街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

南フランス・アンティーブ、マリンランドでの 「ホッキョクグマ誕生の舞台裏」 を描いたTVドキュメンタリー

a0151913_23341985.png
フロッケ Image(C)Marineland TV

昨年11月26日に南フランス・コートダジュール、アンティーブのマリンランドでフロッケお母さんから誕生した一頭の赤ちゃんですが、同園の公式プロモーション映像を担当するTV局が “Documentaire Evénement - Coulisses de la naissance de l'ours polaire à Marineland” (「マリンランドでホッキョクグマが誕生する舞台裏」) というドキュメンタリー作品が制作され、それが公開されました。 映像は一部、すでに公開されているシーンも含まれていますが、それまでよくわからなかったこのマリンランドでのホッキョクグマ飼育と繁殖への試みについていくつかの情報が明らかになっている点で興味ある作品ですので以下にご紹介しておきます。



実に面白いと思ったのは誕生の事実の判明の場面です。 このマリンランドの警備員さんの詰所には監視用に園内各所に設置された(防犯用監視)カメラでとらえた映像のモニターが備え付けられているだけでなく、そこになんとフロッケが籠っている産室内映像を映すモニターもあるわけです。 夜勤の警備員さんはその産室内の映像に何か見慣れない小さなものを見つけ獣医さんに来てくれるように電話するわけです。 早朝の3時半だということですから獣医さんの自宅に電話したのでしょう。 まだ外も暗い中を急いで自宅から駆け付けてきた獣医さんがモニター映像を確認して、これが赤ちゃんであることに気付き、そして急いで園長さんに大至急マリンランドに来るように直接電話するわけです。 そして獣医さんは警備員さんと二人で赤ちゃんの誕生に大喜びというシーンです。 残念なことにこの作品で使用されている産室内のシーンは誕生直後のシーンではありませんし、警備員さんと獣医さんのやりとりは再現シーンですが、要するに赤ちゃんの誕生の発見がこのように行われたということが事実だそうです。 つまり通常ではこういったことに関与しない警備員さんも 「ホッキョクグマ繁殖プロジェクト」 チームの一員として夜間の産室内のモニター映像の観察に協力していたということです。 これこそマリンランドの「総力戦」とでも言ったところでしょう。 実は考えてもみれば、夜間の産室内映像をチェックして何か変わった点がないかを観察するのを夜勤の警備員さんにまかせることは合理的な話です。

その他、フロッケとラスプーチンの繁殖行為も映っていますが、なんと室内で行われています。 その他、ニュルンベルク動物園でのフロッケの人工哺育のシーンも登場しています。 やはりマリンランドでは人工哺育されたフロッケの母親の本能 (L'instinct maternel) の発揮が可能なのかという観点にも非常に意識していたことも窺わせます。

(過去関連投稿)
フロッケの旅立ち、アンティーブの「碧」と「青」の世界へ...
南フランス・アンティーブのマリンランドでのフロッケとラスプーチン ~ マリンランドTVの映像より
南フランス・アンティーブのフロッケの誕生日 ~ 書かれうるか、人工哺育論の最終章のページ
南フランス・コートダジュール、アンティーブのマリンランドのフロッケに立ちはだかる「繁殖」 という壁
南フランス・アンティーブ、マリンランドでフロッケが出産に成功! ~ 雌の人工哺育個体繁殖不能論の崩壊
南フランス・アンティーブ、マリンランドで昨年11月下旬に誕生した赤ちゃんの産室内映像が公開
by polarbearmaniac | 2015-02-22 00:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-27 11:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-04-27 00:30
チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30
ベルリン動物公園で死亡した赤..
at 2017-04-22 01:00
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-04-22 00:30
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-21 12:00

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin