アメリカ・ワシントン州タコマのポイント・ディファイアンス動物園 (Point Defiance Zoo & Aquarium) で飼育されている29歳の雄のボリスに昨日、3時間に及ぶ歯科治療手術が行われ三本の歯が抜かれて無事終了したとのニュースが流れてきました。 一本は膿瘍、一本は破砕、そして一本は虫歯という、それぞれが治療不能な状態だったため抜歯が行われたということだそうです。 実は二年前にもこのボリスは4時間半にも及ぶ複合歯科治療処置が行われたことがあり、それについては是非 「アメリカ・ワシントン州 タコマのポイント・ディファイアンス動物園のボリスが4時間半の複合治療処置を受ける」 という投稿をご参照下さい。 今回の歯科治療手術も前回と同じ動物歯科の獣医さんが担当したようです。
a0151913_1554678.jpg
Photo(C)Point Defiance Zoo & Aquarium

29歳になっているホッキョクグマに麻酔をかけて抜歯を行うというのは非常に危険なことであると獣医さんも考えたのでしょう、当初は抜歯せずになんとか治療だけで処理できればと考えていたそうですが、巨体のボリスが歯の痛みを堪えて極めて不機嫌な様子であり、いざ三本の歯をチェックしてみたところ治療不可能な状態だったために抜歯を行うという決断となったそうです。
a0151913_15541665.jpg
Photo(C)Point Defiance Zoo & Aquarium

このボリスの健康状態は良好であったためこうした麻酔による抜歯処置が可能だったわけですが、一般的には29歳のホッキョクグマに全身麻酔をかけて治療行為を行うのにはやはり一種の「覚悟」が必要でしょう。 以前にご紹介していますがレイドパーク動物園のボリスケベック水族館のティグアクはこういった治療のための麻酔によって命を落としているわけです。 ともかく無事にボリスの抜歯手術が終了して本当に良かったです。 ボリスは鎮痛剤などを投与されて休んでいるそうです。

ちなみにこのボリスは東ドイツのサーカス団で演技を行い、その後にメキシコの巡回サーカス団に送られて悲惨な環境で演技をさせられていたためアメリカの内務省・魚類野生動物保護局 (U.S. Fish and Wildlife Service) によって保護され、このポイント・ディファイアンス動物園に移されて飼育されているホッキョクグマです。 その件については過去関連投稿をご参照下さい。 それから、ホッキョクグマに対する歯科治療の例についても過去関連投稿をご参照下さい。 欧米の動物園では比較的良くこの歯科治療手術というのが行われますが、やはりそういったことを行う熟練の動物歯科医さんの存在があってのことでしょう。 日本でこれをやれる熟練の技術のある方は果たしているのでしょうか?

(資料)
TheNewsTribune.com (Feb.6 2015 - A bear of a dental appointment: Pt. Defiance polar bear loses three teeth)
KOMO News (Feb.6 2015 - Veterinarians remove elderly polar bear's achy tooth)
Q13 FOX (Feb.6 2015 - That’s some tooth! Surgery performed to remove abscessed, fractured teeth from 880-pound polar bear)

(過去関連投稿)
アメリカ・ワシントン州タコマ、ポイント・ディファイアンス動物園のケネス逝く
アメリカ・ワシントン州 タコマのポイント・ディファイアンス動物園のボリスが4時間半の複合治療処置を受ける

(*以下、動物歯科治療関連)
モスクワ動物園・ウランゲリ(旭山動物園イワンの父)の虫歯治療 ~ 動物歯科医チームの活躍
カナダ・ケベック水族館の11歳のティグアク、歯科治療の麻酔中に亡くなる
スコットランドのハイランド野生公園、ウォーカーの歯科手術
スコットランド・ハイランド野生公園のアルクトスが歯科治療を受ける
アメリカ・ワシントン州 タコマのポイント・ディファイアンス動物園のボリスに4時間半の複合治療処置
カナダ・マニトバ州ウィニペグのアシニボイン公園動物園の野生孤児オーロラが歯科治療手術を受ける
デンマーク・オールボー動物園のメーリクが歯科治療手術を受ける
by polarbearmaniac | 2015-02-07 16:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-11-24 00:30
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-11-23 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-22 06:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-11-22 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-21 01:00
エストニア・タリン動物園のノ..
at 2017-11-21 00:30
エストニア・タリン動物園、新..
at 2017-11-20 01:00
仙台・八木山動物公園、苦心す..
at 2017-11-19 00:30
ロシア・イジェフスク動物園が..
at 2017-11-18 01:30
南フランス・アンティーブ、マ..
at 2017-11-18 00:30

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag