街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

中国・黒龍江省、哈爾濱 (ハルビン) 市の哈爾濱極地館のベーリングとマリーギンの健康チェック

a0151913_1154824.jpg
Photo(C)新华网

中国の旧満州、黒龍江省の哈爾濱 (ハルビン) 市の哈爾濱極地館で暮らしているのはロシア・サンクトペテルブルクのレニングラード動物園であの偉大な母であるウスラーダから2002年11月に三つ子として誕生した雄のベーリングとマリーギンであることはすでに何度か投稿しています。彼らは仙台のカイや静岡のロッシー(ピョートル)の兄にあたるわけですが、もうすでに12歳になっているもののパートナーが与えられることもないまま、まあともかく元気に暮らしています。この二頭について詳しくは是非「中国の哈爾濱(ハルビン)極地館で暮らすベーリングとマリーギンの近況 ~ 『偉大なる母』の悲しき息子たち」という投稿をご参照下さい。
a0151913_1162831.jpg
]Photo(C)新华网

この哈爾濱極地館ではなかなかこの二頭を大事に飼育しているようで、毎日トレーニングを兼ねた健康診断が行われているそうです。特に変わっていると思われるのは彼ら二頭の「口腔体温」を測定していることで、これが一体何の意味があるのかはよくわかりません。その微妙な変化によって何か健康上お問題が発見できるのかもしれませんがあまり聞かない話です。トレーナーも毎日が緊張の連続だそうで、ちょっとした不注意によって彼らに噛まれてしまうという危険を常に感じながらの毎日の仕事だそうです。
a0151913_1163965.jpg
]Photo(C)新华网

ここで下にこの二頭への健康チェック訓練の様子を報じるTVニュースがありますのでご紹介しておきます。



まあそうやって彼らの健康チェックを行ってくれることはよいことですが、いかんせん場所が中国ですから彼らが将来繁殖のパートナーを得ると言うことは至難の技でしょう。

(資料)
人民网 (Jul.30 2015 - 哈尔滨北极熊驯养师 每天与大块头零距离相处)
凤凰网 (Jul.30 2015 - 不要被卖萌的北极熊欺骗!这货体重半吨凶过狮虎)

(過去関連投稿)
中国・黒龍江省、哈爾濱極地館のホッキョクグマたち ~ ブラックホールの内側の謎
中国・黒龍江省、哈爾濱極地館のホッキョクグマ、河徳の眼科治療
ロシア・シベリア中部のクラスノヤルスク動物園のセードフ司令官の10歳のお誕生会 ~ 行方不明の兄弟たち
中国・黒龍江省、哈爾濱 (ハルビン) 極地館で暮らすベーリングとマリーギン ~ ついに所在が判明する
中国・黒龍江省の哈爾濱 (ハルビン) 極地館、雄の飼育個体の血統を偽ってまで行うパートナーの雌探し
ロシア・黒海沿岸、ゲレンジークのサファリパークで暮らすセードフ司令官とサーカス出身のラパの近況
ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園の女帝ウスラーダの15頭の子供たちの姿
最近のロシアとオランダでの三つ子の出産例 ~ ウスラーダとフギースの健闘
21世紀に入って飼育下で誕生した三つ子の赤ちゃんを映像で振り返る ~ 三つ子誕生・成育の確率は約4%
中国の哈爾濱(ハルビン)極地館で暮らすベーリングとマリーギンの近況 ~ 「偉大なる母」の悲しき息子たち
by polarbearmaniac | 2015-08-04 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

気ままに歩くオールボー旧市街..
at 2017-07-28 05:00
モスクワからコペンハーゲン、..
at 2017-07-28 03:00
ノヴォデヴィチ墓地 (Нов..
at 2017-07-27 05:30
モスクワ、ノヴォデヴィチ修道..
at 2017-07-27 05:00
モスクワのクドリンスカヤから..
at 2017-07-26 05:40
モスクワの「チェーホフの家博..
at 2017-07-26 05:30
ムルマ (Белая мед..
at 2017-07-26 05:20
スネジンカ (Белая м..
at 2017-07-26 05:10
二年振りに訪問のモスクワ動物..
at 2017-07-26 05:00
夜も更けたアルバート通りを歩..
at 2017-07-25 05:45

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin