街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

モスクワ動物園で誕生の双子の赤ちゃんが戸外へ初登場! ~ 「大本命」シモーナの貫録

a0151913_18144088.jpg
シモーナお母さんと双子の赤ちゃん Photo(C)Московский зоопарк

先日、「モスクワ動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ 出産はシモーナが濃厚、ムルマも出産したか?」という投稿で、モスクワ動物園でホッキョクグマの赤ちゃんが誕生していることをご紹介していましたが、本日モスクワ動物園からとうとう公式発表がありました。 同園で昨年の11月10日にシモーナが双子を出産していたそうで、なんと本日シモーナ親子は戸外に初登場したそうです。 生後99日が経過しての初登場ということになります。 そしてこれが同時に一般公開の開始というこことなりました。 双子の赤ちゃんはシモーナお母さんにしっかりとくっついて付き従っていたそうです。 シモーナお母さんは、赤ちゃんたちが自分のそばを離れようとすると鼻を鳴らして警告していたそうです。
a0151913_18145881.jpg
Photo(C)Московский зоопарк

これで昨年暮れの世界の「大本命ホッキョクグマ三羽烏」であったシモーナ(モスクワ)、ララ(札幌)、フリーダム(レネン)の三頭が全て出産したことが確認できたわけです。 こういった「大本命」というのは出産に関しては絶対的な安定感があるわけで期待を裏切らない素晴らしい母親たちなのです。 それにしてもモスクワ動物園というのは今年は赤ちゃん誕生の発表と戸外初登場が同時という、実に世界でも稀な発表を行ったことになります。 昨年暮れに誕生した赤ちゃんたちでは初めての戸外登場となったわけです。モスクワ動物園で昨年暮れに生まれたのはこの二頭だけだったようで、出産したのはシモーナだけだったというのが正解だったというわけです。 先日の投稿でご紹介していたTV局の映像ではムルマが戸外に出ていましたので、やはりムルマには出産がなかったということだったわけです。

このシモーナというのは散々今までもご紹介してきましたが1994年生まれで札幌のララと同じ年齢なのですが11月27日生まれですのでララより一週間ほど後にサンクトペテルブルクのレニングラード動物園で誕生しています。 ですから今回の双子を産んだ時点ではまた19歳だったということになります。 シモーナの母親は言うまでもなくあの女帝ウスラーダで、シモーナはウスラーダの長女ということになります。 札幌のララがディオニソス的ホッキョクグマであるのと比較すると、このシモーナはアポロ的ホッキョクグマ、そしてエリートホッキョクグマの典型という存在です。 シモーナの前回の出産は2011年11月の三つ子の出産であり、今回は通常のロシアの動物園でのホッキョクグマの繁殖とは異なり一年余裕をもらった形で3年サイクルでの出産に挑戦したわけですが、これはシモーナほどのホッキョクグマとなれば余裕の出産だったでしょう。 私は昨年の9月にモスクワ動物園を訪問してシモーナの様子を観察しましたが(過去関連投稿参照)、出産への自信に満ちた表情は実に印象的でした。 

(2014年9月20日撮影 於 モスクワ動物園)

私にとってはホッキョクグマの母親としてはララにも匹敵するほどの親しみを持っている雌のホッキョクグマです。 そしてその育児に関してもシモーナとララは非常に似たタイプで、「情愛型・関与型」という点で際立った存在であるということです。 モスクワのファンからは、マーシャとかシムカという愛称で呼ばれ、そして愛されているホッキョクグマなのです。

モスクワ動物園は昨年12月11日に、「ホッキョクグマの赤ちゃんの誕生は秒読み状態だ。」 とHPで言っていたわけですが、実はそれより一か月も前にシモーナは出産していたわけで、そうなるとあのHPの情報は何だったのかという気もしてきます。 カムフラージュのためということもあり得ますが、しかしやはりその時にはムルマも産室にいて、ムルマの出産は近いということだったのかもしれません。 今回は比較的情報を明かさなかったモスクワ動物園ということだったわけです。

(資料)
Московский зоопарк (Новости/Feb.17 2015 - У нас родились белые медвежата!)
Интерфакс (Feb.17 2015 - Два белых медвежонка впервые показались посетителям Московского зоопарка)
Блокнот Воронеж (Feb.17 2015 - Московский зоопарк впервые показал белых медвежат)
В Подмосковье (Feb.17 2015 - Посетители Московского зоопарка могут увидеть двух белых медвежат)
Вечерняя Москва (Feb.17 2015 - Посетители Московского зоопарка могут увидеть недавно рожденных белых медвежат)
Runews24.ru (Feb.17 2015 -
Московский зоопарк показал недавно родившихся белых медвежат)
Комсомольская правда (Feb.17 2015 - Белые медвежата впервые вышли из «берлоги» в Московском зоопарке)

(過去関連投稿)
モスクワ動物園のシモーナ(1) ~ 偉大なる母の娘、やはり偉大なる母となる!
モスクワ動物園のシモーナ(2) ~ その初産への道のり
モスクワ動物園のシモーナ(3) ~ 豊かなる母性の輝き
モスクワ動物園のシモーナ(4) ~ 消息不明の息子は何処に? (上)
モスクワ動物園のシモーナ(5) ~ 消息不明の息子は何処に? (中)
モスクワ動物園のシモーナ(6) ~ 消息不明の息子は何処に? (下)
モスクワ動物園のシモーナとウランゲリ、冬の日の同居映像
理性のウスラーダと情愛のシモーナ ~ 偉大なるホッキョクグマ母娘の性格の違い
モスクワ動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ 出産はシモーナが濃厚、ムルマも出産したか?
(*2010年5月、7月 モスクワ動物園訪問記 - シモーナ関連のみ)
はじめまして、モスクワ・ツインズちゃん!!
偉大な母シモーナの三態(May.2 2010)
モスクワツインズ10態 (1)
モスクワツインズ10態 (2)
モスクワツインズちゃん、また会う日まで!
モスクワツインズとシモーナお母さん
シモーナお母さんとモスクワツインズ
モスクワツインズの性格の違い
ムルマさん、シモーナさん、本当にありがとう!
3頭のモスクワの赤ちゃん、お元気で!
(*2011年8月、9月 モスクワ動物園訪問記 - シモーナ関連のみ)
シモーナの夏の日の午後 ~ くつろいだ日常の姿
シモーナ、その姿の変わらぬ端麗さ
モスクワ動物園の「良妻賢母」シモーナ ~ 母親のウスラーダに似た顔立ち
秋の日のモスクワ動物園のシモーナとウランゲリ ~ 再び期待されるこのペアの繁殖
(*2012年3月、9月 モスクワ動物園訪問記)
モスクワ動物園の三つ子ちゃん、はじめまして!
三つ子の世話はシモーナお母さんにとっても大仕事 ~ 3頭の性格の違いは?
小雪降るモスクワ動物園 ~ 三つ子ちゃん元気に遊ぶ
モスクワ動物園の三つ子ちゃん、その多彩な表情
みぞれ混りの雪が降り続いたモスクワ動物園 ~ 長時間のお昼寝の後の三つ子ちゃん
シモーナお母さん、その絶頂期の輝きに満ちた母親像
冷雨のモスクワ動物園、ホッキョクグマ一家の情景
モスクワ動物園の三つ子ちゃんの元気一杯の土曜日
シモーナお母さんと三つ子ちゃん,その多彩な表情 ~ 三つ子の撮影の難しさは予想以上だった!
モスクワ動物園の三つ子ちゃんとの半年振りの再会 ~ シモーナお母さん、育児に大奮闘中
シモーナお母さんと三つ子の子供たちの姿 ~ 今日 (9月20日) のアルバムより ~ 主役たちの魅力
シモーナお母さんと三つ子の子供たちの姿 ~ 今日 (9月21日) のアルバムより ~ 多彩な表情
シモーナお母さんと三つ子の子供たちの姿 ~ 今日 (9月22日) のアルバムより ~ 行動の力学
シモーナお母さんと三つ子の子供たちの姿 ~ 今日 (9月23日) のアルバムより ~ お元気で!
(*2013年10月 モスクワ動物園訪問記 - シモーナ関連のみ)
シモーナさん、三つ子の育児、本当に御苦労様でした! ~ 世界最高の偉大なる母の感じた脱力感
モスクワ動物園の誇る名ペア、シモーナとウランゲリの秋 ~ 来年の繁殖シーズンに向けて...
モスクワ動物園の誇るペア、シモーナとウランゲリのさらなる繁殖への挑戦
(*2014年9月 モスクワ動物園訪問記)
秋晴れのモスクワ動物園を訪問  ~  ホッキョクグマたちに御挨拶
モスクワ動物園が世界に誇るシモーナとウランゲリの名ペアの成功の理由の一端を垣間見る
ウランゲリ、その優しさ、親しみやすさ、紳士的性格に見る繁殖への道
シモーナ、そのホッキョクグマの王道を歩む姿と道のり ~ ロシアの首都に君臨するウスラーダの長女
by polarbearmaniac | 2015-02-17 14:45 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア北東部の内陸をさまよう..
at 2017-09-26 03:00
ウクライナ・ハリコフ動物園の..
at 2017-09-25 03:00
ロシア北東部サハ共和国で北極..
at 2017-09-23 22:00
ロシア・ペルミ動物園が間もな..
at 2017-09-23 00:30
大阪・天王寺動物園がゴーゴの..
at 2017-09-22 01:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-09-21 01:00
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-09-21 00:30
ピョートル(ロッシー)とクラ..
at 2017-09-20 06:00
ロシアのサーカス団の4頭のホ..
at 2017-09-20 00:30
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-09-19 01:15

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag