街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア北東部サハ共和国・ヤクーツク動物園のコルィマーナとロモノーソフの冬の日 ~ 雪を楽しむ若いペア

a0151913_0324869.jpg
コルィマーナ(手前)とロモノーソフ(奥) Photo(C)ЯСИА

2011年の11月にサンクトペテルブルクのレニングラード動物園でウスラーダの15番目の子供として誕生した雄のロモノーソフ、2012年の4月にロシア極北の東シベリア海の孤島で孤児となっていたのを発見・保護された雌のコルィマーナ、この二頭については誕生や発見の経緯も含めて過去に何度も投稿していますし私自身もレニングラード動物園時代のロモノーソフには実際に会ったことがあります。 この二頭は現在ロシア・サハ共和国のヤクーツク動物園で飼育されているのですが、数年後には繁殖が期待されているペアです。 この二頭の様子というものは実はなかなかネット上にも表れてこないわけです。 ヤクーツクという都市はまさにロシア北東部の奥地にある都市ですが、ネットが発達した現在でも多くの情報が発信されているわけではない場所です。 さて、このコルィマーナとロモノーソフの近況について現地のマスコミが詳しく報じた最新の記事、及びこの二頭のスポンサーになっているヤクーチヤ航空の機内誌の12月号にこの二頭の様子が記されているその内容が最近ネット上に公開されましたので、それらの内容を総合して簡単にご紹介しておくこととします。
a0151913_0422154.png
この二頭は現在三歳ですが遊び友達として飼育展示場で同居しており、二頭とも幼い時からの基本的な性格には変化がないそうです。 雄のロモノーソフは落ち着いた性格であり雌のコルィマーナは常に何かを求めるように動き回る性格だそうです。 しかし二頭は幼い時には食べ物やおもちゃの取り合いの争いをしていたそうですが現在ではそのようなことはないそうです。 この二頭は体重の増加は順調であり二頭合わせて一日25キロほどの食事をするそうですが、一頭当たり肉は10キロに魚が1キロといった割合だそうです。 もちろんリンゴなどの果物も大好物だそうで、夏場にはスイカを喜んで食べるそうです。 全体的に食事に関してはこの二頭は夏や秋の方が冬よりもやや多く食べるそうです。 夏の間のこの二頭の楽しみはもっぱらプールに入ることとおもちゃ遊びであり、雪が多く降る冬の到来をこの二頭は非常に楽しみにしている様子で、プールの水は当然抜かれるもののプールの底まで雪の斜面を作ってしまい二頭はそこを滑って下に降りる遊びが大好きだそうです。 特にロモノーソフはこの遊びのために非常に冬場は運動量が多くなる傾向があるとのことです。
a0151913_0582726.jpg
ロモノーソフ Photo(C)ЯСИА

それから非常に興味深いことを副園長さんが語っているのですが、そもそもホッキョクグマは単独生活を好むはずの動物なのに、この二頭はまだ若いということもあるのか協力関係や役割分担があるようだとのことです。 二頭を同時に室内に収容する時には当然食べ物で彼らを室内に誘うということを行っているそうですが、室内に食べ物が置かれた時には一頭だけが中でそれを食べ、もう一頭は「見張り役」になるそうです。つまり二頭一緒に室内には入らないということなのでしょう。 二頭一緒に室内に入って食事をすると扉を閉じられてしまうことがわかっているので一頭が外で「見張り役」を務めるということのようです。 やがて室内の一頭が外に出て今度は今まで「見張り役」だった一頭が交替で室内に入って食事をするという役割分担ということのようです。 まだ戸外で遊んでいたいようなときに二頭はこのようにして協力し合って扉を閉めさせないようにするということのようですが、これは他の動物園ではあまり聞かない行動ですね。 彼らもよく考えた行動をしているということになるのでしょう。
a0151913_12963.jpg
コルィマーナ Photo(C)ЯСИА

ヤクーツク動物園でもこのコルィマーナとロモノーソフの将来の繁殖に大いに期待しており、その際に必要となるコルィマーナのための独立した飼育場を建設する予定だそうです。 このコルィマーナとロモノーソフの最新の映像を下にご紹介しておきます。 2~3日前に撮られたもののようです。



この二頭は将来の繁殖が有望なペアです。情報は少ないながらも引き続き注意して見守っていきたいと思います。

(資料)
ЯСИА (подписка) (Mar.8 2015 - Любители арбузов из "Орто Дойду": ЯСИА побывало в гостях у медвежат Колыманы и Ломоносова)
ОАО "Авиакомпания "Полярные авиалинии" (Feb.27 2015 - Международный день белого медведя)

(過去関連投稿)
(*以下、ヤクーツク動物園のコルィマーナ関連)
ロシア極北・サハ共和国(ヤクーチア)のコルィマ湾でホッキョクグマの赤ちゃんが保護される
ロシア極北・サハ共和国(ヤクーチア)で保護された孤児の赤ちゃんがヤクーツク動物園へ
ロシア極北・サハ共和国(ヤクーチア)で保護された孤児の赤ちゃんが無事にヤクーツク動物園に到着
ロシア極北・サハ共和国で保護された孤児の赤ちゃん、「コルィマーナ」と命名される
ロシア極北・サハ共和国のヤクーツク動物園で保護されているコルィマーナが一般公開となる
ロシア極北・ヤクーツク動物園のコルィマーナのパートナーはレニングラード動物園のロモノーソフに決定か?
ロシア極北・サハ共和国のヤクーツク動物園に到来した夏 ~ コルィマーナの近況
ロシア極北・ヤクーツク動物園のコルィマーナが11月に新飼育展示場へ移動
ロシア極北・ヤクーツク動物園のコルィマーナに地元航空会社のヤクーチヤ航空より支援の手

(*以下、ロモノーソフ関連)
ロシア・サンクトペテルブルクのレニングラード動物園でウスラーダが15頭目の赤ちゃんを出産!
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園で赤ちゃんの初登場の日が迫る
ウスラーダの赤ちゃんの登場を待つサンクトペテルブルクのレニングラード動物園
ロシア・サンクトペテルブルクのレニングラード動物園でウスラーダの15番目の赤ちゃんが遂に一般初公開!
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの15番目の赤ちゃんの近況
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの赤ちゃんの名前がロモノーソフに決まる
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園の赤ちゃんの最近の様子 ~ 新動物園建設計画が発表
ロシア極北・ヤクーツク動物園のコルィマーナのパートナーはレニングラード動物園のロモノーソフに決定か? 
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のウスラーダの15番目の子供、ロモノーソフの近況
秋晴れのサンクトペテルブルクでウスラーダ一家と再会 ~ ロモノーソフ君、はじめまして!
ウスラーダの15番目の子供、ロモノーソフの素顔 ~ 一人っ子の温和な性格か?
ウスラーダお母さん、堂々たる貫禄を見せつける理知的な母性の発露
夕方から満を持して登場のウスラーダとロモノーソフの親子
ウスラーダさん、メンシコフさん、ロモノーソフ君、お元気で! ~ ホッキョクグマ体験の至福の3日間
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のロモノーソフの旅立ち間近を同動物園が告知
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園のロモノーソフのヤクーツク動物園への移動が決定
息子との間近の別れを予感しているウスラーダお母さん ~ 冬の日のサンクトペテルブルクの親子の情景
ロモノーソフとウスラーダお母さんの親子最後の一日 ~ サンクトペテルブルクでの別れ
ロモノーソフ、無事にヤクーツク動物園に到着 ~ そして息子の去った日のウスラーダお母さんの姿
ロシア・北東部、サハ共和国のヤクーツク動物園に移動したロモノーソフの近況

(*以下、ヤクーツク動物園でのコルィマーナとロモノーソフの同居関連)
ロシア・シベリア北東部のヤクーツク動物園でコルィマーナとロモノーソフの新飼育展示場が完成
ロシア・シベリア北東部、ヤクーツク動物園の新飼育展示場でのコルィマーナとロモノーソフの同居の様子
ロシア・シベリア北東部、ヤクーツク動物園でのコルィマーナとロモノーソフの順調な成長
ロシア・シベリア北東部、ヤクーツク動物園でのコルィマーナとロモノーソフの「国際ホッキョクグマの日」
ロシア北東部、サハ共和国・ヤクーツク動物園のコルィマーナとロモノーソフに企業が魚のプレゼント
by polarbearmaniac | 2015-03-08 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ロストフ動物園のコメ..
at 2017-04-29 22:30
ドイツ・ブレーマーハーフェン..
at 2017-04-28 22:30
フィンランド・ラヌア動物園の..
at 2017-04-28 02:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-27 11:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-04-27 00:30
チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin