街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・ウラル地方、ペルミ動物園のアンデルマの「子供心」 ~ ホッキョクグマの「子供心」と「童心」

a0151913_1515155.jpg
アンデルマ (2013年9月30日撮影 於 ペルミ動物園)

ロシア・ウラル地方にあるペルミの動物園に暮らす三頭のホッキョクグマであるアンデルマ、セリク、ユムカ(ミルカ・ユーコノヴナ)については今まで何度もご紹介してきましたし、特にアンデルマについては今更何を申し上げる必要もないほどの名ホッキョクグマです。 一つだけ挙げておけば、大阪・天王寺動物園の赤ちゃんであるフローラ(仮称)の祖母というわけです。 30歳を超えているアンデルマと、共に2歳であるセリクとユムカ、このお互いに血の繋がりのない三頭のホッキョクグマのペルミ動物園での同居は非常にうまくいっていますが、それは一重にアンデルマの、母性すらを超越した受容力と包容力の賜物でしょう。 このような芸当はウスラーダやララが30歳を越しても無理だと思われます。
a0151913_14553014.png
Image(C)Пермский зоопарк

このペルミ動物園に暮らす年齢差が30歳を超えている三頭の様子について同園はまた新しい映像を公開しましたのでご紹介しておきます。 まず場面は担当飼育員さんがセリクとユムカという若年個体のためのエンリッチメントとして藁の入った縫いぐるみを外から紐に吊るして与えるわけです。 セリクとユムカは大喜びです。その喜び方といったら尋常ではないほどです。 さて、この二頭の若年個体の喜ぶ姿をしばらく後ろから眺めていたアンデルマですが、自分も遊びたくなってしまうわけです。 何が起きたかを以下でご覧下さい。



アンデルマは二頭の若年個体を力で押しのけてこうして自分も夢中で遊び始めてしまったわけでした。 このアンデルマの行動をペルミ動物園の担当者は驚きも持って見つめ、 "впала в детство" と表現しています。 私は瞬間的にこれを「童心に返って」という意味だと思ったのですが、ペルミ動物園ではそれに至った理由を ”Вспоминая детство” と表現しており、要するに「子供だった頃を思い出し(Вспоминая детство)」、そして「子供に戻った(впала в детство)」 ということであり、「童心」という理解はやや不正確なような気がします。 ホッキョクグマの「童心」について私は以前に、「ララが忘れぬ童心 ~ 新しい感情領域 ("Larasophia") を切り開き、新境地を開拓した名ホッキョクグマ」 という投稿を行っているのですが、要するに「童心」というものは「残る」ものであっても「戻る」ものではないと考えます。 今回の映像のアンデルマの行動はやはり「子供に戻った行動」として理解したほうがよいと思います。 アンデルマにも「童心」は残っていますが、今回の行動はそれが現れたものではないように思います。 発揮されたのは「子供心」ということでしょう。 「童心」のもたらす行動は無垢で私心のないものであり、「子供心」のもたらす行動は若々しさです。
a0151913_1563423.png
Image(C)Пермский зоопарк

いずれにせよ、偉大なホッキョクグマであるアンデルマは年老いても若々しい行動をとる素晴らしいホッキョクグマです。 最近のペルミ動物園は地味ですが非常に興味深い映像を公開しています。

(資料)
Пермский зоопарк (Последние новости/Mar.30 2015 - Старушка Амдерма "впала в детство")
Рифей- Пермь (Mar.12 2015 - В Перми «впавшая в детство» старая медведица отбирает игрушки у медвежат)
Новостной сайт Перми и Пермского края (Mar.12 2015 - В зоопарке засняли, как старая медведица «впала» в детство)

(過去関連投稿)
*ユムカとセリク
ロシア・ペルミ動物園におけるセリクとユムカの近況 ~ テルペイがロストフ動物園に移動か?
ロシア・ペルミ動物園でのセリクとユムカの初顔合わせは不調に終わる
ロシア・ウラル地方 ペルミ動物園でアンデルマが気の強いユムカに手を焼く ~ 大物に挑みかかる小娘
ロシア・ウラル地方、ペルミ動物園のユムカと野生孤児のセリクとの関係が良好となる
ロシア・ウラル地方、ペルミ動物園でアンデルマとユムカ、そして野生孤児セリクの3頭同居は順調な滑り出し
ロシア・ウラル地方、ペルミ動物園でのアンデルマ、ユムカ、セリクの三頭同居は大きな成果を上げる
ロシア・ウラル地方、ペルミ動物園でのアンデルマ、ユムカ、セリクの三頭同居の近況 ~ 最新の映像が公開
(*以下、アンデルマ関連)
雌の入手を求めてペルミ動物園を訪問したベルリン動物園のブラスキエヴィッツ園長ロシア・ペルミ動物園の歴史を物語る貴重な写真 ~ ペルミ州知事が公開のコレクションより
ロシア・ペルミ動物園、ホッキョクグマ舎に置かれた「赤いソファ」
ロシア・ペルミ動物園でのホッキョクグマへの活魚のプレゼント
ロシア・ペルミ動物園で夏期恒例の活魚のプレゼント始まる ~ アンデルマ健在!
ロシア・ペルミ動物園、アンデルマとテルペイの夏
ロシア・ペルミ動物園のホッキョクグマ、「生ける伝説」となったアンデルマ
ロシア・ペルミ動物園で一般公開された生後3ヶ月のゴーゴ(現・天王寺動物園)の様子
ロシア・ペルミ動物園、アンデルマの表情(1) ~ 捕捉し難き素顔
ロシア・ペルミ動物園、アンデルマの表情(2) ~ その存在への認識
ロシア・ペルミ動物園のアンデルマ、その日常の姿(1) ~ 遠征での映像より
ロシア・ペルミ動物園のアンデルマ、その日常の姿(2) ~ 遠征での映像より
ロシア・ペルミ動物園のアンデルマ、その日常の姿(3) ~ 遠征での映像より
ロシア・ペルミ動物園のアンデルマ、その日常の姿(4) ~ 遠征での映像より
ロシア・ウラル地方 ペルミ動物園が創設80周年を祝う ~ 偉大なるアンデルマ健在!
ロシア・ウラル地方、ペルミ動物園で夏期恒例のホッキョクグマへの活魚のプレゼント始まる
ロシア・ウラル地方、ペルミ動物園で暮らすアンデルマと二頭の若年個体たち ~ 雪のプレゼントに大喜び
*2010年、2011年ペルミ動物園訪問記
ペルミ動物園に入ります
「おいゴーゴや、お母さんだよ。元気でやってるかい?」
アンデルマの輝かしい姿に感動....!
アンデルマの三態
アンデルマさん、お元気で!
ペルミ動物園へ ~ アンデルマとの待望の再会!
アンデルマ、至高の存在である名ホッキョクグマの素顔
好男子テルペイの素顔 ~ ペルミ動物園2日目
アンデルマ、その年齢を超えた丸顔の美形
アンデルマに午後3時のおやつは肉のプレゼント
ホッキョクグマに魚のプレゼント ~ ペルミ動物園3日目
ペルミ動物園、ホッキョクグマに一日2度のおやつのプレゼント
アンデルマさん、お元気で! ~ ペルミ動物園最終4日目
ペルミ動物園前のオルジョニキーゼ通りを西に歩く
*2013年ペルミ動物園訪問記
小雨のペルミ動物園へ ~ 偉大なるアンデルマとの再会、そして野生孤児のセリクとの出会い
ペルミ動物園で保護されている野生孤児セリクの素顔 ~ まだ順応できない環境の激変
アンデルマ、その至高のホッキョクグマの色褪せることなき永遠の伝説
ペルミ動物園訪問2日目 ~ ペルミに初雪の舞った日のホッキョクグマたち
アンデルマさん、お元気で! ~  「日本に暮らす我が息子たち、孫たち、曾孫のホッキョクグマへ...」
by polarbearmaniac | 2015-03-13 16:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-03-19 20:30
チェコ・ブルノ動物園の「国際..
at 2017-03-19 00:30
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-18 11:00
フランス・ミュルーズ動物園で..
at 2017-03-18 00:30

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin