街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

モスクワ動物園のシモーナ親子のお披露目の日の姿 ~ シモーナの貫録と安定感、そして大らかさ

a0151913_23512098.jpg
シモーナお母さんと双子の赤ちゃん Photo(C)RIA NOVOSTI

モスクワ動物園で昨年の11月10日にシモーナお母さんから誕生した双子の赤ちゃんですが、2月17日に初めて親子で戸外に登場し、そして一般公開になったのと同時に同園が赤ちゃんの誕生の事実を公式に発表するという、我々からすれば考えられないような登場の仕方をした件については先日も投稿しています。 このシモーナお母さんと双子の赤ちゃんの17日の登場についての映像が現時点では一つだけ入っていますので下にご紹介しておきます。 さすがにこの日が初めての産室からの登場だったそうで親子は体が汚れています。 しかしこのシモーナの堂々とした貫録というものは、いつもながらたいしたものです。 全画面表示をおすすめします。



先日オランダ・レネンのアウヴェハンス動物園でフリーダムお母さんが二頭の赤ちゃんとやはり初めて戸外に登場したシーンをご紹介していますが、比較してみると非常におもしろいですね。 シモーナはやはりどっしりと構えていて大らかささえ感じさせ、そして神経質な感じかありません。 非常に安定感があるわけです。 良い意味で 「ロシア的」 な母親だといってよいかと思います。 育児体験の豊富な「大物お母さん」という雰囲気がシモーナの姿から発散されていることに気が付かれると思います。 その点、フリーダムお母さんは赤ちゃんたちに対していろいろと気を遣って自らいろいろと動いているように見えます。 まあこれはホッキョクグマの母親としてのスタイルの違いでしょう。
a0151913_23563799.jpg
シモーナお母さんと赤ちゃん Photo(C)RIA NOVOSTI

世界の動物園のホッキョクグマの母親たちのなかでもこのシモーナというのは確実にトップランクの母親です。 私はモスクワ動物園で実際に何度もこのシモーナと赤ちゃんたちの姿を観察できましたが、それはもう充実の一語に尽きる体験でした。 シモーナがどんな母親であるかについては以前の投稿である 「モスクワ動物園のシモーナ、過去の映像に見るその母親像の 『絶対的』 かつ 『不動』 の存在の安定感」 をご参照下さい。
a0151913_23593089.jpg
シモーナお母さんと赤ちゃん Photo(C)RIA NOVOSTI

このシモーナとほぼ同格の素晴らしい母親となりますと、やはりウスラーダでしょう。 しかしシモーナとウスラーダは母親としてのスタイルは正反対です。 シモーナは「情愛型」、ウスラーダは「理性型」の母親です。 シモーナとウスラーダに微差で続くのがララ、さらにオリンカでしょう。 このあたりの母親たちの実力というのはまさにSランクといった世界の超トップレベルの評価です。 テニスを例にとればジョコビッチ、フェデラー、ナダルというクラスです。 私は今まで世界で何頭ものホッキョクグマの母親たちを見てきましたが札幌のララお母さんはこういった超トップレベルのクラスの母親であり、間違っても錦織ではないわけです。 しかしさすがのララお母さんもやはりシモーナにはほんの少し負けるかなという感じもしますが微妙でしょうね。 ララはシモーナと同じスタイルの「情愛型」ですが、シモーナよりも子供たちに幾分厳しいかなという感じはしますね。
a0151913_2352634.jpg
双子の赤ちゃん Photo(C)RIA NOVOSTI

それからノーボスチ通信が今回のシモーナ親子の戸外初登場の写真を何枚か公開していますが、私はどうも今回の赤ちゃんは雄の双子のような気がします。近年シモーナは雌の赤ちゃんを多く出産していたわけですが今回の双子の赤ちゃんはやや顔つきが凛々しいという感じがします。 まあ他ならぬシモーナのことですから、赤ちゃんが雌だろうが雄だろうが、うまく育て上げることは間違いないでしょう。 早くこの親子に会いに行きたいものです。

さて、それから出産のなかったムルマですが数日前のモスクワ動物園でのTVのニュース映像が入っていますのでご紹介しておきます。 最初にウランゲリが寝ている姿が数秒映っていますが、それ以降は全てムルマの映像です。 ムルマも久し振りにこの大きなほうの展示場に登場して雪の上で気持ちよさそうにしていますが、幾分神経質な動きをしているように見えます。 映像がスタートするのに数秒かかることがあります。


Белый медведь вышел в полуфинал конкурса талисмана «Москвы 24»

このムルマ(豪太の母) というのはモスクワ動物園の雌としてはシモーナと二枚看板のホッキョクグマであり一流の実力派の大物お母さんなのですが、いつもその比較の対象はシモーナですので損な役回りを背負っているのが気の毒な気がします。

(資料)
Вечерняя Москва (Feb.17 2015 - Посетители Московского зоопарка могут увидеть недавно рожденных белых медвежат)
РИА НОВОСТИ (В Московском зоопарке появились белые медвежата)

(過去関連投稿)
理性のウスラーダと情愛のシモーナ ~ 偉大なるホッキョクグマ母娘の性格の違い
モスクワ動物園のシモーナ、過去の映像に見るその母親像の 「絶対的」 かつ 「不動」 の存在の安定感
モスクワ動物園のムルマの2003年の繁殖挑戦を振り返る ~ 5月の交尾で出産に成功したムルマとララ
モスクワ動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ 出産はシモーナが濃厚、ムルマも出産したか?
モスクワ動物園で誕生の双子の赤ちゃんが戸外へ初登場! ~ 「大本命」シモーナの貫録
(*2014年9月 モスクワ動物園訪問記)
秋晴れのモスクワ動物園を訪問  ~  ホッキョクグマたちに御挨拶
モスクワ動物園が世界に誇るシモーナとウランゲリの名ペアの成功の理由の一端を垣間見る
ウランゲリ、その優しさ、親しみやすさ、紳士的性格に見る繁殖への道
シモーナ、そのホッキョクグマの王道を歩む姿と道のり ~ ロシアの首都に君臨するウスラーダの長女
by polarbearmaniac | 2015-02-23 00:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

*新規投稿お知らせ
at 2017-08-18 21:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-08-18 02:00
*新規投稿お知らせ
at 2017-08-17 23:00
ロシアのクラスノヤルスク環境..
at 2017-08-17 01:30
チェコ・プラハ動物園のホッキ..
at 2017-08-16 01:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-08-15 01:30
ロシア・ウラル地方、エカテリ..
at 2017-08-14 01:30
大阪・天王寺動物園のシルカ ..
at 2017-08-13 01:30
フィンランド・ラヌア動物園で..
at 2017-08-12 22:30
カナダ・ウィニペグ、アシニボ..
at 2017-08-11 23:30

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin