街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア、ノヴォシビルスク動物園のシルカは3月に来日の模様 ~ 地元のファンのシルカへの熱い想い

a0151913_23271978.jpg
最近のシルカ Photo(C)НГС.НОВОСТИ

ロシア・西シベリアにあるノヴォシビルスク動物園の一歳の雌のシルカの来日が決定した件についてはすでに先週の水曜日に投稿していますが日本においてはネット上でやや不正確な情報が流されているようです。 実はこのニュースを日本語で唯一報道したのは 「ロシアの声 (Голос России)」、つまり旧モスクワ放送の日本語サイトの「ノボシビルスクのメス白熊、シルカが日本に行くよ」 という記事です。 実はこの「ロシアの声」の日本語の記事は何をもとに書かれているかのソースが明示されていないのですが、おそらく間違いなく2月4日付けのノヴォシビルスクの地元報道の Sibnet の記事 ("Медвежонок Шилка навсегда уезжает из Новосибирска в Японию") でしょう。 この記事がネット上に登場したのは2月4日の日本時間の午後5時頃(現地時間の昼過ぎ)で、私もこの Sibnet の記事を読んで2月4日の投稿を書き始めたのですが、その段階ではまだ日本と交渉中という内容だったのですが、どうもその日に日本サイドの当事者 (or 代理人)が現地で実際に交渉していたらしく Sibnet はシロ園長のコメントが取れなかったようで、そのために日本はいくつかの選択肢の中で最有力といった内容だったわけですが、おそらくその交渉が終了した後にコムソモリスカヤプラウダ紙がシロ園長自身に取材を試みコメントを取ってシルカの日本行きの事実の決定を報じ ("Новосибирская медведица Шилка отправится в Японию")、そしてその次にロシースカヤ・ガゼータ紙もシロ園長に取材して 「日本の動物園との契約締結の完了」 というさらなる決定的なコメントを取って記事にした ("Медвежонок Шилка переедет из Новосибирска в Японию") という経緯でしょう。 つまり現地が午後から夕方、そして夜となってリアルタイムで刻々と情報が見えてきたのと並行して私はそれらを取り入れ付け加えて2月4日の投稿を書いたのですが、ところが「ロシアの声」は最初の Sibnet の記事の内容だけを簡単に要約して日本語にし、「日本行き」 のタイトルだけ付けて日本語の記事として発表したのでしょう。 そのためにタイトルと内容とがすんなりとは一致せず、何か内容に非常におかしな点が生じてしまったというわけです。 さらに全くいただけないのは、この「ロシアの声」の記事の写真のホッキョクグマはシルカではないということです。 この写真のホッキョクグマの幼年個体は2009年11月にモスクワ動物園のシモーナお母さんの産んだ雌の双子のうちの一頭の写真が用いられているわけです。
a0151913_23284377.jpg
最近のシルカ Photo(C)НГС.НОВОСТИ

さて、こうして決定したシルカの日本行きですが、その後の現地の最新の情報ではシルカの来日は3月となった模様です。 そしてシロ園長によればシルカの旅立ち後に興味深い動物がノヴォシビルスク動物園にやってくると述べ、その動物が何かは今は言えないと語っています。 これはシルカは単なる売却ではなく、金銭に加えて何かの動物が加えられている可能性は否定できませんね。 しかしその動物が直接日本からノヴォシビルスクに送られるものかどうかはこの発言では明確ではありません。 つまり、この「興味深い動物」の来園がシルカ売却と直接的な関係があるかどうかは現時点のシロ園長の発言でははっきりしないということです。 そしてシルカが日本のどこの動物園に送られるかについてもシロ園長は依然として堅く口を閉ざしたままです。 さて、ここでごく最近のシルカの様子を伝える映像をご紹介しておきます。 いずれも2月8日の映像です。







シルカの日本行決定についてノヴォシビルスクの地元のファンの反応ですが、いろいろなSNSサイトを見る限り、やはりシルカが外国に去ることへの寂しさと悲しさは隠せないといったところです。 あるSNSサイトの投稿に付けられている「気持ちイラスト」を下にご紹介しておきます。 いちいち投稿の内容をご紹介するよりもこのほうがよいでしょう。
a0151913_11474711.jpg
さて、しかし不思議なことに今回のシルカの移動先である日本については悪く言う人は見当たらないようです。 「日本人は動物を大切に扱う人々だからシルカも大事にしてくれるだろうし、日本にもノヴォシビルスク同様、雪があるので環境は良いだろう。」 という意見も見られます。 ファンの方々の多くの投稿にはシルカへの 「情の深さ」 というものを感じます。 それは何かロシア人独特の感性といったものが背景にあるように思います。 やはりライブカメラの影響は大きく、朝起きるとまずPCでゲルダとシルカの様子を見てから出勤したという人や、お年寄りの方は一日中ライブカメラを見ていたという人までいます。 そうやってシルカの成長を見守ってきた方々にとって、突然の予告なしでのシルカの母親からの引き離しにショックを受けたことが今回の一連の騒ぎの最も大きな原因でしょう。 シルカをノヴォシビルスク動物園に留め置くための署名活動も行われ、そしてプーチン大統領に対してシルカのための園内の施設の増設を求める嘆願書すら出されたほどだったそうです。 しかしそうした運動も現在では下火となり、もう諦めの心境に至っているファンの方々も多いようです。 しかし週末になるとノヴォシビルスク動物園のシルカの展示場は依然としてファンの方々で一杯だそうで、シルカの人気に衰えは見られないそうです。
a0151913_23335933.jpg
最近のシルカ Photo(C)НГС.НОВОСТИ

私がノヴォシビルスク動物園で実際に会ったシルカには「スター性」というものを強く感じました。 彼女には人を引きつける強い何かが間違いなく存在しています。 それにしても凄いスターが日本にやってくることになったものです。
a0151913_2192051.jpg
このゲルダとシルカの母娘の姿はこうして記念硬貨にもなったほどなのです。 このようなホッキョクグマは世界でも稀でしょう。

(資料)
Московский Комсомолец (Feb 7 2015 - Новосибирская медведица Шилка уезжает в Японию)
НГС.НОВОСТИ (Feb.11 2015 - Шилка едет замуж - фоторепортаж)

(過去関連投稿)
ロシア、ノヴォシビルスク動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ ロッシーの双子兄弟が父親となる
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園で誕生の赤ちゃん、ゲルダお母さんと共に初めて戸外へ!
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園で戸外に登場したゲルダお母さんと赤ちゃんの追加画像
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃんの戸外映像 ~ ゲルダとクラーシンの幼年時代
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃんの戸外映像追加 ~ 絵になる親子
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園で誕生の赤ちゃんの性別は雌(メス)と判明
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園のゲルダお母さんと雌の赤ちゃんの週末
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園の雌の赤ちゃんの名前の公募始まる
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園の雌の赤ちゃんの近況  ~ 名前公募の一次募集が終了
ロシア、ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃんの選考候補名が決まる ~ なんと"ミユキ" (美雪)も候補に
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃんの命名決定投票の中間結果が発表される
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園の雌の赤ちゃんの名前が 「シルカ」 に決定
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園の6歳のゲルダお母さんの育児に同園が高い評価を与える
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園のゲルダお母さんと娘のシルカの展示場にライブカメラ設置!
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園のライブカメラ映像に見るゲルダお母さんとシルカとの関係
ロシア・ノヴォシビルスク動物園のシルカの入手を狙う日本の動物園 ~ 売却金額は三千万円前後か?
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園のゲルダお母さんとシルカとの関係を探る ~ 映像分析は難解
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園のゲルダお母さんと娘のシルカのライブ映像が大人気
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園のゲルダ親子の展示場改修工事が終了 ~ 映像配信再開へ
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園のシルカの旅立ちの日近づく ~ 移動先は日本の動物園か?
ロシア・ノヴォシビルスク動物園のゲルダとシルカの母娘が本日突然永遠の別れ ~ ゲルダお母さんの動揺
ロシア・ノヴォシビルスク動物園で別離したゲルダお母さんと娘のシルカの近況 ~ 母娘共に依然として動揺
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園のゲルダとシルカの母娘をめぐってシロ園長の発言
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園で母親と別離したシルカの奇妙な常同行動への同園の解釈
ロシア、ノヴォシビルスク動物園でクラーシン(カイ)とゲルダの再会、同居開始の光景に割れる市民の意見
「ホッキョクグマ飼育マニュアル(Care Manual)」よりの考察(11) ~ 母子をいつ引き離すか
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園のシロ園長が批判する近年の欧米の 「三年サイクルの繁殖」
ロシア、ノヴォシビルスク動物園のシルカの今春来日が決定的! ~ 日本の動物園との契約の締結が完了
(2014年9月ノヴォシビルスク動物園訪問記)
◎2014年9月11日(木曜日)訪問
・リバーパークホテルからノヴォシビルスク動物園へ ~ ホッキョクグマたちに御挨拶
・容姿端麗なゲルダお母さん、その娘への態度に見る子育て初体験の初々しさ ~ 育児スタイルを模索中
・シルカ、順調に成長を遂げるその素顔
◎2014年9月12日(金曜日)訪問
・ノヴォシビルスク動物園訪問二日目 ~ ゲルダお母さんとシルカの不安定な関係
・ゲルダの将来への道のりと課題 ~ 一頭の母親と一頭の雌の二役の演技の動機となっているもの
・シルカ、その聡明かつ醒めた知性が発散する魅力 ~ ミルク、マルル、ポロロを超える逸材か?
・クラーシン(カイ)の性格とその素顔 ~ 双子兄弟のピョートル(ロッシー)との違い
◎2014年9月13日(土曜日)訪問
ノヴォシビルスク動物園訪問三日目 ~ シルカちゃん、ゲルダさん、クラーシン君、お元気で! (現在正式投稿準備中)
by polarbearmaniac | 2015-02-11 23:45 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-11-23 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-22 06:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-11-22 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-21 01:00
エストニア・タリン動物園のノ..
at 2017-11-21 00:30
エストニア・タリン動物園、新..
at 2017-11-20 01:00
仙台・八木山動物公園、苦心す..
at 2017-11-19 00:30
ロシア・イジェフスク動物園が..
at 2017-11-18 01:30
南フランス・アンティーブ、マ..
at 2017-11-18 00:30
チェコ・ブルノ動物園のライブ..
at 2017-11-17 00:30

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag