街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園のアキアクとスラに一歳の誕生祝いのプレゼント

a0151913_21235652.jpg
Photo(C)Ouwehands Dierenpark Rhenen

欧州におけるホッキョクグマ繁殖の重要な基地であるオランダ・レネンのアウヴェハンス動物園でフリーダムお母さんから昨年の11月22日に誕生した雄のアキアク(Akiak)と雌のスラ(Sura)について同園ではその誕生日である日曜日にエンリッチメントの目的を兼ねた一歳のお誕生祝の氷のケーキのプレゼントがありました。それを報じるTVニュース、そして同園の公式の映像を御紹介しておきます。



De 1-jarige ijsbeertweeling in actie!

Posted by Ouwehands Dierenpark Rhenen on 2015年11月23日


このフリーダムという間もなく14歳になるホッキョクグマは実に素晴らしい母親です。私は2011年5月と2012年3月に彼女のシークーとセシの双子の育児、及び今年の5月に今回のアキアクとスラの二頭の育児と、二度にわたって彼女が子供たちにどう接するかを注意深く見る機会があったのですが、子供たちへの確かな目配りというものにはすっかり感心してしまいました。このフリーダムは本質的には非常に神経質な性格のホッキョクグマだと思いましたが、そういう性格であるが故に子供たちに対する注意力が維持されているわけで、そのバランスも絶妙なものがあると思いました。2011年よりも今年のほうが非常に練れた育児の姿勢が感じられ、子供たちを自分の監視下においてはいるものの、その自主性を尊重する態度も随所に感じられ、フリーダムは一段とスケールの大きさが増した母親となったように感じたものです。欧州のホッキョクグマファンの方々にとっては、このフリーダムよりもやはりこの動物園で飼育されているフギースのほうが母親としての評価が高いようです。このフギースというのはフリーダムの母親でもあり、その育児も私は実際に見ていますが私の見たところフリーダム同様に非常に神経質なホッキョクグマだと思いました。まあ評価は人それぞれですが、私にはフリーダムの方がフギースよりも母親としての包容力があるように見えます。
a0151913_21471150.jpg
フリーダム (Freedom the Polar Bear)
(2012年3月23日撮影 於 オランダ、アウヴェハンス動物園)
a0151913_21482783.jpg
フギース (Huggies the Polar Bear)
(2012年3月23日撮影 於 オランダ、アウヴェハンス動物園)

今回のアキアクとスラへの誕生祝いのプレゼントの様子を見ていると、アウヴェハンス動物園の担当者のフリーダムに対するねぎらいの意味が込められているように感じてしまいます。 このレネンのアウヴェハンス動物園は私も大好きな動物園の一つです。非常にゆったりとした雰囲気があり、来園者ものびのびとした姿勢で動物たちと向かい合っています。ただしホッキョクグマの飼育展示場での写真撮影はガラスボードなどの影響で非常に難しいわけですし、ホッキョクグマたちの姿を追ってこちらも移動量が大きくなり体力も必要だというわけです。

(資料)
De Gelderlander (Nov.20 2015 - Jarige ijsbeertweeling Ouwehands krijgt ijsblok cadeau)
RTV Utrecht (Nov.21 2015 - IJsbeertweeling Rhenen viert eerste verjaardag)

(過去関連投稿)
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園でホッキョクグマの三つ子の赤ちゃん誕生! ~ フリーダムの快挙
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園で誕生の三つ子の赤ちゃんのうち一頭が死亡!
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園で誕生の二頭の赤ちゃんが生後24日目を迎える ~ 眼も開く
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園で誕生の二頭の赤ちゃんの近況 ~ twins と twin cubs の違い
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園の二頭の赤ちゃんは生後二か月経過 ~ フリーダムお母さんの技量
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園の二頭の赤ちゃん、互いに相手を意識し始める
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園の二頭の赤ちゃんは19日(木曜日)のお披露目を同園が告知
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園の二頭の赤ちゃんが戸外へ ~ フリーダムお母さんの厳しい監視
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園のフリーダムお母さんと二頭の赤ちゃんのライブ映像配信が開始
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園のライブ映像配信が増強される ~ 赤ちゃんは戸外で大活躍
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園のフリーダムお母さんと二頭の赤ちゃんたちの近況
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園でのフリーダム親子とフギースの同居開始を振り返る
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園の二頭の赤ちゃんが順調に生後半年となる
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園の赤ちゃんの性別は雄と雌、名前はアキアクとスラに決定
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園がyoutubeを用いたライブ映像を配信
オランダ・レネン、アウヴェハンス動物園のアキアクとスラが間もなく一歳に ~ 欧州の繁殖計画の今後

(*アウヴェハンス動物園訪問記)
(2011年5月)
遂にレネン、アウヴェハンス動物園に到着!
シークーとセシ、その伸びやかさと無邪気さの大きな魅力
フリーダムを称える
(2012年3月)
レネン、アウヴェハンス動物園でホッキョクグマたちに御挨拶
アウヴェハンス動物園のフギースお母さんの双子の性格
フギースお母さんの性格と子育て
フリーダムお母さんと1歳になったシークーとセシの双子
(2015年5月)
フリーダムお母さんお久しぶりです、二頭の赤ちゃん、初めまして! ~ レネン、アウヴェハンス動物園へ
欧州屈指の偉大なる母フギースは今何を考える?
アウヴェハンス動物園二日目 ~ 三世代同居の問題点
アウヴェハンス動物園の双子の赤ちゃんの性格と素顔 ~ 「冒険家ちゃん」 と 「甘えっ子ちゃん」
フリーダム、偉大なる母のその素顔 ~ 「細心さ」から「鷹揚さ」を取り込み、咲かせた大輪の花
by polarbearmaniac | 2015-11-26 22:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ユムカ(ミルカ)は果たして今..
at 2017-07-20 03:45
ペルミ動物園訪問五日目 ~ ..
at 2017-07-20 03:30
「アンデルマお婆ちゃん (バ..
at 2017-07-19 03:45
ペルミ動物園訪問四日目 ~ ..
at 2017-07-19 03:30
ロシア・ホッキョクグマ界の若..
at 2017-07-18 03:45
ペルミ動物園訪問三日目 ~ ..
at 2017-07-18 03:30
カナダ・ウィニペグのアシニボ..
at 2017-07-18 03:15
アンデルマとユムカ(ミルカ)..
at 2017-07-17 03:45
ペルミ動物園訪問二日目 ~ ..
at 2017-07-17 03:30
アンデルマ、雲上の存在となっ..
at 2017-07-16 03:30

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin