街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園のララ(ラーレ)が飼育展示場で負傷 ~ しばらく非展示の予定

a0151913_211524.jpg
ララ(ラーレ) Photo(C)Zoo am Meer Bremerhaven

一昨年12月16日に北ドイツのブレーマーハーフェン臨海動物園でヴァレスカお母さんから誕生した雌のララ(ラーレ)ですが、同園から彼女が飼育展示場で遊んでいた時に左前脚を負傷したために展示を一時中止するという発表が実は20日にされていました。 いったいどういう状態なのか少し心配していましたが本日同園がララ(ラーレ)の状態について発表を行いました。 それによりますと、ララ(ラーレ)の負傷が判明したのは18日のことだったようで翌日の19日に麻酔を使用してエックス線による骨と関節の検査を行ったところ、不幸中の幸い(Glück im Unglück) で左足の下部に小さな骨の断片剥離が見られた(“Lale hat zwar im unteren Teil ihres linken Unterarms ein kleines Knochenstückchen verschoben” をこう理解しておいてよいでしょうか? 要するに軽微な骨折ということでしょう。 正確な医学専門用語となると私には知識がありませんが) ものの、直ちに手術の必要はなく自然治癒にまかせるのは好ましいという診断となったそうで、同園は胸をなで下ろしているそうです。 ララ(ラーレ)は患部を固定してヴァレスカお母さんと共にしばらくはバックヤードで過ごすそうで非展示状態が続くことになるとのことです。

私はこの動物園の飼育展示場の様子には詳しくありませんが、おそらく岩の間に足でも挟んでしまったのでしょう。 飼育展示場が起伏に富んでいて変化があるのは素晴らしいことですが、やはりケガをする可能性も高くなるように思います。 ともあれ重大な負傷ではなく本当に良かったです。 ここで最近の2月のララ(ラーレ)とヴァレスカお母さんの様子を見てみましょう。



(資料)
Zoo am Meer Bremerhaven (Mar.20 2015 - Lale und Valeska sind zurzeit nicht auf der Außenanlage zu sehen)
(Mar.24 2015 - Was ist denn nur mit Lale los?)
Die Welt (Mar.24 2015 - Eisbär-Mädchen Lale bricht sich Vordertatze)

(過去関連投稿)
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生!
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園で誕生の赤ちゃん、順調に生後2週間が経過
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園の赤ちゃんへの思惑 ~ 赤ちゃんの集客力への評価は可能か?
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園の赤ちゃん、無事に生後一か月へ
ドイツにおける「動物園と政治」の対立 ~ ブレーマーハーフェン臨海動物園の赤ちゃん公開について意見対立
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園の赤ちゃんの生後36日目の映像が公開 ~ 成長過程の目安
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園の赤ちゃん、順調に生後43日目へ ~ 同園がFAQ を公表
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園の産室内のヴァレスカお母さんに魚と果物の差し入れ始まる
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園の赤ちゃんが冒険心を発揮し産室外へ一歩踏み出す
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園の赤ちゃんの性別は雌(メス)と判明 ~ 結果を率直に喜ぶ同園
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園で誕生の雌の赤ちゃん、ヴァレスカお母さんと共に産室の外へ
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園で誕生の雌の赤ちゃんの名前が「ララ (ラーレ/Lale)」 に決まる
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園で誕生の雌の赤ちゃんのララ(ラーレ)が水遊びを開始
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園の赤ちゃんのララ(ラーレ)がヴァレスカお母さんと共に遂に戸外へ
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園のヴァレスカお母さんと赤ちゃんのララ(ラーレ)の週末
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園のヴァレスカお母さんとララ(ラーレ)の復活祭休日の様子
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園のララ(ラーレ)の水遊びを許さないヴァレスカお母さん
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園、ヴァレスカお母さんの見事な水泳教室が開始
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園で雌の赤ちゃんララ(ラーレ) の命名式が開催される
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園の雌の赤ちゃんララ(ラーレ)が生後半年を無事に経過
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園の雌の赤ちゃんララ(ラーレ)に関する本が出版
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園のララ(ラーレ) の近況 ~ 入園者数の記録的な増加
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園のララ(ラーレ)の順調な成育 ~ 母親とのシーンの解釈
欧州がホッキョクグマの幼年・若年個体をプールする 「集中基地」 を計画 ~ 雌はオランダ、雄はイギリスへ
ドイツ・ブレーマーハーフェン臨海動物園のララ(ラーレ)の満一歳の誕生会が開催される
by polarbearmaniac | 2015-03-24 21:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ベルィ、謙虚さと「大陸的」な..
at 2017-07-23 05:00
快晴の土曜日、ペンザ動物園で..
at 2017-07-23 03:00
ペルミからモスクワ、そしてペ..
at 2017-07-22 04:30
アンデルマさん、お元気で! ..
at 2017-07-21 03:30
ペルミ動物園訪問六日目 ~ ..
at 2017-07-21 03:00
ユムカ(ミルカ)は果たして今..
at 2017-07-20 03:45
ペルミ動物園訪問五日目 ~ ..
at 2017-07-20 03:30
「アンデルマお婆ちゃん (バ..
at 2017-07-19 03:45
ペルミ動物園訪問四日目 ~ ..
at 2017-07-19 03:30
ロシア・ホッキョクグマ界の若..
at 2017-07-18 03:45

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin