街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

オランダ・ロッテルダム動物園が双子の赤ちゃんの性別判定のため引き続き「排尿シーン」の写真提供を求める

a0151913_18292098.jpg
オリンカお母さんと双子の赤ちゃん Photo(C)Diergaarde Blijdorp

オランダのロッテルダム動物園で昨年12月2日にオリンカお母さんから誕生した双子の赤ちゃんたちですが、先月ロッテルダム動物園はこの双子の性別判定のために来園者に排尿シーンを撮影した写真を提供してほしいとHPで呼び掛けていた件についてはすでにご紹介しています。 最近になって同園は、かなり多くの写真を来園者から入手しているものの、性別を判定するようなものがないことを明らかにし、引き続き来園者に協力を求めたい旨を述べています。 実はいろいろなことから感じ取れるのは、どうも多くの動物園で行っている、赤ちゃんを一時的に母親から引き離して目視によって性別を判定することを同園の担当者はやりたくないと強く考えているようです。 母親が必死になって抗議している中で泣き叫んで暴れる赤ちゃんたちを押さえつけてまで行うものではないという考えなのでしょう。 こういったところが良い意味でオランダ人らしいように思います。 私はこういう考え方にはむしろ共感を覚えます。 札幌やオールボーでのこういったシーンをご紹介したことがありますが、要するに赤ちゃんの泣き叫び方と暴れ方が尋常ではないからです。 ごく最近のこの双子の赤ちゃんの様子を映像で見てみましょう。 最初のものは4月5日、二番目のものは4月8日の映像です。 特に最初の映像は一般の来園者の方が撮影されたものですがロッテルダム動物園がこれを公式映像としてHPに採用したほどセンスがあって素晴らしい映像だと思います。





昨年ドイツのブレーマーハーフェン臨海動物園ではこの赤ちゃんの性別推定の一つの基準として排尿の方向というものをHPで説明していたわけですが、今回このロッテルダム動物園ではどうもこれをもって赤ちゃんの性別判定としたいという意向のようです。 そういう意味では、これは性別判定の一つの authorize されたやり方であると理解すべきでしょう。 排尿の方向が下の写真のように真下であれば雄、後方であれば雌ということになるわけです。
a0151913_18181129.jpg
排尿方向が真下であり雄とされた2010年誕生の雄のヴィックス 
Photo(C)Diergaarde Blijdorp

ただしどうでしょうか、こういった生後半年未満の赤ちゃんの排尿シーンというものを私は自分で見た記憶がありません。 大阪のフローラ(仮称)も札幌のオクタヴィアン(仮称)も排尿した場面を見ていません。 マルルとポロロの双子の時は見た記憶がありますが、あれは性別判定が終わったかなり後の時点だったように記憶しています。 そういった意味でも、このロッテルダム動物園の双子の赤ちゃんの排尿シーンを運良く撮影した写真は非常に稀だろうと思います。

性別判定ではなく性別推察を行う方法としては赤ちゃんの行動観察があるわけですが、これはモスクワ動物園の飼育員さんのように熟練と経験のある方ならばかなり当たるでしょう。 事実、2011年11月にシモーナの産んだ三つ子について戸外登場の初日の短い時間だけでモスクワ動物園の飼育員さんは完全に三つ子の赤ちゃんの性別を全て当ててしまった(後からの判定と完全に一致した)ということがありましたが、それは経験のなせる技でしょう。 私も近年はこれを試みているわけですが、いかんせん容易ではないことがわかります。 それから、赤ちゃんの局部が映っている写真や映像で何かが見えるのか見えないのかで性別の推察ができるということを考えていらっしゃる方がひょっとしているかもしれませんが、これは欧米やロシアでは性別判定の根拠どころか性別推察の根拠にも成り得ないとされており、事実そういった映像や写真を用いた議論や論考は全く存在していないということです。 ですから、赤ちゃんを母親から一時的に引き離して目視による性別判定(そしてDNA判定目的のサンプル採取)を行う以外の判定方法としては「排尿の方向」が唯一のものであるということになるわけです。 ただし先に申しましたようにこういった生後半年未満の幼年個体の排尿シーンはよほどのチャンスがないと見られないということも事実でしょう。

(*追記 - そういえば、確か釧路市動物園の雄とされていたツヨシの性別に疑問を抱いた同園の飼育員さんのその根拠の一つが、クルミとツヨシの排尿の方向が同じであるといったことではなかったでしょうか?)
(*追記2 - 以前私は「目視で雄と判定されたものの実は雌だったという例はいくつもあるが、その逆はない」ということを述べたのですが、欧州の某園の方によると実はこの例がかなり以前のイギリスでたった一つだけあるようです。)


(資料)
Diergaarde Blijdorp (Dierennieuws/Mar.21 2015 - Plasfoto's gezocht van de ijsbeertweeling)
Metro Holland (Apr.3 2015 - Blijdorp gist nog naar geslacht ijsbeertweeling)

(過去関連投稿)
オランダ・ロッテルダム動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生! ~ オリンカが貫録の出産
オランダ・ロッテルダム動物園の双子の赤ちゃんは順調に推移 ~ 産室内映像配信と研究プロジェクト支援
オランダ・ロッテルダム動物園の双子の赤ちゃんのライブ映像が人気 ~ オリンカお母さんの手堅い育児
オランダ・ロッテルダム動物園の双子の赤ちゃん、冒険心を発揮し始める ~ 余裕のオリンカお母さん
オランダ・ロッテルダム動物園の双子の赤ちゃんの産室内ライブ映像に日本からの関心の高さに驚く同園
オランダ・ロッテルダム動物園の双子の赤ちゃん、週末にはオリンカお母さんと共に戸外に登場の予定
オランダ・ロッテルダム動物園で誕生の双子の赤ちゃん、オリンカお母さんと共に戸外に初登場
オランダ・ロッテルダム動物園のオリンカお母さんの完璧な赤ちゃん監視体勢 ~ 自由を尊重のオランダ社会
オランダ・ロッテルダム動物園でオリンカお母さんが赤ちゃんに水泳教室開始 ~ 決して急がぬ巧みな誘導法
オランダ・ロッテルダム動物園の双子の赤ちゃんの順調な水泳教室と性別判定のための同園の奇妙な呼びかけ
オランダ・ロッテルダム動物園の双子の赤ちゃんの近況 ~ 広々とした環境と偉大なる母の存在
by polarbearmaniac | 2015-04-09 18:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア北東部サハ共和国で北極..
at 2017-09-23 22:00
ロシア・ペルミ動物園が間もな..
at 2017-09-23 00:30
大阪・天王寺動物園がゴーゴの..
at 2017-09-22 01:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-09-21 01:00
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-09-21 00:30
ピョートル(ロッシー)とクラ..
at 2017-09-20 06:00
ロシアのサーカス団の4頭のホ..
at 2017-09-20 00:30
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-09-19 01:15
ポーランド・ワルシャワ動物園..
at 2017-09-18 02:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-09-17 03:00

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag