街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

モスクワ動物園のホッキョクグマ飼育展示場から、遂に待望のライブ映像配信が開始!

a0151913_21402029.jpg
シモーナ (2013年10月4日撮影 於 モスクワ動物園)

ロシア最大の石油会社であるロスネフチ社の援助によって遂にモスクワ動物園のホッキョクグマのメインの飼育展示場よりのライブ映像配信が行われることになりました。 こちらをクリックして下さい。   (*注 - スタートをクリックしてから実際に映像が現れるまでかなり時間がかかる場合もあります。) 全画面表示をお奨めします。 日本とモスクワの時差は6時間で、日本時間マイナス6時間が現地の時間です。今日の月曜日は本来はモスクワ動物園は休園日だったはずですのでホッキョクグマたちは常時戸外に出ているというわけではないようで、その姿はまだ見えません。 (*追記 - 25日、日本時間の午後10時現在、シモーナお母さんと昨年11月に誕生した双子の赤ちゃんの姿が見えました! やはりこのライブ映像、手前側に死角があるのが難点になりそうですね。) 今回のライブカメラの映像は角度から言いますと以下の映像のもっと上からの角度となるわけですが、手前側に死角がかなりあるのは、やはりしょうがないですね。

シモーナお母さんと三つ子ちゃん (2012年9月20日撮影)

正面の角度からですと以下のような感じになります。

シモーナお母さんと三つ子ちゃん (2012年9月20日撮影)

このメインの展示場ではシモーナお母さんが双子の赤ちゃんの育児を行っている場所ですので、その様子を日本で見ることができるというのは素晴らしいことです。 モスクワ動物園にはこの隣にもう一つの飼育展示場がありますが、赤ちゃんたちが非常に小さい時にはそちらの展示場で公開されているのですが、もう5月ですのでもうこのメインの広い展示場でシモーナ親子の展示が行われているはずです。明日の火曜日の夕方あたりからこのシモーナ親子の姿が見られるはずです。 あるいはウランゲリとムルマの今年の同居が終わっていなければこの二頭が見えるかもしれません。 (*追記2 - 今日25日の日本時間の午後10時から11時45分頃までずっとこのシモーナ親子のライブ映像を見ていましたが、とにかくシモーナという母親の別格の素晴らしさを今更ながら見せ付けられました。安定感があって大らかでドッシリと構え、そして赤ちゃんたちの動きをそれとなく見ています。赤ちゃんたちがお母さんからかなり離れた場所で水に入ると、シモーナお母さんは青いポリタンクを口に咥えて大袈裟な仕草でポリタンクを水に投げ入れようという動作を行います。そういった派手なお母さんの姿に遠くで気が付いた赤ちゃんたちは大急ぎでお母さんのそばに泳いでいきます。 要するにシモーナは、赤ちゃんたちが遠くに行き過ぎたと思うときには「こっちへ戻りなさい」などということをChuffing で表現するなどということはしないわけです。 母親自らがおもちゃで遊ぼうという動作を見せれば赤ちゃんたちは興味を持って自然に戻ってくるわけです。 命令せずとも赤ちゃんたちを自分の近くに引きつける術というわけです。 実に巧みなやり方ですね。 シモーナは「母親の権威」を振りかざさなくても子供たちを従わせる術を心得ているということです。その他にもいろいろと素晴らしいシーンがありました。 "Simona as No.1 Mother" これは全く揺るがないように思いました。 )

(資料)
Московский зоопарк (Жизнь белых медведей в прямом эфире)
Район Коптево(May.25 2015 - За жизнью белых медведей в Москве можно следить онлайн)
Газета Вечерняя Москва - главные новости Москвы (May.25 2015 - Наблюдать за жизнью белых медведей в Московском зоопарке можно онлайн)

(過去関連投稿)
理性のウスラーダと情愛のシモーナ ~ 偉大なるホッキョクグマ母娘の性格の違い
モスクワ動物園のシモーナ、過去の映像に見るその母親像の 「絶対的」 かつ 「不動」 の存在の安定感
モスクワ動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ 出産はシモーナが濃厚、ムルマも出産したか?
モスクワ動物園で誕生の双子の赤ちゃんが戸外へ初登場! ~ 「大本命」シモーナの貫録
モスクワ動物園のシモーナ親子のお披露目の日の姿 ~ シモーナの貫録と安定感、そして大らかさ
モスクワ動物園の飼育主任エゴロフ氏の語るシモーナとムルマ ~ 幼年個体の単純売却は行わない方針へ
モスクワ動物園のシモーナお母さんと双子の赤ちゃんの近況 ~ 同園の自然体の姿勢
by polarbearmaniac | 2015-05-25 21:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-27 11:00
ロシア極東・沿海州、ハバロフ..
at 2017-04-27 00:30
チェコ・ブルノ動物園の一歳半..
at 2017-04-26 00:30
ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30
ベルリン動物公園で死亡した赤..
at 2017-04-22 01:00
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-04-22 00:30
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-21 12:00

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin