街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

北米の過去約100年間の飼育下のホッキョクグマ出産記録が語ること(2) ~ 出産のピークは何日頃?

a0151913_2248291.jpg
クルミ (2013年6月22日撮影 於 男鹿水族館)

12月も半ばになりました。現時点でこの繁殖シーズンのホッキョクグマの赤ちゃん誕生が公表されているものは以下です。

カナダ・トロント動物園で一頭(人工哺育)11月11日誕生
アメリカ・コロンバス動物園で一頭(人工哺育)11月6日誕生
チェコ・ブルノ動物園で一頭 11月24日誕生
オランダ・「動物帝国」で二頭、11月21日誕生

たったこれだけなのですが、実は多分もう誕生してはいるものの発表が行われていない施設が最低二つほどあるだろうと私は考えています。この誕生の事実の発表は年が明けてから行われるというケースがよくあるものの、やはり現時点で発表されている上記の4例はかなり少ないと考えています。ここで、飼育下においていったい何日頃に赤ちゃんの誕生が多いのかを統計にしたものがありますからご覧いただくことにします。これは先日もご紹介した今年2015年に発表された最新の研究報告である “Reproductive trends of captive polar bears in North American zoos: a historical analysis” に記載されているものです。この研究報告は北米における動物園などでの1912年から2010年までの約100年間の北米の動物園で飼育されていたホッキョクグマの456回の出産によって誕生(そして成育)した697頭の個体についての血統登録台帳からの集積データです。ですから当然、誕生してから少なくとも半年成育した個体のデータということになります。今回も前回同様、結論部分の集積データをグラフにしたものをご参照頂くこととします。そのグラフは以下です。ワンクリックしていただき開いたページの+記号をさらにクリックしていただくと拡大しますのでそれをご参照頂くこととします。尚、これは出産数(litter)であって出産頭数(number of cubs)ではありませんのでご注意下さい。
a0151913_2151173.jpg
(出典)"Reproductive trends of captive polar bears in North American zoos: a historical analysis" (Figure 3. The number of litters born per day of polar bear birth season. )

上を見ていただきますと、やはり多いのは11月8日あたりから12月20日頃までだということが言えます。ピークは11月22日から12月12日といった約20日間のようです。特定の日を挙げれば、中間日(つまりピークの中のピーク)は11月29日であると報告は述べています。つまり本日12月15日はすでにピークをかなり越しているということになります。ただし、これはあくまでも出産日であって出産の事実の発表はこれから何日か後、あるいは何週間後となるわけで、これは施設の方針によって大きく異なります。オーソドックスな例で早い場合は、誕生から3日~1週間後であり、やや遅い場合は誕生から一か月後というのもよくあるケースです。つまり、生後72時間という最初にして最大の関門を乗り切ったところで発表するというケースは誕生の3日後ということになるわけで、これは授乳音が確認できた段階での発表ということを意味するわけです。発表が遅いのはロシアとアメリカで、これはほとんどが年を越してからです。今回のコロンバス動物園の発表はそういう点から考えて非常に早かったということになりますね。発表が早い代表格はオランダとデンマークでしょう。

さて、現時点における日本ではまだ今年は赤ちゃん誕生の発表はありません。静岡と札幌からの発表は確かにあったものの、それは誕生の発表であったと同時に失敗の発表でもあったわけです。
a0151913_224341.jpg
クルミ (2013年7月27日撮影 於 男鹿水族館)

今年の繁殖シーズンで日本では最も可能性が高いと思われるのは男鹿水族館のクルミであることは言うまでもありません。彼女は過去に一回の出産(そして育児)に成功しているわけで、これが国内の他園で出産を期待されている数頭の雌たちとは異なる点です。昨年は別のデータを用いてクルミの出産の可能性、予定日、出産頭数などを細かく予想したわけですが、今年についてはそういったデータに拘ることは止め、ひたすら待ちの姿勢を貫くことにしています。2012年12月にクルミがミルクを出産した時には出産から数時間後の発表だったわけで、その時にはまだ授乳音が確認される前に出産の事実が発表されたわけです。だからといって仮に今年も出産があれば前回同様にスピード発表するかどうかは全くわかりません。欧州などでもそうですが同じ施設でも発表の時期が年によって異なる場合もあるからです。ですから現時点で男鹿水族館の発表がなくてもクルミがもう出産しているということだってあり得るということです。ただし一つだけ大胆な予想をしてみれば、クルミに出産があるとすればそれは12月20日頃までであって、それ以降はないだろうということです。つまり、今週一杯で「勝敗」が明らかになると思います。

(*追記)実は私は最近の投稿で、ホッキョクグマの出産日は野生下であっても飼育下であってもだんだんと11月から12月が主流になりつつあるということを述べたのですが、その記載のあった研究報告を読みはしたものの不注意で保存しておらず、ここ数日ネット上などでその報告を探し回っているのですが見つかりません。確かカナダの研究者の報告だったと記憶しています。ところが今回の最新の北米の飼育下のホッキョクグマに関する報告では、過去100年間にホッキョクグマの出産日が後にずれてくるという傾向を否定しています。それは以下の、年代における出産日のデータの散布図より読み取れるわけです。つまり、縦軸の散布の中心点を定めてそれを線にして年代の新しい右側部分に伸ばしていくと横軸と平行線のほぼ直線になるわけです。ということは、過去100年間にわたって少なくとも北米における飼育下ではホッキョクグマの出産日(のピーク)の時期には変化がほとんどないということを示していることになります(あくまでも飼育下での話です)。
a0151913_22174999.jpg
(出典)"Reproductive trends of captive polar bears in North American zoos: a historical analysis" (Figure 4. A scatter plot of year (x-axis) by polar bear birthing dates (y-axis) sorted ordinally.)

つまり私が以前に眼にした研究報告で述べられていたことと全く異なる結論を今回の最新の研究報告は導き出しているというわけです。私がかつて読んだ研究報告のタイトル名を私が今この場で提示できない以上、今回の新報告の結論を本ブログでも採用するというのが正しいあり方でしょう。そう訂正することとさせていただきます。

(資料)
"Reproductive trends of captive polar bears in North American zoos: a historical analysis" (2015)

(過去関連投稿)
北米の過去約100年間の飼育下のホッキョクグマ出産記録が語ること ~ 再び考えるキャンディの今後
by polarbearmaniac | 2015-12-15 21:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

アメリカ・シカゴ、リンカーン..
at 2017-10-21 13:30
ロシア・ペルミ動物園のミルカ..
at 2017-10-20 19:30
ロシア東北端・チュクチ半島の..
at 2017-10-19 20:00
いよいよ今年2017年のホッ..
at 2017-10-19 01:00
ドイツ・ロストック動物園が来..
at 2017-10-18 18:30
ロシア・シベリア中部、クラス..
at 2017-10-18 00:30
ベルリン動物公園がトーニャの..
at 2017-10-17 20:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-10-17 00:30
モスクワ動物園 ヴォロコラム..
at 2017-10-16 18:00
オランダ・エメン動物園で成功..
at 2017-10-15 18:00

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Lenin's Tomb: The Last Days of the Soviet Empire


Resurrection: The Struggle for a New Russia


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag