街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・カザン市動物園の「国際ホッキョクグマの日」のマレイシュカの姿 ~ 昨年末には出産に成功せず

a0151913_20423871.jpg
マレイシュカ Image(C)Эфир-24

昨年暮れに世界の動物園で誕生した赤ちゃんたちは順調な成育を遂げ、そしてそのうちの何頭かはもう戸外に登場しています。 通常は公式発表の極めて遅いアメリカの動物園も含めて昨年のホッキョクグマの赤ちゃんの出産情報は全て出そろった...と言いたいところですが必ずしもそうとは言えないと私は考えつつ、ロシア・タタールスタン共和国のカザン市動物園での19歳の雌のマレイシュカの出産情報に密かに期待していたわけでした。 このカザン市動物園というのはホッキョクグマの赤ちゃんのお披露目と同時に出産の事実を報じるという非常の遅い公式発表を行う動物園なのです。
a0151913_2047966.jpg
ところが、2月27日の「国際ホッキョクグマの日 (International Polar Bear Day /Международный день белого медведя)」 について、カザンの地元TV局が同市の動物園のホッキョクグマ舎での特別給餌の様子をニュースで報じたのですが、なんとマレイシュカが登場しており、つまり彼女は昨年暮れに出産には成功しなかったということを意味していることになります。 冒頭の写真をワンクリックしていただくとカザンの地元TV局のページに飛びますので、そこでニュース映像をご覧になってみて下さい。 映像に映っているのがマレイシュカです。
a0151913_2037344.jpg
マレイシュカ Image(C)Эфир-24

このマレイシュカのパートナーは以前ペルミ動物園でアンデルマのパートナーだった現在26歳になったユーコンです。 このユーコンは大阪・天王寺動物園のゴーゴ(まもなく白浜のAWSに出張します)の父親であることは御承知の通りです。
a0151913_2053537.jpg
ユーコン (ゴーゴの父) Photo(C)Казанский зооботсад

なにしろこのカザン市動物園のホッキョクグマ舎は飼育環境が悪く私も二回ほど訪問しているのですが、見ているだけで苦痛を感じるほどです。 しかしそういった環境でマレイシュカはすでに4回の出産で4頭の成育に成功しており、前回の出産である2012年12月に誕生した雌のユムカについて私は彼女がペルミ動物園に移動する直前にこのカザン市動物園でのマレイシュカお母さんとの最後の日に会うことができたわけでした。 このマレイシュカは昨年の繁殖シーズンの出産が期待されていたわけですが、いかんせんこの動物園自体が情報の発信力が乏しいため繁殖行為の有無や産室入りの時期も含めいったいどういう状態なのか今一つ確実なことは掴みにくかったというわけです。 しかし今回こうして元気な姿を見せたわけでマレイシュカに関してはまた今年繁殖に挑戦ということとなるのでしょう。
a0151913_20565615.jpg
マレイシュカ Image(C)Эфир-24

「国際ホッキョクグマの日」 の放送にこうしてマレイシュカが映像に登場したということは、彼女のさらなる繁殖挑戦宣言という意味だと理解することとします。 ただし問題はユーコンの、年齢からくる繁殖能力の衰えといった不安でしょう。 このニュース映像に彼は登場していませんが元気なのでしょうか? 以下は昨年6月のカザン市動物園でのユーコンの姿ですが、まあ本当に厳しい環境です。



(資料)
Эфир-24 (Feb.28 2015 - В казанском зоопарке отметили день полярного медведя)

(過去関連投稿)
*ユムカ関連
ロシア連邦 ・タタールスタン共和国、カザン市動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生!
ロシア連邦 ・タタールスタン共和国、カザン市動物園で誕生の赤ちゃんの命名について同動物園が告知
ロシア連邦 ・タタールスタン共和国、カザン市動物園の赤ちゃん命名のイベントは悪天候で延期となる
ロシア連邦 ・タタールスタン共和国、カザン市動物園の赤ちゃんの命名は最終的にネット投票へ
ロシア連邦 ・タタールスタン共和国、カザン市動物園の雌の赤ちゃんの名前が 「ユムカ 」 に決定!
ロシア連邦・タタールスタン共和国、カザン市動物園のユムカは順調に生後7か月が経過
ロシア・カザン市動物園のユムカのペルミ動物園への移動の日が迫る  ~ お別れ会が開催の予定
ロシア・カザン市動物園のユムカが来週ペルミ動物園へ移動 ~ 日曜日のお別れ会開催の告知
ロシア・タタールスタン共和国、カザン市動物園のユムカがペルミ動物園に無事到着
*2013年カザン市動物園訪問記
シャリアピンパレスからカザン市動物園へ ~ 別れの時が迫ったマレイシュカとユムカの母娘の姿
偉大なる男ユーコン、中年男の持ついぶし銀の魅力
マレイシュカお母さんの性格と母性
ユムカの性格と素顔 ~ カザンに初雪の降った日...そして別れ
by polarbearmaniac | 2015-03-01 21:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ロストフ動物園のコメ..
at 2017-04-29 22:30
ドイツ・ブレーマーハーフェン..
at 2017-04-28 22:30
フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-04-28 02:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-27 11:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-04-27 00:30
チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin