街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

デンマーク・オールボー動物園のヴィクトリアがスコットランドのハイランド野生公園に到着

a0151913_23475423.jpg
ヴィクトリア Photo(C)Aalborg Zoo

イギリス北部スコットランドのキンクレイグ (Kincraig) にあるハイランド野生公園 (Highland Wildlife Park) に暮らす二頭の雄のホッキョクグマである6歳のウォーカーと7歳のアルクトスのパートナー探しは数年にもわたって難航してきたわけで、昨年もデンマーク・オールボー動物園のミラクがスコットランドに移動するだろうという話がハイランド野生公園の飼育責任者のダグラス・リチャードソン氏の口から出ていたわけですがそれは実現せずミラクは海を渡ってカナダのサンフェリシアン原生動物園に移動してしまいました(「スコットランドのハイランド野生公園へデンマーク・オールボー動物園のミラクが移動か?」)。 ところが昨日24日のスコットランドでの報道によりますと、なんとそのデンマーク・オールボー動物園よりミラクの母親の18歳の雌のヴィクトリアが昨日ハイランド野生公園に到着したことが報じられました。 オールボー動物園はヴィクトリアの移動を20日に発表し、先週末には特別給餌を行う「お別れ会」も開催されたそうで、シルカの出発日を秘密にしているノヴォシビルスク動物園とはかなり状況に違いがありますね。

このヴィクトリアはいわゆる「ロストック系」ですのでアルクトスとウォーカーの二頭の雄のうち「ロストック系」であるウォーカーではなくアルクトスとの間で繁殖が試みられる予定だそうです。 まあそれは当然でしょう。 ヴィクトリアの弟であるヴィクトルはウォーカーの父親ですのでヴィクトリアとウォーカーとの間での繁殖の挑戦は考えにくい話です。 当然このヴィクトリアはアルクトスとウォーカーとは仕切られた場所で飼育されるそうですが、5月一杯までの時期を見てヴィクトリアとアルクトスとの間で相性を見極めつつ同居を試みていくそうです。 ダグラス・リチャードソン氏はホッキョクグマの繁殖に力を入れる意欲をかねてから見せていたわけで、ようやくここに至って雌のホッキョクグマがハイランド野生公園にやってきたということになります。 ヴィクトリアは2008年12月に雌のミラクを出産しており育児経験がありますので確かに期待できるところではあります。 このハイランド野生公園ではまださらに一つの飼育展示場があり繁殖計画次第によっては他園からのホッキョクグマをさらに一頭受け入れる余裕があるそうです。

さて、こうなるとデンマークのオールボー動物園に残った雌のメーリクはロストック動物園から出張してくるラルスとの間で繁殖に挑戦することに専念するわけです。 やはりいつもながら欧州域内の繁殖目的でのホッキョクグマの移動はダイナミックだと思います。

(資料)
Herald Scotland (Mar.24 2015 - Hopes of next generation of polar bears in the Highlands)

(過去関連投稿)
南紀白浜アドベンチャーワールドのオホトのお母さんメルセデス(写真)は健在!
ホッキョクグマの健康管理 ~ スコットランドのメルセデス(南紀白浜AWSのミライの祖母)の体重測定
オランダのウォーカー、スコットランドへ! ~ 新しい繁殖基地への期待
スコットランド・ハイランド野生公園に到着したウォーカーがメルセデスと初顔合わせ
雪と寒波に御満悦な表情のホッキョクグマ ~ スコットランドのウォーカーとメルセデス
スコットランドのメルセデス、重い骨関節炎で病床に臥せる ~ 危惧される「安楽死」決定への可能性
スコットランドのメルセデス、とうとう安楽死が執行される!
メルセデス(1980 – 2011)、その生涯の軌跡
ドイツ・ハノーファー動物園のウィーン生まれの双子に別離の時来る ~ アルクトスがスコットランドへ
ドイツ・ハノーファー動物園のアルクトス、スコットランドに無事到着しウォーカーと初顔合わせ
スコットランドのハイランド野生公園、ウォーカーとアルクトスの親密な関係 ~ 雄2頭の同居成功
スコットランドのハイランド野生公園、ウォーカーとアルクトスの近況 ~ 雌の伴侶欠乏世代の個体たち
スコットランド・ハイランド野生公園のアルクトスが歯科治療を受ける
スコットランドのハイランド野生公園、ウォーカーとアルクトスのお誕生会 ~ 若年世代の雌不足に悩む欧州
スコットランドのハイランド野生公園におけるホッキョクグマ飼育場 ~ 「量」を軽視せぬ簡素な設計思想
スコットランドのハイランド野生公園に実現した「個体の幸福」、実現しない「繁殖の可能性」
デンマーク・オールボー動物園、DNA鑑定するも度重なる性別取り違え ~ ミラクは雌(メス)だった!
デンマーク・オールボー動物園でのヴィクトリア、マリク、ミラクの雌3頭の奇妙な同居生活 ~ 展望なき繁殖
スコットランドのハイランド野生公園へデンマーク・オールボー動物園のミラクが移動か?
スコットランドのハイランド野生公園のアルクトスとウォーカーの飼育場よりライブ映像配信が開始
スコットランドのハイランド野生公園のアルクトスとウォーカーの誕生祝い ~ 不確実なパートナー探し
by polarbearmaniac | 2015-03-25 00:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-10-24 01:00
フランス・アルザス地方、ミュ..
at 2017-10-23 00:30
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-10-22 00:30
アメリカ・シカゴ、リンカーン..
at 2017-10-21 13:30
ロシア・ペルミ動物園のミルカ..
at 2017-10-20 19:30
ロシア東北端・チュクチ半島の..
at 2017-10-19 20:00
いよいよ今年2017年のホッ..
at 2017-10-19 01:00
ドイツ・ロストック動物園が来..
at 2017-10-18 18:30
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-10-18 00:30
ベルリン動物公園がトーニャの..
at 2017-10-17 20:00

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag