街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア・シベリア中部のクラスノヤルスク動物園で「ホッキョクグマの日」のイベントが行われる

a0151913_22523429.jpg
クラスノヤルスク動物園のフェリックス
Photo(C)Красноярский зоопарк

ロシア・シベリア中部の都市であるクラスノヤルスクの動物園で先月29日に「ホッキョクグマの日(День белого медведя)」のイベントが開催されました。現在この動物園では野生出身である推定10歳になる雄のフェリックスと推定6歳になる雌のオーロラ(本名ヴィクトリア)が飼育されているのですが、そもそもこの動物園の「ホッキョクグマの日」というのは同園で飼育されていて現在はゲレンジークのサファリパークへ繁殖目的で出張しているセードフ司令官の誕生日に開催されるイベントだったそうですが、この日を野生出身個体であるフェリックスとオーロラの誕生日の祝いに「転用」したというのが今回のイベントだったそうです。
a0151913_2351440.jpg
a0151913_2257528.jpg
オーロラ(本名ヴィクトリア)Photo(C)Красноярский зоопарк

ロシアの動物園というのは夏期とその他の時期との間で入園者数が大きく異なり、秋口から冬期にかけてはその入園者数の落ち込みが顕著であるため、とにかく冬の間は何かイベントを行って集客に繋げようと必死なわけです。それはモスクワ動物園ですら例外ではありません。たとえば私が今年の8月にモスクワ動物園を訪問した際には週末にはホッキョクグマの飼育展示場は来園者で大賑わいだったわけですが、9月末から10月初頭に訪問したときには来園者の数はかなり少なくなっていたことでも実感したわけです。さて、冬期になにかイベントを行うとすれば、その主役となってもらうには気温が非常に下がって活動量が増し、そして子供たちに大きな人気のあるホッキョクグマが最もふさわしいと考えられているようで小さなイベントも含めればホッキョクグマたちがおいしいプレゼントをもらえる機会は多いということのようです。クラスノヤルスク動物園でもフェリックスとオーロラには肉、魚、果物などが入った氷のケーキもプレゼントされ、その誕生日のお祝いにしたそうです。日本でも何頭もの幼年・若年個体の誕生会が開催されていますが、彼らは全て飼育下の生まれであり誕生日がわかっているために誕生会も開催しやすいわけですが、ロシアやカナダでは野生出身の幼年・若年個体が存在していますので、そういった個体のために特定の日をもうけて祝ってやるということが行われます。カナダでは一般に1月に行われることが多いようです。
a0151913_22495093.jpg
a0151913_2321782.jpg
Photo(C)Красноярский зоопарк

だて、このクラスノヤルスク動物園のフェリックスとオーロラのペアですが、おそらく来年には本格的に繁殖に挑戦するものと思われます。野生出身同士のペアですので繁殖に成功すればその赤ちゃんは貴重な新しい血統の誕生ということになり、仮に日本でその個体を獲得することができれば、すでに血統的に行き詰まりを生じている日本のホッキョクグマ界にとっては一つの貴重な光となるでしょう。私個人的にはこのフェリックスとオーロラの間に誕生する個体こそ札幌のデナリの後継にすべきであるという意見なのですが、しかし最近はモスクワ動物園がロシア国内のホッキョクグマの繁殖計画に強い主導権を握っているわけで、この新血統の赤ちゃんをロシア国内で確保する動きに出てくるのは必至の情勢でしょう。要するにシモーナの子供たちのパートナーにしようというわけです。なにしろ飼育下で誕生した両親の間にできたノヴォシビルスク動物園のシルカの売却計画にすら横やりを入れてきたわけですから、ましてや野生出身のフェリックスとオーロラとの間に誕生した個体についてはそれをロシア国外には出さないようにいろいろ画策してくるでしょう。ひょっとしたらロシアが単純売却して日本に来る個体というのはシルカが最後となる可能性も大きいかもしれません。しかし日本のホッキョクグマ界も何らかの手を打ってロシアから新血統の個体を導入しなければならない状況となっているわけです。シルカが何故日本に来ることができたかといえば、大阪の天王寺動物園が園としての繁殖計画をロシア側に提示できたからです。大阪以外でそういった園独自での繁殖計画を提示できるのは札幌しかありません。特に日本は貴重な幼年・若年の雌の個体を多く持っています。ですから繁殖計画の提示は比較的楽なのです。とにかく、このクラスノヤルスク動物園で今後誕生する個体には十分注目する必要があるでしょう。そして、なんとしてでも入手すべきでしょう。

(資料)
"Роев ручей" Красноярский зоопарк (Nov.29 2015 - БЕЛЫЙ МЕДВЕДЬ, НЕ БОЛЕТЬ!)
Комсомольская правда (Nov.29 2015 - В красноярском зоопарке белым медведям вручили ледяной торт из мяса, рыбы и фруктов)

(過去関連投稿)
(*オーロラ関連)
ロシア極北・タイミール半島でホッキョクグマの2頭の赤ちゃんを保護!
ロシア・タイミール半島で保護された赤ちゃん孤児の続報
ロシア・クラスノヤルスク動物園の2頭の赤ちゃん孤児、同市に留まり同居の継続が決定!
ロシア・クラスノヤルスク動物園で暮らすタイミール半島で保護された双子の孤児の名前が決まる
ロシア・ウドムルト共和国のイジェフスク動物園 ~ 「さすらいのホッキョクグマ」ピムの安住の地となるか
モスクワ動物園がカザン市動物園に1頭のホッキョクグマを贈与 ~ 帰属意識と権利関係の狭間で
ロシア・クラスノヤルスク動物園で保護の双子の孤児に別れの時来る ~ オーロラがイジェフスク動物園へ
(*フェリックス関連)
ロシア・クラスノヤルスク動物園の2頭の伊達男たち ~ 華麗なる独身生活を謳歌?
ロシア・クラスノヤルスク動物園のプール開き
ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園のプール開き
(*フェリックスとオーロラ関係)
ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園の野生出身の新ペアの繁殖への期待 ~ 日本は果実を狙え
ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園の「プール開き」 ~ 夏に向けたフェリックスとオーロラの姿
ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園の野生出身のフェリックスとオーロラのペア形成への準備
ロシア・シベリア中部、クラスノヤルスク動物園の「国際ホッキョクグマの日」のフェリックスとオーロラの姿
ロシア・クラスノヤルスク動物園のフェリックスとオーロラの同居開始 ~ 新血統の誕生への大きな期待
by polarbearmaniac | 2015-12-08 23:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ペルミ動物園のミルカ..
at 2017-10-20 19:30
ロシア東北端・チュクチ半島の..
at 2017-10-19 20:00
いよいよ今年2017年のホッ..
at 2017-10-19 01:00
ドイツ・ロストック動物園が来..
at 2017-10-18 18:30
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-10-18 00:30
ベルリン動物公園がトーニャの..
at 2017-10-17 20:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-10-17 00:30
モスクワ動物園 ヴォロコラム..
at 2017-10-16 18:00
オランダ・エメン動物園で成功..
at 2017-10-15 18:00
ロシア極東・ハバロフスク動物..
at 2017-10-14 22:00

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag