街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

神戸・王子動物園のアイス、星の彼方へ ~ みゆきとの異彩の名ペアを組んだ名ホッキョクグマの死

a0151913_126884.jpg
アイス (2012年4月20日撮影 於 神戸、王子動物園)

神戸の王子動物園が園内で来園者向けに限定的に告知した掲示を直接ご覧になられた方から、さらに情報を得た別の方からの二次情報によりますと、同園で飼育されていた24歳の雄のホッキョクグマであるアイスが本日21日朝に死亡していることが確認されたということです。 死因は調査中とのことです。(*21日午後6時現在、まだ同園からは公式発表がないようですが、死亡が疑いのない事実であることが確認できましたので本投稿を行っています。)(*追記 - 22日午後に王子動物園より正式発表がありました。)
a0151913_127313.jpg
アイスとみゆき (2012年4月20日撮影 於 神戸、王子動物園)

アイスは1990年12月18日に釧路市動物園で三つ子の一頭(うち一頭は死亡、もう一頭は東山動物園のオーロラ)として生まれ1991年の11月より王子動物園で飼育されてきました。 男鹿水族館のクルミの兄にあたるわけです。 このアイスとそして雌のみゆき、私に言わせれば日本の動物園におけるホッキョクグマのペアとしては札幌のララとデナリのペアと双璧の名ペアであったと思います。 というよりも日本の動物園には真の意味での「ペア」はデナリ/ララ、アイス/みゆき、これだけであるという感じさえしたわけです。 その理由は「異彩を放つ永遠の名ペア、神戸・王子動物園のアイスとみゆきの午後」という投稿で述べた通りです。
a0151913_12111971.jpg
アイス (2012年4月20日撮影 於 神戸、王子動物園)

アイスの体調があまり良くないらしいということは聞いていましたが、その彼の最近の状態を聞くにつれ、今年の夏を乗り切ることができるか心配していました。 これは憶測ですが、伝え聞く様子から、おそらく彼は癌に冒されていたのではないかという感じがしました。 三年前のアイスへの氷のプレゼントの映像を見てみましょう。



(*追記 - 4年前のものもありましたので下に張り付けておきます。)



謹んでアイスの冥福を祈ります。 本当に今までご苦労様でした。

(追記資料)
王子動物園 (最新ニュース - ホッキョクグマ「アイス」死亡/May.22 2015)
神戸新聞 (May.22 2015 - ホッキョクグマ「アイス」死ぬ 王子動物園の人気者 神戸


(過去関連投稿)
アイス三態
アイスとみゆきって本当は仲が良いのか悪いのか...
異彩を放つ永遠の名ペア、神戸・王子動物園のアイスとみゆきの午後
by polarbearmaniac | 2015-05-21 18:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-06-26 23:50
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-06-25 22:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-06-24 23:30
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-06-23 23:00
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-06-22 23:00
ロシア・中部シベリアに記録的..
at 2017-06-21 18:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-06-20 23:50
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-06-19 22:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-06-19 20:30
モスクワ動物園・ヴォロコラム..
at 2017-06-18 21:00

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin