街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

カナダ北部バフィン島のイカルイトの街に出没するホッキョクグマたち ~ 自然保護官の安易な選択

a0151913_045785.jpg
イカルイトの街に出没したホッキョクグマ Photo(C)CBC

カナダ北部ヌナブト準州のバフィン島南部にある人口6千人ほどの街であるイカルイト(Iqaluit)には今年の7月頃からホッキョクグマが出現していました。
a0151913_0391838.jpg
まず7月13日の朝にこの街付近のキャンプ場付近で一頭のホッキョクグマが目撃されたためこの街の自然保護官が街とは反対方向の川の方向へとこのホッキョクグマに威嚇弾(“Scaring Cartridge”をこう呼んでおきます)を発射して追い払い、さらにそのホッキョクグマを追跡して街の方向には戻らないことを確認したそうです。

ところがその翌日の火曜日の早朝もまだ早い時間にこの街の民家近くでホッキョクグマの姿の目撃情報何件か寄せられたため複数の自然保護官が出動してホッキョクグマを発見したわけですが、そのホッキョクグマが自然保護官の一人に6メートルほどの距離まで迫ってきたために身の危険を感じた自然保護官がそのホッキョクグマを射殺したそうです。この射殺されたホッキョクグマが前日のホッキョクグマと同じ個体なのかどうかはカナダ放送協会(CBC)の報道では別の個体であることが示唆されていますが、同じだという地元の別の報道もあります。さて、この自然保護官のとった射殺といった処置については「追い払えたはずだ」という批判もかなりあったそうです。

さて、それからなんと二日後の木曜日にまたホッキョクグマが街に現れ、比較的人家の多い場所に姿を見せたそうです、多くの住人がその姿を目撃し、自然保護官は町の住民に対して「決して家から出ないように」と呼びかけ、ホッキョクグマに対する警戒態勢を強めました。そしてホッキョクグマを探したものの、どうしたわけかなかなか発見できないまま時間が過ぎていったようです。今度のホッキョクグマはいつの間にか街から姿を消したようですが、また戻ってくる可能性が大きいと判断した自然保護官の警戒態勢は継続されたようです。
a0151913_054168.jpg
Photo(C)CBC

さて、それから二か月以上が経過した昨日になって自然保護官はまた街に姿を見せた一頭のホキョクグマを射殺したというニュースが入ってきました。今回射殺された個体が7月に一度街に出現した個体と同じなのかについては報じられておらず、また射殺に至った具体的な状況も明らかではありません。ともかく7月以降に四頭のホッキョクグマの姿が確認され、そのうち三頭は街を徘徊し、そしてそのうち二頭が射殺されたという事実がこの街でのホッキョクグマ出現を継続して報じているカナダ放送協会(CBC)の報道では読み取れます。

しかしこのイカルイトの自然保護官はマニトバ州あたりの自然保護官と比較するとやり方が荒っぽいといいますか稚拙な印象を与えます。ネット上で批判が出てくるのも無理からぬところのような気がします。「最後の手段」というものが比較的最初から自然保護官の頭の中にあるのではないでしょうか。これと比較すると昨日投稿したロシアのネネツ自治管区の例などは非常に悠長と言う感じを持ちます。「追い払ってもどうせまた必ず戻ってくる」という考え方をロシア人はあまりしないようですが、カナダではそれが非常に先鋭的に意識され過ぎている感じもします。また、狩猟枠のある国(カナダ)と認めない国(ロシア)では「最終手段」という意識に違いがあるのだという考え方もできるかもしれません。

このイカルイトの街近くで撮影されたホッキョクグマの映像をご紹介しておきますが、これが今回の一連の事件とは関係のない映像です。



(資料)
CBC.ca
(Jul.13 2015 - Iqaluit conservation officers chase polar bear away from city)
(Jul.14 2015 - Advancing Iqaluit polar bear fatally shot by wildlife officer)
(Jul.16 2015 - In Iqaluit, another polar bear spotted, this time in town)
(Jul.17 2015 - Polar bear wanders into Iqaluit, sparks social media frenzy)
(Jul.20 2015 - Polar bear who visited Iqaluit last week still at large)
(Sep.15 2015 - Wildlife officers kill polar bear near Federal Road in Iqaluit)

(過去関連投稿)
カナダ北部、ヌナブト準州の村落近くでホッキョクグマ親子3頭が射殺される ~ 経験と科学の相克
ワシントン条約(CITES)第16回締結国会議とホッキョクグマの保護について ~ 賛成できぬWWFの見解
カナダ北部・ヌナブト準州のアーヴィアト村落で試みられた「ホッキョクグマとの衝突軽減計画」が大きな成果
温暖化による海氷面積減少にも影響を受けず生息数が減らないチュクチ海地域のホッキョクグマたちの謎
カナダ北部・ヌナブト準州のアーヴィアト村落に現れるホッキョクグマたち
カナダ北部・ヌナブト準州のアーヴィアト村落が増大するホッキョクグマの来訪に手を焼き新方法を考案
カナダ北部・ヌナブト準州、アーヴィアト村落のハロウィン行事はホッキョクグマを避け屋内で行うことが決定
by polarbearmaniac | 2015-09-17 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30
ベルリン動物公園で死亡した赤..
at 2017-04-22 01:00
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-04-22 00:30
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-21 12:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-20 15:00
ロシア・サハ共和国、ヤクーツ..
at 2017-04-20 14:30
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-20 01:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-19 15:00
アメリカ・サンディエゴ、シー..
at 2017-04-19 12:00
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-04-18 16:00

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin