街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

カナダ・トロント動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ 母親の母乳が出ずに人工哺育へ

a0151913_22552437.jpg
Photo(C)Toronto Zoo

カナダのトロント動物園から発表がありました。同園で飼育されている推定15歳の野生出身の雌のホッキョクグマであるオーロラが今月11日の夜に双子の赤ちゃんを出産したそうです。そのうち一頭は生後24時間を経過しないうちに死亡し、残る一頭については同園内の「野生動物健康センター(The Wildlife Health Centre)」の集中治療室(ICU)に移され24時間体制で人工哺育が行われているそうですが、トロント動物園の主任獣医のダットン医師によれば、赤ちゃんは集中治療室での措置にうまく対応して今のところは元気な状態だそうです。 (*追記 - 以下はTVニュースです。冒頭はCMです。)



オーロラは出産後は母性本能をよく発揮して産んだ赤ちゃんたちの面倒をよく見ていたそうで赤ちゃんたちもオーロラお母さんの授乳を受けようという態度を見せていたそうですが、肝心のオーロラお母さんは母乳が全く出ない様子だったそうです。そうしているうちに一頭が亡くなってしまい、同園のスタッフと獣医さんはオーロラお母さんを麻酔にかけて状態をチェックすると同時に生き残っている一頭の赤ちゃんを集中治療室に移したという経緯だそうです。
a0151913_23531588.jpg
オーロラお母さん Photo(C)Toronto Zoo

このオーロラお母さんというのは以前からいろいろと問題のある母親で、それは過去関連投稿をご参照頂きたいのですが、2010年に彼女は最初の出産を行い三つ子を出産したものの全て虐体を含む食害という形で赤ちゃんは死亡、続く翌年2011年10月には三つ子の赤ちゃんを出産したものの一頭を殺してしまい残る二頭は育児放棄して、そのうち一頭は死亡、残る最後の一頭は人工哺育に切り替えられましたが、それが現在アシニボイン公園動物園で暮らす雄のハドソンです。2012年にも三つ子を出産しましたが全頭死亡しています。この時はオーロラお母さんは一応授乳は行っていたそうです。2013年にもやはりまた三つ子を出産し、この時も授乳は行ったそうですが二頭は生後48時間経過しないうちに死亡、残る一頭は人工哺育に切り替えられました。これがやはり現在アシニボイン公園動物園で暮らす雄のハンフリーです。今回に関しては2012年、2013年には可能であった授乳について、やはり行いはしたものの母乳が出ていないという状態だったということは、やはりオーロラお母さんにはいろいろと問題があるというわけです。

トロント動物園は過去のハドソンとハンフリーに対する人工哺育の経験があって、ホッキョクグマの人工哺育に関しては世界トップレベルの動物園であることは間違いありません。しかしとうとう三度目の人工哺育というわけですから同園としてもやや複雑な気持ちではないでしょうか。

それにしても父親である雄のイヌクシュクは偉大であると言えましょう。過去に四度もオーロラに三つ子を出産させ、そして今回は双子を出産させたわけです。そしてその前の2009年11月にはサンフェリシアン原生動物園でエサクバクにタイガとガヌークの双子を出産させています。やはりイヌクシュクはロシアのメンシコフウランゲリ、ドイツのフェリックス、オランダのヴィクトル(現在はイギリスに居住)などと並ぶ超一流の繁殖能力を誇る雄のホッキョクグマなのです。

(資料)
Toronto Zoo (Press Release /Nov.19 2015 - Toronto Zoo Staff Working to Save Surviving Polar Bear Cub)
CBC (Nov.20 2015 - Polar bear cub in intensive care after sibling dies)
Toronto Star (Nov.20 2015 - Newborn polar bear cub in intensive care at Toronto Zoo)
CTV News (Nov.20 2015 - Toronto Zoo's polar bear cub in ICU)

(過去関連投稿)
カナダ・トロント動物園のオーロラとニキータの物語 ~ 双子姉妹と繁殖との関係
カナダ・トロント動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ 今シーズン最初の出産ニュース
カナダ ・ トロント動物園でホッキョクグマの三つ子の赤ちゃんが誕生するも全頭死亡!
カナダ・トロント動物園でホッキョクグマの三つ子の赤ちゃん誕生! ~ 2頭は死亡するも1頭が生存
カナダ・トロント動物園に戻ったイヌクシュクのさらなる挑戦 ~ 優秀な雄の最後の課題は相性の克服
カナダ・トロント動物園の施設 “Tundra Trek” の充実とオーロラ、ニキータ双子姉妹の繁殖への期待
今シーズンに出産の有無が注目される雌(1) ~ カナダ・トロント動物園のオーロラとニキータの双子姉妹
by polarbearmaniac | 2015-11-20 23:15 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-08-22 17:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-08-21 01:30
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-08-20 15:00
ロシア・ヴォルガ川流域のペン..
at 2017-08-19 02:00
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-08-18 02:00
ロシアのクラスノヤルスク環境..
at 2017-08-17 01:30
チェコ・プラハ動物園のホッキ..
at 2017-08-16 01:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-08-15 01:30
ロシア・ウラル地方、エカテリ..
at 2017-08-14 01:30
大阪・天王寺動物園のシルカ ..
at 2017-08-13 01:30

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin