街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・西シベリア、オムスク近郊のボリシェリェーチェ動物園の「国際ホッキョクグマの日」のグーリャの姿

a0151913_2314967.jpg
グーリャ Image(C)ОМСКОЕ ОБЛАСТНОЕ ТЕЛЕВИДЕНИЕ

ロシア・西シベリアの都市オムスクの近郊にあるボリシェリェーチェ動物園に暮らす推定25歳の雌のホッキョクグマであるグーリャ (Гуля – 正式には Гулина - グリーナ) といえば世界有数の情報の非常に少ないホッキョクグマであると言えましょう。 そういった点で彼女には話題の光というものが当たるということはほとんどありません。 しかし、彼女の暮らすこのボリシェリェーチェ動物園はロシアにあっては非常に珍しい田園動物園であり、そのホッキョクグマの飼育環境はロシアの動物園の水準を遥かに超える良好なものである点が非常に救いとなっています。 私もそういったこのグーリャに関するニュースがあれば漏らさずに投稿しようと考えています。 過去関連投稿をご参照頂ければ彼女がどんなホッキョクグマであるかはわかっていただけるものと思います。
a0151913_23204654.gif
さて、このボリシェリェーチェ動物園では以前からこの「国際ホッキョクグマの日 (International Polar Bear Day /Международный день белого медведя)」 が祝われているそうで、昨年の様子についても投稿していますので過去関連投稿をご参照下さい。 今年も2月27日に開催されたそうで子供たちが多く集まってきたようです。 その模様をオムスクの地方TV局がニュースで報じています。 冒頭の写真をワンクリックしていただきますとそのTV局のページが開きますので是非映像でご覧ください。 ロシアの子供たちはこうした際にみんなでホッキョクグマに拍手をするというのがおもしろいと思います。 私も2012年にハバロフスク動物園(プリアムールスキー動物園)に行きました時に子供たちのグループが来ていましたが、その子供たちもゴシに拍手をしていました。 こういった光景は日本は勿論のことアメリカや欧州の動物園でも見たことがありません。

(*後記 - このTVニュースの映像は下でご覧になることができます。)


番組の中で同園のコマロヴァさんは語っています。 この動物園のそばに住んでいる猫はグーリャの食べ残したエサが欲しくてよくやってくるそうです。 グーリャは魚が好物だそうですが、その他では野菜も好きなようです。 グーリャは食事には結構選り好みがあるようで、飼育員さんも彼女の年齢を考えて噛みやすい特別メニューなども作ってやっているそうです。 このグーリャは野生孤児で非常に不幸な状態で保護されたわけですが、その状況については 「ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャの『ホッキョクグマの日』 ~ 悲劇の幼年期の記憶」 という投稿を是非ご参照下さい。 グーリャはなかなか気難しい性格でもあるようで、なかなか来園者のそばに来るということがないそうで、今年の「国際ホッキョクグマの日」でもそのような様子だったものの子供たちのグループが現れるとようやくそこにやって来たそうです。 子供たちにとっては素晴らしいことだったというわけでした。
a0151913_238490.jpg
グーリャ Photo(C)ИТАР-ТАСС/Дмитрий Феоктистов

ともかく広い場所に大きな池があって冬以外はそこを泳ぎの場所としているグーリャですが、冬に間は雪の上でその感触を楽しんでいるようです。

(資料)
Комсомольская правда (Feb.22 2015 - В Большереченском зоопарке отметят День полярного медведя)
ОМСКОЕ ОБЛАСТНОЕ ТЕЛЕВИДЕНИЕ (Feb.27 2015 - Медведица из Большереченского зоопарка отмечает свой день)
123ru.net (Feb.27 2015 - Медведица из Большереченского зоопарка отмечает свой день)
ТАСС (Feb.27 2015 - Международный день белого медведя)
gtrk-omsk.ru (Feb.27 2015 - Медведица из Большереченского зоопарка отмечает свой день)
(Feb.28 2015 - Большереченская белая медведица отмечает свой праздник)

(過去関連投稿)
ロシア・西シベリアのオムスク近郊、ボリシェリェーチェ動物園に暮らすグーリャ ~ 人間への不信と無関心
ロシア・西シベリアのボリシェリェーチェ動物園で飼育のグーリャに 「ホッキョクグマの日」 が開催予定
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャの「ホッキョクグマの日」 ~ 悲劇の幼年期の記憶
ロシア・西シベリア、ボリシェリェーチェ動物園のグーリャの近況 ~ 話題の光が当たらずとも良好な飼育環境
by polarbearmaniac | 2015-03-05 00:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ベルィ、謙虚さと「大陸的」な..
at 2017-07-23 05:00
快晴の土曜日、ペンザ動物園で..
at 2017-07-23 03:00
ペルミからモスクワ、そしてペ..
at 2017-07-22 04:30
アンデルマさん、お元気で! ..
at 2017-07-21 03:30
ペルミ動物園訪問六日目 ~ ..
at 2017-07-21 03:00
ユムカ(ミルカ)は果たして今..
at 2017-07-20 03:45
ペルミ動物園訪問五日目 ~ ..
at 2017-07-20 03:30
「アンデルマお婆ちゃん (バ..
at 2017-07-19 03:45
ペルミ動物園訪問四日目 ~ ..
at 2017-07-19 03:30
ロシア・ホッキョクグマ界の若..
at 2017-07-18 03:45

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin