街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

大阪・天王寺動物園のゴーゴ(クライ・ユーコノヴィチ)が南紀白浜のアドベンチャーワールドへ

a0151913_15582642.jpg
ゴーゴ(クライ・ユーコノヴィチ - Край Юконович) 
(2012年8月25日撮影 於 大阪・天王寺動物園)

本日大阪市より発表があり、ペルミ動物園のアンデルマの息子である天王寺動物園で飼育されている10歳お雄のゴーゴ(クライ・ユーコノヴィチ)が南紀白浜のアドベンチャーワールドに繁殖目的のBLで出張することが発表されました。 出発は3月2日の月曜日であり、ゴーゴの帰園時期というのは未定だそうです。 (*追記 - 産経新聞の報道によると「1年間の予定」となっています。) また、ゴーゴの壮行会は3月1日に天王寺動物園で行われることも同時に発表されています。

このゴーゴの出張というのは本ブログではもう不可避な既定の方針であることを前提として述べてきた通りであり、全く意外な話ではありませんし、今か今かと発表が待たれていたことでした。 出張先が白浜のアドベンチャーワールドというのも今としてはなんとなく理解できるところです。 ゴーゴのパートナーはオホトとなるということですが、それもなんとなく理解できるところです。 私はゴーゴは上野動物園に行くのではないかとも思ったこともありますが、やはり上野はホッキョクグマの繁殖にはBLを非常に嫌がるという傾向があるわけで、どうしてもデアのパートナーは上野が所有権を持つ固定パートナーの雄の個体にしたいという意向は変わらなかったようです。 上野にも他園からBLで受け入れている動物は実際には若干はあるでしょうが、ホッキョクグマなどではまずそれはやりたがらないということです。上野は一度は「「国内の動物園が連携した繁殖計画に基づき、相手のオスを探したい」として、今までの所有権を獲得した雄の個体を繁殖に寄与させるという方針を転換したかのように見えたわけですが、やはりそう簡単ではなかったようです。 これが上野のプライドというわけです。 しかし私は上野がその従来の方針を貫けるかどうかはやや微妙だろうとも思っています。 

今度ゴーゴのパートナーとなるアドベンチャーワールドの23歳のオホトですが、彼女のパートナーだったアークティクが昨年3月に亡くなっており、私はこれでオホトは繁殖の舞台からは引退かなとも思ったわけですが、そうではなかったようです。 ゴーゴの母親であるアンデルマが「雲上の神」ともいえるほど偉大なアンデルマであることはご承知の通りですが、このオホトの母親であったメルセデス(Mercedes/マーセディス)はイギリスではカリスマ的ともいえる非常に有名なホッキョクグマでした。 この件については 「メルセデス (1980 – 2011)、その生涯の軌跡」 という投稿、そしてその投稿の下に挙げてある過去関連投稿をご参照下さい。 上野のプライドというものが仮になかったとしても、やはり地理的にも東京よりも白浜のほうが出張させやすかったということは言えそうです。 まだまだオホトには繁殖に挑戦してもらおうということでしょうが、問題はオホトの育児能力でしょう。

ゴーゴの壮行会は3月1日の日曜日に行われるそうですが、そうなるとバフィン親子の戸外お披露目は3月第一週ではないかという線が出てきました。つまり生後101日が経過したことになるはずの3月6日(金)が候補となって浮かび上がりそうです。 ともかくゴーゴの出張問題が結論をみましたので、バフィン親子の戸外登場が現実味をもって迫ってきたようです。
a0151913_9193872.jpg
(2012年8月25日撮影 於 大阪・天王寺動物園)

(*追記)
天王寺動物園の公式ブログに本日2月18日付けで「ゴーゴについて」という投稿が掲載されています。 飼育員さんの複雑な胸の内と寂しさが、心の動揺と共に述べられているように思います。

少しだけ意味の取りにくい箇所の記述があるように私には感じます。 「このように全力で子育てしているバフィンと赤ちゃんを放飼場に出した時にバフィンがその日に帰ってくる保障がありません。今までのバフィンのことを考えると、帰ってこない可能性の方が高いかもしれません。」 とお書きになっていらっしゃる意味は、「現在育児に全力投球しているバフィンにもかかわらず、ゴーゴが同園にいると彼の存在への意識によって全力投球している現在の状況にバフィンがもう戻らなくなる可能性が高い。」 という意味でしょうか? 

それから、「ゴーゴと書かず、あえて優秀なオスのホッキョクグマと書きます。」 という意味は、白浜のアドベンチャーワールドはパンダを除いて個体を名前によって識別せず、来園者には種としてしか展示しない方針であることを念頭に置いて、白浜ではゴーゴは単に「雄のホッキョクグマ」 という呼び方になるのだということを、ひょっとしておっしゃりたいのでしょうか?

飼育員さんの心の動揺が感じられ同情の念を禁じ得ません。 ともかく私が感じるには、バフィンお母さんというのは「育児完全主義者」で、今回は全身全霊を込めて赤ちゃんを育てているだろうということです。 その母親の姿を目の前にして感激している飼育員さんの姿が目に浮かびます。 「ゴーゴの出張」、これは勝者となった雄の「勲章」であると私は思っています。


(資料)
大阪市建設局天王寺動物公園事務所 (Feb.18 2015 - ホッキョクグマ「ゴーゴ」の壮行会を開催します~ブリーディングローンによりアドベンチャーワールドへ出園~)
(*追加資料)
天王寺動物園 スタッフブログ (Feb.18 2015 - ゴーゴについて


(過去関連投稿)
南紀白浜アドベンチャーワールドのオホトのお母さんメルセデス(写真)は健在!
ホッキョクグマの健康管理 ~ スコットランドのメルセデス(南紀白浜AWSのミライの祖母)の体重測定
オランダのウォーカー、スコットランドへ! ~ 新しい繁殖基地への期待
スコットランド・ハイランド野生公園に到着したウォーカーがメルセデスと初顔合わせ
雪と寒波に御満悦な表情のホッキョクグマ ~ スコットランドのウォーカーとメルセデス
スコットランドのメルセデス、重い骨関節炎で病床に臥せる ~ 危惧される「安楽死」決定への可能性
スコットランドのメルセデス、とうとう安楽死が執行される!
メルセデス (1980 – 2011)、その生涯の軌跡
和歌山・白浜、アドベンチャーワールドのアークティク死す
by polarbearmaniac | 2015-02-18 15:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-03-19 20:30
チェコ・ブルノ動物園の「国際..
at 2017-03-19 00:30
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-18 11:00
フランス・ミュルーズ動物園で..
at 2017-03-18 00:30

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin