街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ドイツ・ロストック動物園のフィーテが一歳へ ~ 彼こそがリラの将来のパートナーの最有力候補か?

a0151913_0192068.jpg
フィーテ Photo(C)Zoo Rostock

現在はホッキョクグマの赤ちゃん誕生シーズンの真っ盛りです。ということは同時に、昨年のシーズンに誕生した個体の満一歳の誕生祝のシーズンでもあるということです。当ブログでは海外で誕生した個体についても、その誕生から成長を定期的に追い続けていくことを方針としていますが一歳になったところを一区切りにして、その後は何か出来事があったときに投稿するということも方針にしています。昨年の12月3日にドイツのロストック動物園でヴィルマお母さんから誕生した雄のフィーテがいよいよ一歳になります。ここでフィーテの10月末の映像を見てみましょう。



このフィーテは非常に元気が良くて活動的であることはすでに以前の投稿でも触れていますが、ロストック動物園の担当飼育員さんがマスコミに語る形でこのフィーテの性格や行動を述べています。それによりますと、フィーテはまるで恐怖心を感じない大胆な幼年個体で、高い場所からも平気でプールに飛び込んだり、ヴィルマお母さんに「叱られて」もダッシュして駆け出して逃げたりなど、その自由奔放な行動に特徴があるそうです。またいつも頭の中でとんでもない大胆な遊びを考えているといった冒険家でもあるそうです。ただしかしまだヴィルマお母さんの授乳は受けているそうです。来年2016年の秋にはロストック動物園で新ホッキョクグマ飼育展示場の建設も始まり、ちょうどその頃にフィーテはヴィルマお母さんと離される予定だそうです。おそらくその後にフィーテは欧州における雄の幼年・若年個体の集中プール基地となっているイギリスのヨークシャー野生動物公園に移動するのではないかと思われます。ここでこのフィーテの11月末の映像を見てみましょう。



このフィーテは年齢からも血統(ロストック系)から言っても札幌のリラのパートナーとしては比較的条件は合致しているように思いますから、仮にリラが欧州に移動するなどということがあればこのフィーテがリラの有力なパートナーとなると私は考えます。 ただしかし、円山動物園のララの娘たちと欧州個体との交換については、いくら円山動物園が基準に合致した新施設を建設しようとも、今度は別の条件を突き付けられてハードルの高さは変わらないと思います。ただし問題は、欧州側が他血統の雌の幼年・若年個体の導入をどれだけ望んでいるのかにもよるでしょう。彼らがララファミリーの血統を認識するならば間違いなくララの娘たちを入手したいという気にはなるでしょう。ただしリラよりも、もっと上の年齢の個体を欲しがるような気がします。仮に私が日本側の担当者ならばマルルを欧州側に提示したいところです。 それから、ウスラーダやシモーナやララが欧州のどの母親たちよりも優れているなどということは欧州の動物園関係者も欧州のファンの方々も全く知らないということです。EAZAのコーディネーターや欧州の動物園が何をどう考えてララファミリーの個体の導入を具体的に検討するのかしないのか、まあ「高みの見物」といったところになりそうです。 いや、実は日本側に「高みの見物」などしていられる余裕など時間的にも血統的にも勿論ないわけですが。

(資料)
Zoo Rostock (Eisbär-Tagebuch/Nov.2015)
Norddeutsche Neueste Nachrichten (Nov.30 2015 - Fiete feiert ersten Geburtstag)
Bild (Nov.29 2015 - Klein-Fiete lernt jetzt surfen)

(過去関連投稿)
ドイツ・ロストック動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ ヴィルマが自己の12歳の誕生日に出産
ドイツ・ロストック動物園で誕生の赤ちゃんは順調に生後五週間が経過 ~ 性別判定を急ぐ同園
ドイツ・ロストック動物園で誕生の赤ちゃんは順調に生後7週間目へ ~ ヴィルマお母さんの母性
ドイツ・ロストック動物園の赤ちゃん、産室内で運動量が増す ~ ヴィルマお母さんの丁寧な育児
ドイツ・ロストック動物園の赤ちゃん、産室内で転げまわる ~ 生後58日が経過
ドイツ・ロストック動物園でヴィルマお母さんから誕生した生後二か月の赤ちゃんの性別は雄(オス)と判明
ドイツ・ロストック動物園で誕生した雄の赤ちゃんに各国メディアが注目 ~ クヌート関連でスターの座へ
ドイツ・ロストック動物園で誕生の雄の赤ちゃんが、より活発になる ~ うまく対応するヴィルマお母さん
ドイツ・ロストック動物園で誕生の雄の赤ちゃん、生後86日が経過 ~ まだ足取りは幾分安定せず
ドイツ・ロストック動物園で誕生の雄の赤ちゃん、産室内でおもちゃのボールで遊ぶ
ドイツ・ロストック動物園で誕生の雄の赤ちゃんの候補名5つが選考される ~ ネットでの最終投票へ
ドイツ・ロストック動物園の雄の赤ちゃんの名前が "フィーテ(Fiete)" に決まる ~ 命名式が開催される
ドイツ・ロストック動物園の雄の赤ちゃん、フィーテの近況 ~ おもちゃ好きな性格
ドイツ・ロストック動物園の雄の赤ちゃん、フィーテの生後半年のお祝い会が開催される
ドイツ・ロストック動物園のフィーテがヴィルマお母さんと共に広い展示場(Bärenburg)へ移動
ドイツ・ロストック動物園のフィーテの近況 ~ 元気の良さに手こずるヴィルマお母さん
by polarbearmaniac | 2015-12-02 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-11-23 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-22 06:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-11-22 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-11-21 01:00
エストニア・タリン動物園のノ..
at 2017-11-21 00:30
エストニア・タリン動物園、新..
at 2017-11-20 01:00
仙台・八木山動物公園、苦心す..
at 2017-11-19 00:30
ロシア・イジェフスク動物園が..
at 2017-11-18 01:30
南フランス・アンティーブ、マ..
at 2017-11-18 00:30
チェコ・ブルノ動物園のライブ..
at 2017-11-17 00:30

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag