街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ドイツ・ニュルンベルク動物園のシャルロッテが満一歳となる ~ 映像ではつかみにくいその性格

a0151913_1495828.jpg
ヴェラお母さん(左)とシャルロッテ(右) Photo(C)Tiergarten Nürnberg

昨年末に誕生した赤ちゃんがどんどん満一歳を迎えています。 満一歳までは定期的にその成長を追うことをこのブログでは方針としています。ドイツのニュルンベルク動物園で昨年の11月21日にヴェラお母さんから誕生した雌のシャルロッテもすでに満一歳を迎えました。 ここでこの母娘の先月下旬の映像を見てみましょう。



このヴェラお母さんというのは現在13歳になったばかりでモスクワ動物園のシモーナの娘です。 このヴェラは旭川のイワンのすぐ下の妹にあたるのですが、ヴェラの母親であるシモーナは非常に大らかな性格であるのに対して娘のヴェラは極めて神経質なホッキョクグマなのです。その違いは極めて大きいことに私は驚きます。 しかし考えてもみればシモーナも彼女の母親であるウスラーダとは全く異なる性格を持ったホッキョクグマでありウスラーダとシモーナは育児方法も正反対といった違いがあり、母親と娘とではむしろ性格がかなり異なる場合が多いのではないかということを私は世界のいろいろな例をみて感じています。となれば、シャルロッテとヴェラお母さんの性格もかなり違うのではないかという想像は成り立つでしょう。 ここで10月の映像を二つほど見ておきましょう。





こうして見てみますとシャルロッテにはヴェラお母さんには無い、ある種の豪放さとでもいったものがあるようにも思いますが、しかしその反面には非常にききわけの良い素直さも備わっているようにも見えます。 映像だけでは判断が難しいようです。しかしどうでしょうか、私にはララとアイラ、ララとリラの母娘のほうが見ていて遥かにおもしろかった(おもしろい)と感じます。

ともかくシャルロッテは無事に満一歳を迎えています。 ヴェラお母さんも前回のグレゴールとアレウトの雄の双子の育児にはかなり手こずっていたようですが(特に二年目)、シャルロッテは雌ですので比較的相手にしやすいような感じに見えます。シャルロッテが今後どのように変化していくか、それは興味のあるところです。

(資料)
nordbayern.de (Nov.21 2015 - Happy Birthday Charlotte! Nürnberger Eisbärin wird ein Jahr alt)

(過去関連投稿)
ドイツ・ニュルンベルク動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生! ~ ヴェラお母さんの健闘
ドイツ・ニュルンベルク動物園で誕生の双子の赤ちゃん、一頭が死亡の模様 ~ 正式発表は早すぎたのか?
ドイツ・ニュルンベルク動物園で誕生の双子の赤ちゃん、一頭が圧死 ~ 情報発表に苦慮する同園
ドイツ・ニュルンベルク動物園で誕生し一頭が死亡した双子の赤ちゃんのうち残っている一頭は順調に推移
ドイツ・ニュルンベルク動物園で誕生の赤ちゃんは元気に生後七週間が経過 ~ 沈黙を破っての同園の発表
ドイツ・ニュルンベルク動物園で誕生の赤ちゃんは元気に生後75日が経過 ~ ヴェラお母さんへ給餌再開
ドイツ・ニュルンベルク動物園で誕生の赤ちゃんの初めてのカラー画像が公開
ドイツ・ニュルンベルク動物園の赤ちゃんの性別は雌(メス)と判明 ~ シャルロッテ(Charlotte) と命名
ドイツ・ニュルンベルク動物園の赤ちゃんのシャルロッテの戸外初登場の模様がネットでライブ中継!
ドイツ・ニュルンベルク動物園の雌の赤ちゃん、シャルロッテが遂に戸外に登場 ~ 神経質なヴェラお母さん
ドイツ・ニュルンベルク動物園のヴェラお母さんと娘のシャルロッテの近況 ~ 際立つ発育の良さ
ドイツ・ニュルンベルク動物園のヴェラお母さんとシャルロッテに見る関係 ~ 想像力を喚起させぬ親子か?
by polarbearmaniac | 2015-12-05 01:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア北東部・サハ共和国、ヤ..
at 2017-03-24 15:00
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-23 20:00
男鹿水族館のクルミと豪太のペ..
at 2017-03-22 23:30
ハンガリー・ブダペスト動物園..
at 2017-03-21 20:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-03-21 18:00
ロシア・ノヴォシビルスク市の..
at 2017-03-20 19:00
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-03-19 20:30
チェコ・ブルノ動物園の「国際..
at 2017-03-19 00:30
ドイツ・ミュンヘン、ヘラブル..
at 2017-03-18 11:00
フランス・ミュルーズ動物園で..
at 2017-03-18 00:30

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin