街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ドイツ・ロストック動物園のフィーテの一歳の誕生会が開催される ~ 成長をどう見守り何に昇華させるか?

a0151913_275335.jpg
フィーテ(左)とヴィルマお母さん(右) 
Photo(C)Norddeutscher Rundfunk

世界の動物園などで飼育されているホッキョクグマの血統台帳の管理を行っていることでも知られているドイツのロストック動物園で昨年の12月3日にヴィルマお母さんから誕生した雄のフィーテが12月3日に一歳となり、同園ではその誕生祝いが行われ、フィーテとヴィルマお母さんにスタッフの作った氷のケーキのプレゼントがありました。その様子をご覧いただきましょう。



このフィーテが無事に一歳を迎えた記念としてロストック動物園はフィーテを主人公にした児童書である "Fiete, der Abenteurer"(「冒険家フィーテ」とするよりも「フィーテの冒険」とでもしておきましょう) を制作し同園で販売しているそうです。本文を執筆したのはロストック在住の作家であり、ロストック動物園はその内容と本文の朗読を映像で公開していますので是非以下でご覧ください。大学の教養課程で学ぶ程度のドイツ語の能力でも十分にわかる内容だと思います。



実にすばらしい児童書だと思います。非常に暖かみのある内容です。フィーテといろいろな動物たちとの出会いの冒険を通じて彼のの成長を描いているわけですが、真のテーマは私の見たところ、やはりロストック動物園が語る通り「友情」ということなのではないでしょうか。一般的なホッキョクグマの成長記録写真集というものも、もちろん素晴らしいのですがこういった児童書や絵本などが出版されるというのもドイツらしい話だと思います。ホッキョクグマの赤ちゃんの成長を見守り、そして何にそういった体験を昇華させるかということにおいては文化の違いというものがあるということです。ロストック動物園ではこの児童書の朗読会をフィーテの一歳の誕生会というイベントの中に入れ込んでフィーテの成長を祝ったわけです。 氷のケーキのプレゼントだけではなかったということですね。

(資料)
Zoo Rostock (Aktuelles /Dec.3 2015 - Happy Birthday, Fiete und Vilma!)  (pdf)
Ostsee Zeitung (Dec.3 2015 - Zoo Rostock: Eisbär Fiete wird ein Jahr alt)
Norddeutsche Neueste Nachrichten (Dec.3 2015 - Geburtstagstorte für Eisbär „Fiete“)
Rostock-Heute (Dec.3 2015 - Der kleine Eisbär Fiete feiert heute seinen ersten Geburtstag)
NDR.de (Dec.3 2015 - Eisbären-Geburtstag: Torte für "Fiete")

(過去関連投稿)
ドイツ・ロストック動物園でホッキョクグマの赤ちゃん誕生! ~ ヴィルマが自己の12歳の誕生日に出産
ドイツ・ロストック動物園で誕生の赤ちゃんは順調に生後五週間が経過 ~ 性別判定を急ぐ同園
ドイツ・ロストック動物園で誕生の赤ちゃんは順調に生後7週間目へ ~ ヴィルマお母さんの母性
ドイツ・ロストック動物園の赤ちゃん、産室内で運動量が増す ~ ヴィルマお母さんの丁寧な育児
ドイツ・ロストック動物園の赤ちゃん、産室内で転げまわる ~ 生後58日が経過
ドイツ・ロストック動物園でヴィルマお母さんから誕生した生後二か月の赤ちゃんの性別は雄(オス)と判明
ドイツ・ロストック動物園で誕生した雄の赤ちゃんに各国メディアが注目 ~ クヌート関連でスターの座へ
ドイツ・ロストック動物園で誕生の雄の赤ちゃんが、より活発になる ~ うまく対応するヴィルマお母さん
ドイツ・ロストック動物園で誕生の雄の赤ちゃん、生後86日が経過 ~ まだ足取りは幾分安定せず
ドイツ・ロストック動物園で誕生の雄の赤ちゃん、産室内でおもちゃのボールで遊ぶ
ドイツ・ロストック動物園で誕生の雄の赤ちゃんの候補名5つが選考される ~ ネットでの最終投票へ
ドイツ・ロストック動物園の雄の赤ちゃんの名前が "フィーテ(Fiete)" に決まる ~ 命名式が開催される
ドイツ・ロストック動物園の雄の赤ちゃん、フィーテの近況 ~ おもちゃ好きな性格
ドイツ・ロストック動物園の雄の赤ちゃん、フィーテの生後半年のお祝い会が開催される
ドイツ・ロストック動物園のフィーテがヴィルマお母さんと共に広い展示場(Bärenburg)へ移動
ドイツ・ロストック動物園のフィーテの近況 ~ 元気の良さに手こずるヴィルマお母さん
ドイツ・ロストック動物園のフィーテが一歳へ ~ 彼こそがリラの将来のパートナーの最有力候補か?
by polarbearmaniac | 2015-12-04 17:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ベルリン動物園 (Zoo B..
at 2017-04-25 00:30
モスクワ動物園の二歳半の雄(..
at 2017-04-24 01:30
ロシア・西シベリア、ボリシェ..
at 2017-04-24 00:30
オランダ・ヌエネン、「動物帝..
at 2017-04-23 00:30
ベルリン動物公園で死亡した赤..
at 2017-04-22 01:00
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-04-22 00:30
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-21 12:00
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-20 15:00
ロシア・サハ共和国、ヤクーツ..
at 2017-04-20 14:30
アメリカ・コロンバス動物園の..
at 2017-04-20 01:00

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin