街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

おびひろ動物園のイコロ、故郷である「北の大地」を去り帝都・東京へ ~ お披露目はGW以降との意向

a0151913_23225823.jpg
イコロ Photo(C)ANN

おびひろ動物園で飼育されていた6歳の雄のイコロが13日早朝におびひろ動物園を出発し新千歳空港から羽田に向かいました。 出発には上野動物園の飼育担当者及び円山動物園の展示担当者も立ち会われたそうです。 上野動物園サイドからはイコロの到着を伝える情報は発信されていないように思いますが(*追記  4月14日付けの「東京ズーネット」でイコロの13日夕刻の上野動物園の無事到着が報じられました)、念のために警視庁に確認してみましたらイコロが羽田に到着したと思われる時間帯から夜にかけて羽田から上野方面へ向かう首都高、及び一般道でトラックが巻き込まれた事故の情報の報告はないそうですので、イコロはすでに上野動物園に到着していることに間違いないと思います。 13日は上野動物園は休園の月曜日にあたっていますし、ましてやイコロの到着が予定されている夕方の時間以降には情報を発信する担当者がいないのだろうと思います。 (*追記2 - イコロの上野動物園到着後の写真が上野動物園より公開されましたので下にご紹介しておきます。)
a0151913_11525561.jpg
Photo(C)上野動物園

さて、去る11日(土曜日)のおびひろ動物園におけるイコロの限定公開の様子を報じるニュース映像がありますので、あらためて下にご紹介しておきます。 冒頭はCMです。 開始5秒後にskipをクリックして下さい。


帯広・ホッキョクグマ「イコロ」とお別れ 投稿者 samthavasa

さらに本日13日早朝のイコロの出発を報じるニュース映像も御紹介しておきます。



上野動物園の意向としてイコロのお披露目は早くてもGW以降だと報じられています。

それから、上野動物園でこのイコロのパートナーとなるデアですが、北海道に暮らす雌のホッキョクグマたち(ララファミリー + サツキ + キャンディ + ミルク) とは相当に肌合いの異なるホッキョクグマです。 父親と同居した経験さえあり、そして「才女」であり機知に富んでいますし都会的な洗練さに満ちています。 大阪のシルカとも全くタイプが異なります。 デアとイコロの同居開始はイコロのお披露目のスケジュールから考えると今春は難しいと思いますし多分今年の晩秋以降からとなるのではないでしょうか。 真面目で朴訥なイコロは最初はデアにかなり戸惑うかもしれませんが、じっくりと落ち着いて対処してほしいと思います。 二頭が非常に異質であるか故に、逆に素晴らしいペアとなるだろうと期待しています。 デアのお披露目の日の映像を再度ご紹介しておきます。


上野動物園で伊から来たホッキョクグマが一般公開 投稿者 samthavasa

(資料)
十勝毎日新聞 (Apr.13 2015 - 「イコロ」旅立つ ファン見送り 上野動物園へ

(過去関連投稿)
イタリアよりデアが元気に上野動物園に到着
上野動物園がイタリアのマスコミ取材に対して、デアのパートナーに雄の若年個体導入の意向を語る
久方振りの上野動物園でデアとの対面 ~ 姉に瓜二つのラテン的美女の将来のパートナーは?
盛夏の上野動物園、日曜日午後のデアの姿
花の季節の到来した上野、女神デアの日曜日 ~ 「知性」から「象徴的存在」への真直ぐな階段
上野動物園の女神デア、その神性の宿るところ ~ 父親との同居成功という稀有の体験が語るもの
梅雨の合間の女神デアに会い彼女のパートナー候補を考える ~ イコロ、キロルの線はすでに消えた?
晩秋の晴天下に女神デアは何を想う? ~ 牙を剥いた「不気味な力」の前に苦境となった(?)上野動物園
女神デアのパートナー問題の推移や如何 ~ 候補はイコロかキロルかイョシか?
イタリアのマスコミ取材に対しイコロとデアのペア実現にかなりの自信を示していた2年前の上野動物園
若きイコロ、「その機は熟したり」 と考えるべきか?
晩秋の上野動物園、デアの表情 ~ 同園の方針転換 (?) で浮上する3頭の有力パートナー候補を考える
女神デア、ブイとポリタンクの日曜日 ~ 「ラテン的気質」 の克服による安定した情緒が若さと結合
おびひろ動物園のイコロが遂に恩賜上野動物園へ! ~ イコロ、日本の首都・東京で繁殖の檜舞台へ
おびひろ動物園のイコロの旅立ちの日が迫る
by polarbearmaniac | 2015-04-13 23:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ウクライナ・ムィコラーイウ動..
at 2017-03-25 13:00
ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-03-19 20:30
チェコ・ブルノ動物園の「国際..
at 2017-03-19 00:30
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-18 11:00

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin