街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

アメリカ・カンザスシティ動物園でニキータのお別れ会が開催される ~ “Logic has to overcome emotion.”

a0151913_224549.jpg
お別れ会でのニキータ Photo(C)Kansas City Zoo

アメリカ・ミズーリ州のカンザスシティ動物園で飼育されている同園の人気者である現在9歳の雄のニキータがこのたびAZAの繁殖計画 (SSP - Species Survival Plan) によってノースカロライナ州アッシュボロのノースカロライナ動物園に移動することが決まった件については以前に投稿していましたが今月20日にカンザスシティ動物園でニキータのお別れ会が開催されました。人気者であるニキータとの別れを惜しむ多くのファンが集まってきたそうです。一方で来たるべき来年一月のこのニキータの移動作業への準備も着々と行われているようです。それを伝える地元のニュースをご覧下さい。



このニキータの移動が発表された当初からカンザスシティ動物園は何故この同園きっての人気個体が移動せねばならないかについてSNSのサイトなどを通じて広くファンに説明してきたわけですが、それはこのニキータが同園にてあまりにも人気者であるために多くのファンからの失望と不満の声が上がっていたからでもありました。そうしたファンへの説明については同園の最高責任者(CEO)であるランディ・ウィトホフ園長さん自らもいろいろな機会に行っていたわけで、その甲斐もあってか地元のファンの大方もニキータとの別れを悲しみつつも事情を納得するになってきたようです。この園長さん自らがカンザスシティ動物園の情報誌に寄せたファン向けの手紙が公開されていますのでこちらをクリックしていただきご参照下さい。園長さんも内心はニキータを他園に移動させねばならなくなったことについて非常に残念に感じていることは行間から読み取れるようにも思います。現在のホッキョクグマの置かれた状況から、動物園における種の保存という使命が指し示すことは繁殖への具体的な取り組み以外にはあり得ず、ニキータという個体への個別的な愛情よりももっと重要なことがあることを園長さんも述べているわけです。ランディ・ウィトホフ園長さんが同園の公式映像でもこのことを語っていますのでそれを聞いてみましょう。映像にはこの動物園で飼育されているもう一頭のホッキョクグマである雌のバーリンの姿も登場しており園長さんは彼女についても語っています。なかなか素晴らしい映像です。



このニキータはノースカロライナ動物園では16歳のアナーナとペアを組んで繁殖に挑戦することになります。ニキータとアナーナの幸運を祈りたいと思います。

(資料)
KSHB (Dec.17 2015 - Kansas City Zoo gets ready to send Nikita the polar bear to North Carolina)
Kansas City Star (Dec.19 2015 - Fans say goodbye to Nikita, the Kansas City Zoo’s polar bear)
Kansas City Star (Dec.21 2015 - Lewis Diuguid: Nikita, the polar bear, will miss the KC Zoo’s push to attract 1 million visitors in 2016)
KCUR (Dec.21 2015 - Bye Bye Nikita — A Farewell Letter About A Kansas City Polar Bear)

(過去関連投稿)
アメリカ ・ コモ動物園のバーリンがカンザスシティ動物園へ ~ 「ニキータとバーリンの物語」は可能か?
アメリカ・ミネソタ州のスペリオル湖動物園で不在のバーリンのお誕生会 ~ “Berlin is our family."
アメリカ・コモ動物園のバーリンがカンザスシティ動物園に無事到着 ~ 繁殖に大きな期待を寄せる地元
アメリカ・ミズーリ州カンザスシティ動物園の展示場にバーリンが遂に初登場 ~ 期待に加熱する地元報道
アメリカ・カンザスシティ動物園の年齢差ペア、バーリンとニキータの初手合い ~ 圧倒的年齢差克服のカギ
アメリカ ・ カンザスシティ動物園のニキータの病状検査続く ~ 雌のバーリンへも投薬治療が再開
アメリカ ・ カンザスシティ動物園のニキータの病状快方へ ~ “Much Ado About Something ?”
アメリカ ・ カンザスシティ動物園のニキータ、体調が回復し展示場に完全復帰 ~ “Nikita is back !”
ビーグル犬のエルヴィス君の妊娠判定(1) ~ カンザスシティ動物園のバーリンは “妊娠なし”
アメリカ ・ミズーリ州、カンザスシティ動物園のニキータとバーリンの近況 ~ 沈静化した報道
アメリカ・カンザスシティ動物園のニキータがノースカロライナ動物園へ ~ 超人気者に移動を迫った繁殖計画
by polarbearmaniac | 2015-12-23 22:30 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-06-26 23:50
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-06-25 22:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-06-24 23:30
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-06-23 23:00
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-06-22 23:00
ロシア・中部シベリアに記録的..
at 2017-06-21 18:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-06-20 23:50
デンマーク・オールボー動物園..
at 2017-06-19 22:00
オーストラリア・ゴールドコー..
at 2017-06-19 20:30
モスクワ動物園・ヴォロコラム..
at 2017-06-18 21:00

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin