街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

ロシア連邦ウドムルト共和国のイジェフスク動物園でホッキョクグマの双子の赤ちゃん誕生!

a0151913_0485883.jpg
ドゥムカお母さん(2014年9月18日撮影 於 イジェフスク動物園)
a0151913_3203576.jpg
Photo(C)Кадр с камеры наблюдения зоопарка Удмуртии

ロシア連邦ウドムルト共和国の首都イジェフスクの地元マスコミがイジェフスク動物園の広報担当者から得た情報によりますと、一ヶ月前にイジェフスク動物園(現在では公式にはウドムルト動物園 - Зоопарк Удмуртии)でホッキョクグマの双子の赤ちゃんが誕生したそうです。誕生の日付は明らかにされていません。産んだのはドゥムカお母さんで父親はノルドだそうです。
a0151913_130519.jpg
このドゥムカお母さんは今回が二度目の出産で、最初の出産は一昨年に産んだ雄のニッサン(現 イギリス・ヨークシャー野生動物公園)です。今回の双子の赤ちゃんの産室内での授乳の映像が公開されましたのでご紹介しておきます。これは12月22日の映像ですね。



やはりロシアのお母さんたちは偉大なのです。このドゥムカお母さんは野生出身で生まれは2004年の暮れのことでした。野生孤児として保護されたあとはモスクワ動物園のヴォロコラムスク付属保護施設で保護・飼育され、そして2008年からイジェフスク動物園で飼育されています。ですから現在11歳になったばかりというところですね。父親のノルドは2005年11月にモスクワ動物園であの偉大なシモーナお母さんから誕生しています。なかなか素晴らしいペアだと思います。私は昨年の秋にイジェフスク動物園を訪問しドゥムカお母さんと息子のニッサンに会っていますが、このドゥムカお母さんというのは非常に太っ腹の豪快な母親だと思いました。また会いに行くのが本当に楽しみです。ちなみにこのイジェフスク動物園のホッキョクグマ飼育展示場はロシア国内の動物園では最も広くて素晴らしい展示場であるという評価であり、私も実際に行ってみてそれには賛成です。以下のような感じです。

イジェフスク動物園ホッキョクグマ飼育展示場概要

今回のこの双子の赤ちゃんの権利はいずれもモスクワ動物園にあるわけです。何故なら父親のノルドの所有権も母親のドゥムカの飼育権もいずれもモスクワ動物園にあり、イジェフスク動物園は単に二頭をモスクワ動物園から借りているということだからです。モスクワ動物園は自園で誕生した個体は単純売却せず繁殖計画に沿ってロシア国内の動物園に配置し、そして他園で誕生した個体については仮に権利がモスクワ動物園にあればその幼年個体は海外に売却する可能性は高いでしょう。今回の双子の赤ちゃんの性別はまだわからないとのことですが、雄ならば一頭を購入してリラの将来のパートナーにする...それはできないことではありません。しかしシモーナの孫にあたるわけで、やはりこのあたりは熟考が必要でしょう。しかしそんな先のことを考えるよりもまずはこの今回の双子の赤ちゃんたちの無事な成長を見守っていくことにしましょう。

(*追記 - 以下の映像では冒頭に園長さんが語っています。これまで赤ちゃんの誕生の事実を秘密扱いにしてきたが生後4週間が経過して赤ちゃんたちは元気で成長しているのでこの時点で自信を持って赤ちゃんの誕生の事実を明らかにした、という内容です。この下の映像では上でご紹介した映像と後半は同じですが、幾分それ以外の場面も入っています。)



(資料)
Сусанин (Dec.25 2015 - Белые медведи-двойняшки родились в зоопарке Удмуртии)
Я люблю Ижевск (Dec.25 2015 - В зоопарке Ижевска родились белые медведи-двойняшки)
Комсомольская правда в Ижевске (Dec.25 2015 - В ижевком зоопарке родились белые медвежата-двойняшки)
ТРК "Моя Удмуртия" (Dec.24 2015 - В Зоопарке Удмуртии родились белые медвежата)

(過去関連投稿)
(*2014年9月 イジェフスク動物園訪問記)
イジェフスク動物園へ ~ ドゥムカ親子と野生孤児バルーとの対面
ニッサン君の素顔とその性格 ~ 開園5年でホッキョクグマの繁殖に成功したイジェフスク動物園
ドゥムカお母さんの素顔とその性格 ~ 「母親の権威」を無用と考える極めて豪放かつ鷹揚な母親像
野生孤児バルーの素顔 ~ 野生個体の不幸の上に成り立つ動物園という悲しき真実
イジェフスク動物園二日目 ~ ドゥムカお母さん、ニッサン君、バルー君、お元気で! (投稿準備中)
by polarbearmaniac | 2015-12-26 00:10 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

横浜・八景島シーパラダイスの..
at 2017-06-28 23:00
ロシア・ウラル地方 ペルミ動..
at 2017-06-28 22:30
ロシア南部 ・ ドン河下流の..
at 2017-06-27 19:00
ロシア・ノヴォシビルスク動物..
at 2017-06-26 23:50
アメリカ・オレゴン動物園のノ..
at 2017-06-25 22:30
ロシア・サンクトペテルブルク..
at 2017-06-24 23:30
ロシア・ペンザ動物園のベルィ..
at 2017-06-23 23:00
ロシア・西シベリア、セヴェル..
at 2017-06-22 23:00
ロシア・中部シベリアに記録的..
at 2017-06-21 18:30
アメリカ・フィラデルフィア動..
at 2017-06-20 23:50

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin