街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園の「国際ホッキョクグマの日」のフェリックスとオーロラの姿

a0151913_1653105.jpg
フェリックス Photo(C)Блокнот

ロシアの地方都市での昨日2月27日の「国際ホッキョクグマの日」 (International Polar Bear Day /Международный день белого медведя) の様子を追いかけています。
a0151913_1633277.jpg
 シベリア中部の都市であるクラスノヤルスク動物園で飼育されているのは、野生孤児のホッキョクグマである9歳の雄のフェリックスと5歳の雌のオーロラ(本名ヴィクトリア)です。 この二頭については是非 「ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園の野生出身のフェリックスとオーロラのペア形成への準備」 という投稿を再度ご参照下さい。 この動物園でも昨日27日に「国際ホッキョクグマの日」のイベントがあり特別給餌が行われています。 肉、そしてリンゴが氷の中に入っているケーキのプレゼントがあったそうです。
a0151913_16583995.jpg
Photo(C)Блокнот

その昨日の様子を見てみましょう。 まずTVニュースです。登場しているにはフェリックスです。 左の方の別のケージにいるのはオーロラです。 昨日は平日のために夕方行われたようですが、やはり来園者は少なかったようですね。



こういった特別給餌の途中でフェリックスは隣にいるオーロラのほうに近づいています。



再び肉を食べ始めるフェリックスです。



昨日特別給餌があったのはフェリックスだけのように見えますが、ひょっとしてオーロラへの同様の給餌は本日行うのでしょうか? クラスノヤルスク動物園では本日土曜日にこのフェリックスとオーロラがこの動物園に来た経緯とか野生のホッキョクグマの生息頭数んどについての市民向けのレクチャーもあるそうで、まだ「国際ホッキョクグマの日」のイベントは続いています。
a0151913_165652.jpg
オーロラ(左)とフェリックス(右) Photo(C)Блокнот

クラスノヤルスク動物園はこのフェリックスとオーロラという野生出身同士のペアによる繁殖を大いに期待しているそうです。 それは当然でしょう。 仮に繁殖に成功すれば世界には全くない新しい血統が誕生するということも一つの理由ではありますが、やはりこうした若いホッキョクグマを飼育している同園としては繁殖の成功は園としてのステータスにも影響してくるわけで、同園の知名度も上がることが予想されるからです。 ともあれ、このクラスノヤルスク動物園の若いペアについては今後も情報を追いかけていきたいと思います。

(*注)タイミール半島で孤児となっていたのを保護されクラスノヤルスク動物園で飼育されてきた オーロラとヴィクトリア の雌の双子うち、 オーロラはイジェフスク動物園に移動 したためにクラスノヤルスクに残ったのはヴィクトリアですが、その後このクラスノヤルスク動物園及び地元の報道機関は彼女のことをヴィクトリアではなくオーロラと呼び続けているのは、多分 「オーロラ (Аврора)」 のほうが「ヴィクトリア (Виктория)」 よりもロシア語として発音がし易いためだと思われます。 よって本ブログでもクラスノヤルスク動物園に残った双子のうちの一頭であるヴィクトリアを 「オーロラ」 と呼んで、そう表記しています。 「オーロラ (Аврора)」 は本来のロシア語の発音で表記すれば 「アヴローラ (Аврора)」 となるべきですが、「オーロラ」 のほうが響きとしては日本語として遥かに定着していますので、「オーロラ」 と表記するほうが正しいでしょう。

(資料)
ГТРК Красноярск (Feb.27 2015 – В "Роевом ручье" отметили день полярного медведя)
Блокнот Красноярск (Feb.27 2015 - Белый медведь Феликс устроил для красноярцев званый обед)
Блокнот (Feb.27 2015 – Ревнивую медведицу в Красноярске обделили леденцами)

(過去関連投稿)
(*オーロラ関連)
ロシア極北・タイミール半島でホッキョクグマの2頭の赤ちゃんを保護!
ロシア・タイミール半島で保護された赤ちゃん孤児の続報
ロシア・クラスノヤルスク動物園の2頭の赤ちゃん孤児、同市に留まり同居の継続が決定!
ロシア・クラスノヤルスク動物園で暮らすタイミール半島で保護された双子の孤児の名前が決まる
ロシア・ウドムルト共和国のイジェフスク動物園 ~ 「さすらいのホッキョクグマ」ピムの安住の地となるか
モスクワ動物園がカザン市動物園に1頭のホッキョクグマを贈与 ~ 帰属意識と権利関係の狭間で
ロシア・クラスノヤルスク動物園で保護の双子の孤児に別れの時来る ~ オーロラがイジェフスク動物園へ
(*フェリックス関連)
ロシア・クラスノヤルスク動物園の2頭の伊達男たち ~ 華麗なる独身生活を謳歌?
ロシア・クラスノヤルスク動物園のプール開き
ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園のプール開き
(*フェリックスとオーロラ関係)
ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園の野生出身の新ペアの繁殖への期待 ~ 日本は果実を狙え
ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園の「プール開き」 ~ 夏に向けたフェリックスとオーロラの姿
ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園の野生出身のフェリックスとオーロラのペア形成への準備
by polarbearmaniac | 2015-02-28 17:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

気ままに歩くオールボー旧市街..
at 2017-07-28 05:00
モスクワからコペンハーゲン、..
at 2017-07-28 03:00
ノヴォデヴィチ墓地 (Нов..
at 2017-07-27 05:30
モスクワ、ノヴォデヴィチ修道..
at 2017-07-27 05:00
モスクワのクドリンスカヤから..
at 2017-07-26 05:40
モスクワの「チェーホフの家博..
at 2017-07-26 05:30
ムルマ (Белая мед..
at 2017-07-26 05:20
スネジンカ (Белая м..
at 2017-07-26 05:10
二年振りに訪問のモスクワ動物..
at 2017-07-26 05:00
夜も更けたアルバート通りを歩..
at 2017-07-25 05:45

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin