街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

デンマーク・コペンハーゲン動物園で男がホッキョクグマ展示場に侵入 ~ 警告発砲を受けたボリスは無事

a0151913_046165.jpg
ボリス Photo(C)Ekstra Bladet

デンマークのマスコミの報道によりますと、デンマークのコペンハーゲン動物園で昨日水曜日の午後1時に28歳の精神状態の不安定なリトアニア人の男がホッキョクグマ飼育展示場に侵入したそうです。この男が早速遭遇したのは男鹿水族館の豪太の弟である10歳になったばかりのモスクワ動物園生まれの雄のボリス(同園ではイワンと呼ばれているそうです)でした。ボリスはその男をじっくりと眺めて臭いを嗅いだ後に前脚で軽くこの男を引っぱ叩いたそうです。
a0151913_3101596.jpg
侵入した男とボリス Photo:Ekstra Bladet / Kayla Boserup

来園者の警報ボタンによって駆け付けた同園のスタッフは2発の警告の発砲をボリスに対して行った後に4発のゴム弾を発射してボリスを室内に退散させ、男はスタッフの「救出」されたそうです。現在この男は現場に急行した警察に身柄を拘束され事情聴取を受けている模様です。 園長さんが語るには、仮にボリスが男に襲い掛かった状態になっていたならば威嚇発砲などでは済まずボリスの体に向けて直接発砲せねばならなくなっていただろうということの懸念のようです。今回のボリスは空腹ではなかった状態だったのも幸いしたということのようです。デンマークのマスコミが来園者がスマートフォンで撮影した侵入したこの男とボリスの映像を公開していますので興味のある方はこちらをクリックしていただき開いたページで映像をご覧下さい。冒頭に二つほどCMが入ります。映像自体は短いもので、たいしたものではありませんが。

(*追記 - デンマークのTV局のニュースをご紹介しておきます。男の侵入者も映っています。)


問題なのは同園では雌のノエル(上野動物園のデアの姉)が現在は出産準備のために産室入りしているわけで、こうした一連の発砲音は産室内に届いている可能性を否定できないだろうということです。こうした銃声のような音は神経に障るわけで、ノエルに悪影響を与えていないことを願うばかりです。しかしこのようなことを動物園で行って騒ぎを起こすのは精神異常者が非常に多いわけで実に困ったものです。そしていつも大きな迷惑を被るのは動物たちなのです。動物園としても、入園する際におかしなことを口走っているような者がいれば入園を拒否すべきでしょう。 ボリスにケガが無くてなによりでした。 それからデンマークの報道ではこのボリスの体重は621キロだと報じています。私が4年前に彼に実際に会って感じた印象では、彼はすぐ上の兄である男鹿水族館の豪太よりも遥かに大きな感じがしましたので彼の体重は500キロは絶対に下回らないだろうという印象でした。621キロというのはまあ納得のいく数字だと思います。豪太も体は大きいとはいえ、やはり弟のボリスよりも遥かに小さいということです。

(資料)
B.T (Dec.2 2015 - Mand sprang ned til isbjørnene: Derfor slap han uskadt)
Ekstra Bladet (Dec.3 2015 - Drama i Zoo i København: Sådan skete det)
TV2 (Dec.2 2015 - Rystet zoo-direktør efter drama: - Isbjørnene havde fat i ham)
Ekstra Bladet (Dec.2 2015 - Drama i Zoo: Her møder mand den 621 kilo tunge isbjørn)

(過去関連投稿)
デンマーク ・ コペンハーゲン動物園の新施設 “Den Arktiske Ring” の完成 ~ 期待される若年ペアの繁殖
デンマーク・コペンハーゲン動物園のボリスがスカンジナヴィア野生動物公園に期限付きで移動
デンマーク・スカンジナヴィア野生動物公園に出張中のボリスがコペンハーゲン動物園に帰還
デンマーク・コペンハーゲン動物園のノエルが超音波検査を受ける ~ 今年の繁殖成功は困難か?
(*2011年7月コペンハーゲン動物園訪問記)
コペンハーゲン動物園のホッキョクグマたちに挨拶 ~ 豪太の弟に遭遇!
コペンハーゲン動物園のボリスとノエルに、魚とウサギのプレゼント
コペンハーゲン動物園での新施設建設とボリスとノエルの繁殖への期待
by polarbearmaniac | 2015-12-03 01:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ベルリン動物公園で誕生の赤ち..
at 2017-12-12 00:15
大阪・天王寺動物園のシルカの..
at 2017-12-11 01:30
エストニア・タリン動物園のノ..
at 2017-12-11 00:30
カザフスタン・アルマトイ動物..
at 2017-12-10 00:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-12-09 00:30
ベルリン動物公園でホッキョク..
at 2017-12-08 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-12-08 01:00
カナダ・マニトバ州チャーチル..
at 2017-12-08 00:15
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-12-07 00:30
エストニア・タリン動物園のノ..
at 2017-12-07 00:15

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag