街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

大阪・天王寺動物園のバフィンの視力に生じた障害に抗生物質投与が開始される

a0151913_3293233.jpg
バフィン (2015年8月28日撮影)

大阪・天王寺動物園のバフィンの視力に重大な問題が生じている件については先日の8月28,28日の訪問記である「居残った夏の金曜日、バフィン親子の姿 ~ バフィンの視力に生じた重大な懸念」、及び「一息ついた大阪の猛暑で『帰宅拒否』したバフィン親子 ~『夜の動物園』のフラッシュが視力悪化の原因か?」をご参照下さい。同園のスタッフの方の30日付のブログを拝見しますと、バフィンお母さんの「帰宅拒否」はさらに続いていて現在に至っているそうです。やはり視力の悪化(「目の炎症」と書かれていますが)との関係が指摘されており、バフィンお母さんに抗生物質の投与が始まったそうです。おそらく海外の例でもあるように直接、至近距離から眼に抗生物質を噴射するという方法が採用されているのではないかと考えられますが投与方法の詳細については触れられていません。早速治療が開始されたことは大いに歓迎すべきことだと思います。
a0151913_3304361.jpg
バフィン (2015年8月29日撮影)

眼の炎症ということであるならば抗生物質の投与は間違いなく、かなりの効果があると期待できます。とにかく段差の非常に多い同園の飼育展示場では、視力に問題が生じた場合に個体への影響が大きく、動き回れないためにストレスを過大に感じることは間違いないと思われます。モモも母親の異変に気が付いたようで日曜日の段階で少し元気が無くなっているようです。少なくとも土曜日にはモモは普通にはしゃぎまわっていたように私には見えましたが、やはりここにきて「お母さんが何かおかしい」と感じたようです。バフィンお母さんの今後の経過についても是非ともスタッフの方のブログで明らかにしてほしいと思います。

(資料)
天王寺動物園スタッフブログ (Aug.30 2015 - 「バフィンの現状」

(過去関連投稿)
居残った夏の金曜日、バフィン親子の姿 ~ バフィンの視力に生じた重大な懸念
一息ついた大阪の猛暑で「帰宅拒否」したバフィン親子 ~ 「夜の動物園」のフラッシュが視力悪化の原因か?
by polarbearmaniac | 2015-08-31 00:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-10-18 00:30
ベルリン動物公園がトーニャの..
at 2017-10-17 20:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-10-17 00:30
モスクワ動物園 ヴォロコラム..
at 2017-10-16 18:00
オランダ・エメン動物園で成功..
at 2017-10-15 18:00
ロシア極東・ハバロフスク動物..
at 2017-10-14 22:00
ロシア・ロストフ動物園のコメ..
at 2017-10-13 20:00
モスクワ動物園 ヴォロコラム..
at 2017-10-12 18:57
アメリカ・ソルトレイクシティ..
at 2017-10-11 14:00
オランダ・レネン、アウヴェハ..
at 2017-10-11 01:30

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag