街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

カナダ・ケベック州、サンフェリシアン原生動物園のエサクバクの新しいパートナーとしてエディが来園

a0151913_2375914.jpg
エサクバク(手前)とエディ(奥) 
Photo(C)Zoo sauvage de Saint-Félicien

カナダ・ケベック州のサンフェリシアン原生動物園 (Zoo sauvage de Saint-Félicien) の12歳で野生出身の雌のエサクバク (Aisaqvak/Aisaqvaq /Aisakvak) といえば2009年の11月30日に雌のタイガと雄のガヌークの双子を産み、そして育てたわけですが、それ以来パートナーがイヌクシュクからオランダ出身のイレ(Yellé) に代ってからは2012年、2013年、2014年と三回に渡って出産が無く、昨年の秋に私は「今シーズンに出産の有無が注目される雌(2) ~ カナダ・サンフェリシアン原生動物園のエサクバク」という投稿で 「今年(2014年) もエサクバクに出産がないとするとサンフェリシアン原生動物園がどのような対応策を考えるのかにも注目したい」と書いたわけですが、やはり昨年も出産が無かったわけで、とうとうサンフェリシアン原生動物園はイレに見切りをつけたらしく、エサクバクの新しいパートナーとしてケベック水族館で飼育されていた15歳の雄のエディを二繁殖シーズンの出張ということでサンフェリシアン原生動物園に受け入れ、それと交換の形でイレがケベック水族館に移動することを3月12日付で正式に発表しました。実際の移動はもう2月に行われていたそうです。 この二繁殖シーズンの期限付きの交換はSSP (Species Survival Plan) によって承認を受けているそうです。
a0151913_4504870.jpg
エサクバク(右)とエディ(左) 
Photo(C)Zoo sauvage de Saint-Félicien

これは実に正しいやり方だと思います。 イヌクシュクをパートナーに7歳になったかならないかのうちに出産したエサクバクが、パートナーがイレに代った途端に出産さえしなくなってしまったわけですから、このペアの間での繁殖がなかったことの責任は全て雄のイレにあることは明白だからです。 イレをパートナーにして3回も出産がなかったわけですからイレをエサクバクのパートナーとし続けることにはもうあまり意味はないという考え方です。 そこで15歳の雄のエディがケベック水族館からサンフェリシアン原生動物園に2月12日に移動したわけですが、3月10日から同園内の非展示スペースでエサクバクと同居させてみると最初から非常に相性が良いそうで、その二頭の同居開始の日の様子をご覧いただくこととしましょう。 これは求愛行動 (Courtship Behavior) の段階ですが、その後にこの二頭はすでに繁殖行為があったそうです。



一方でケベック水族館に二繁殖シーズンの契約でサンフェリシアン原生動物園から移動したイレですが、現在5歳のタイガをこれからのパートナーとすることになるわけですが、同居開始は数週間あとになるそうです。 しかしどうでしょうか、イレの繁殖能力には疑問符が付いてしまったわけで、このタイガをパートナーとしての繁殖についてはその推移を注意深く見守りたいと考えます。

ともかく、3~4年で結果が出せないペアはこのように積極的にペアの組み替えを行うべきでしょう。 日本でもそういったことは例外ではないはずです。 ホッキョクグマの繁殖計画というのは、繁殖に成功すれば赤ちゃん見たさに来園者が増加するといったような人間の側の都合のためにあるわけではありません。 全ては彼らの尊厳のためにあるわけです。

(資料)
Gouv. du Québec (Communiqué de presse) (Mar.12 2015 - Aquarium du Québec et Zoo sauvage de Saint-Félicien - Du nouveau chez les ours blancs)
Le Journal de Montréal (Mar.12 2015 - Un échange de couples peu commun d'ours blancs pour favoriser la reproduction de l'espèce)
L'Étoile du Lac (Mar.12 2015 - Échange d’ours polaires entre le Zoo sauvage et l’Aquarium de Québec)

(過去関連投稿)
カナダでの飼育下期待の星、イヌクシュクの物語
カナダ・ケベック水族館のタイガ、次世代の繁殖への期待を担う
カナダ・ケベック州、サンフェリシアン原生動物園のエサクバク、展示場に復帰 ~ 本命の意外な失望結果
カナダ・ケベック州 サンフェリシアン原生動物園のエサクバクとイレのペアへの大きな期待
カナダ・ケペック州、サンフェリシアン原生動物園のエサクバク、早々と出産準備のための別区画に移る
「ホッキョクグマ飼育マニュアル(Care Manual)」よりの考察(10) ~ 出産に備えた雌の「隔離」とは?
カナダ・ケペック州、サンフェリシアン原生動物園のエサクバクの産室内の姿が公開 ~ スタッフの余裕
カナダ・サンフェリシアン原生動物園の産室内のエサクバク ~ ” Bonne nuit belle Aisaqvak !”
カナダ・ケベック州、サンフェリシアン原生動物園のエサクバク、「本命」の2年続きの失望結果
カナダ・ケベック州、サンフェリシアン原生動物園のエサクバクとイレのペアの繁殖への挑戦
カナダ・ケベック州、サンフェリシアン原生動物園でのイレの健康チェックトレーニング
今シーズンに出産の有無が注目される雌(2) ~ カナダ・サンフェリシアン原生動物園のエサクバク
「ホッキョクグマ飼育マニュアル(Care Manual)」よりの考察(6) ~ Courtship Behavior の位置付け
by polarbearmaniac | 2015-03-14 06:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アンデルマさん、お元気で! ..
at 2017-07-21 03:30
ペルミ動物園訪問六日目 ~ ..
at 2017-07-21 03:00
ユムカ(ミルカ)は果たして今..
at 2017-07-20 03:45
ペルミ動物園訪問五日目 ~ ..
at 2017-07-20 03:30
「アンデルマお婆ちゃん (バ..
at 2017-07-19 03:45
ペルミ動物園訪問四日目 ~ ..
at 2017-07-19 03:30
ロシア・ホッキョクグマ界の若..
at 2017-07-18 03:45
ペルミ動物園訪問三日目 ~ ..
at 2017-07-18 03:30
カナダ・ウィニペグのアシニボ..
at 2017-07-18 03:15
アンデルマとユムカ(ミルカ)..
at 2017-07-17 03:45

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin