街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

札幌・円山動物園で誕生の赤ちゃん、生後88日が経過 ~ 注目すべきその性別

a0151913_15441686.jpg
(C)札幌市・円山動物園

札幌・円山動物園で昨年12月21日にララお母さんから誕生した赤ちゃんについて久しぶりに本日3月19日付けで公式ブログにその様子が紹介されました。 生後88日が経過しています。 円山動物園さんには本当に申し訳なく思うのですが写真をお借りし、若干補正を加えさせてもらいました。 どうか御容赦下さい。
a0151913_15502198.jpg
(C)札幌市・円山動物園

そうですねえ...今回の写真だけ見ると私には80%は雄(オス)に見えますが、この時期の室内での画像というのは極めて注意を要するわけで、天王寺動物園の飼育員さんが赤ちゃんを実際に近くで見て「いかつい顔」という印象だったにもかかわらず、フローラ(仮称)が戸外に登場してみると「いかつく」は見えなかったということがあったばかりです。 要するに室内の映像の印象は実際とはかなり異なる場合が多いということです。
a0151913_1554473.jpg
(C)札幌市・円山動物園

ちっと整理しておきますが、私の雌(メス)という予想はロシアの生物学者のイーゴリ・トゥマノフ氏の研究報告のデータが示すものです。 これについては「円山動物園のララの出産日、出産頭数、性別を過去のデータで予想する(後) ~ データが示すララの"女腹"」 をご参照下さい。 しかし一方で私はこの赤ちゃんは雄(オス)ではないかとも考えたことがあるわけで、それについては「札幌・円山動物園のララの産室・寝室内での行動への解釈私論 ~ 『未体験性別パターン』の赤ちゃんか?」 という投稿をご参照下さい。 産室内でのララお母さんの赤ちゃんに対する対応が今までとは異なるパターンを示しているということは、要するに雄(オス)一頭という彼女には今まで無かったパターンの赤ちゃんであることを示している可能性があるという意味からでした。

これは実におもしろいことになりました。 早くこの赤ちゃんをこの目で見たいものです。 私が赤ちゃんの性別にこだわる理由は、性別によって室内外における母親の赤ちゃんに対する「関与性」と「非関与性」の度合いに差があるのだという私の仮説が成立するかどうかという点に大きな興味を抱いているからです。 今年はこういったことで徹底的な問題意識とテーマを持って彼らと向き合っていきたいと考えているからです。

札幌の方には誠に申し訳ないのですが、札幌に月末の数日間、記録的な大雪が降ることを期待しています。

(資料)
円山動物園・公式ブログ (しろくま通信/Mar.19 2015 - 88日

(過去関連投稿)
札幌・円山動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ 「大本命」 ララの堂々たる出産
札幌・円山動物園のララ親子の産室内でのクリスマス
札幌・円山動物園がララの赤ちゃんの産室内での姿を初めて確認し公開 ~ ララお母さんの手慣れた育児
札幌・円山動物園のララに給餌再開 ~ 静かに「勝利宣言」を行った母親の見えざる育児技量の高さ
札幌・円山動物園のララの産室・寝室内での行動への解釈私論 ~ 「未体験性別パターン」 の赤ちゃんか?
札幌・円山動物園で誕生の赤ちゃんは順調に生後2ヶ月が経過 ~ 少量情報が故のララ親子の健勝振り
札幌・円山動物園で誕生の赤ちゃん、順調に生後71日が経過 ~ 今年世界最後の戸外初登場となるか
by polarbearmaniac | 2015-03-19 16:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

フランス・ミュルーズ動物園の..
at 2017-03-26 22:00
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-25 21:00
ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2017-03-25 13:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-03-19 20:30

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin