街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・ノヴォシビルスク動物園のシルカの近況 ~ 「ヒガシアサヒカワ・アサヒカワドウブツエン...」

a0151913_274993.jpg
最近のシルカ Photo(C)Татяна Дулындина

ロシア・西シベリアのノヴォシビルスク動物園で一昨年12月11日にゲルダお母さんから誕生した雌のシルカが日本に移動することが決定している件については、すでに何度かご紹介しています。 このシルカが来日後にいったい日本のどの動物園で飼育されることになるのかについては考察を交えてすでに投稿しています。最近のシルカの様子を映像で見てみましょう。 先週土曜日の映像だそうです。



さて、このところロシア側からこのシルカの移動についての情報は流れてきませんが、それはつまりノヴォシビルスク動物園のシロ園長が貝のように口を閉じてしまっているからに相違ありません。 私もロシアの情報を詳しく調べているのですが、ここのところめぼしい情報が見つかりません。 ただし一つだけ小さな情報があります。 それは、シルカの仕向先は旭山動物園ではないということが確実だろうということです。 先日、旭山動物園にはノヴォシビルスク動物園からアムールヒョウが来園したのですが、日本到着の報道があってからノヴォシビルスク動物園はこの事実をマスコミに向けて公式発表したわけです。 その際にノヴォシビルスク動物園の広報の責任者はこのアムールヒョウの行先を ”Зоологический парк "Асахикава Хигаши-Асахикава" (ヒガシアサヒカワ・アサヒカワドウブツエン)とロシア語で不正確な発表をしているわけです。 仮にシルカが旭山動物園に行くのでしたら、すでに事前の交渉段階で広報責任者には正確な名前が頭に刻みつけられていておかしくないわけですが、こういった不正確な言い方でアムールヒョウの行先を発表しているということは、シルカの行先は旭山動物園ではないということを強く示唆していることとなります。 それからこれはあくまで伝聞情報ですがもっと決定的なことは、現地の記者の方が 「シルカの移動先も同じ動物園なのですか?」 と担当者に尋ねたところ言下にそれを否定する返事だったそうです。 しかしまあ旭山動物園にはシルカを入手しようという動機はないと私は思っていましたので、旭山動物園が候補から除外されてもシルカの移動先の謎の解明にはなりませんが...。

シルカが何日にノヴォシビルスクを出発するかという情報そのものを掴まえることはロシア側の情報をこれからも追い続けていけば間違いなく可能です。 しかしいったい日本のどこの動物園に行くかまではわからない可能性が大きいでしょう。 むしろシルカの日本到着のニュースが日本のマスコミによって先に報道され、そして初めてシルカがどこで飼育されるのかがわかるという可能性が大きいでしょう。 さて、また二つほどシルカの映像です。 やはり先週の土曜日のものだそうです。





昨年春、何故男鹿水族館は大手有名動物商を相手に訴訟まで提起したのでしょうか? 動物商はもともと穏便に返金を行う意思があったわけです。 つまり男鹿水族館は訴訟という形で裁判所という司法における絶対の存在を登場させてまでこの動物商との関係を完全に断ち切ろうとしたということです。 何故そこまでやる必要があったのでしょうか? しかもその大手動物商はモスクワ動物園からも一定の信頼を得ていたわけです。 札幌・円山動物園には今年になって「キャンディ」はもう存在していないようです。 公式ブログには今年に入って「キャンディ」 の「キ」 の字もありません。 今月中に何か国内での移動がありそうですね。 ノヴォシビルスク動物園は少数の会員向けにスマートフォンでのアプリを用いた情報を発信し、シルカの旅立ちの日が近いことを告げています。
*追記3月17日付けで札幌の円山動物園がキャンディの借受期間が一年間延長されたことを発表しています。 現在22歳のキャンディにデナリをパートナーとしてさらに繁殖に挑戦させたいという同園の意欲と現時点での彼女の帰還が必ずしも希求を伴うものではない豊橋の意向が一致したとみるべきでしょう。 このキャンディの札幌残留問題に関する私の考え方は 「来年2015年の国内ホッキョクグマ再配置案を考える -試案- ~ キャンディの札幌残留は何故問題なのか」 に述べた通りです。 シルカ飼育候補園としては本稿で述べた旭山動物園と並び円山動物園も除外となったことを意味していると考えます。)

(資料)
Новосибирский зоопарк (НОВОСТИ/Mar.4 2015 - Самке дальневосточного леопарда нашли пару в Японии)
Сиб.фм (Mar.3 2015 - Леопарда из новосибирского зоопарка отправили самолётом в Японию ради сохранения редкого вида)
НИА-Новосибирск (Mar.10 2015 - Зоопарк Нск: не упустите шанс увидеть Шилку до ее переезда в другой зоопарк)

(過去関連投稿)
ロシア、ノヴォシビルスク動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ ロッシーの双子兄弟が父親となる
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園で誕生の赤ちゃん、ゲルダお母さんと共に初めて戸外へ!
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園で戸外に登場したゲルダお母さんと赤ちゃんの追加画像
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃんの戸外映像 ~ ゲルダとクラーシンの幼年時代
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃんの戸外映像追加 ~ 絵になる親子
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園で誕生の赤ちゃんの性別は雌(メス)と判明
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園のゲルダお母さんと雌の赤ちゃんの週末
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園の雌の赤ちゃんの名前の公募始まる
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園の雌の赤ちゃんの近況  ~ 名前公募の一次募集が終了
ロシア、ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃんの選考候補名が決まる ~ なんと"ミユキ" (美雪)も候補に
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園の赤ちゃんの命名決定投票の中間結果が発表される
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園の雌の赤ちゃんの名前が 「シルカ」 に決定
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園の6歳のゲルダお母さんの育児に同園が高い評価を与える
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園のゲルダお母さんと娘のシルカの展示場にライブカメラ設置!
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園のライブカメラ映像に見るゲルダお母さんとシルカとの関係
ロシア・ノヴォシビルスク動物園のシルカの入手を狙う日本の動物園 ~ 売却金額は三千万円前後か?
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園のゲルダお母さんとシルカとの関係を探る ~ 映像分析は難解
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園のゲルダお母さんと娘のシルカのライブ映像が大人気
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園のゲルダ親子の展示場改修工事が終了 ~ 映像配信再開へ
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園のシルカの旅立ちの日近づく ~ 移動先は日本の動物園か?
ロシア・ノヴォシビルスク動物園のゲルダとシルカの母娘が本日突然永遠の別れ ~ ゲルダお母さんの動揺
ロシア・ノヴォシビルスク動物園で別離したゲルダお母さんと娘のシルカの近況 ~ 母娘共に依然として動揺
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園のゲルダとシルカの母娘をめぐってシロ園長の発言
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園で母親と別離したシルカの奇妙な常同行動への同園の解釈
ロシア、ノヴォシビルスク動物園でクラーシン(カイ)とゲルダの再会、同居開始の光景に割れる市民の意見
「ホッキョクグマ飼育マニュアル(Care Manual)」よりの考察(11) ~ 母子をいつ引き離すか
ロシア・西シベリア、ノヴォシビルスク動物園のシロ園長が批判する近年の欧米の 「三年サイクルの繁殖」
ロシア、ノヴォシビルスク動物園のシルカの今春来日が決定的! ~ 日本の動物園との契約の締結が完了
ロシア、ノヴォシビルスク動物園のシルカは3月に来日の模様 ~ 地元のファンのシルカへの熱い想い
ロシア、ノヴォシビルスク動物園がシルカの出発情報に職員に固い緘口令を敷く ~ 約一か月半後に来日
ロシア、ノヴォシビルスク動物園の 「国際ホッキョクグマの日」 のゲルダ、クラーシン、そしてシルカの姿
ロシア・ノヴォシビルスク動物園のシルカの来日後に彼女を飼育するのはどの動物園なのか? (上)
ロシア・ノヴォシビルスク動物園のシルカの来日後に彼女を飼育するのはどの動物園なのか? (下)
by polarbearmaniac | 2015-03-16 23:55 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-27 21:00
フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-03-26 22:00
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-25 21:00
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2017-03-25 13:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin