街、雲、それからホッキョクグマ ~ Polarbearology & conjectaneum


by polarbearmaniac

プロフィールを見る

今年一年ご訪問の皆様への感謝 ~ "Scusa quasi una fantasia..."

a0151913_184397.jpg
アンデルマ (Белая медведица Амдерма)
(2015年8月11日撮影 於 ロシア・ペルミ動物園)

本年、当ブログをご訪問いただいた皆様方に心より深く感謝いたします。当ブログの開設者は一個人としてホッキョクグマという驚くべき魅力をもった種に対して、いろいろな角度から迫ろうという試みを個人的に記録しているのがこのブログです。視野を大きく世界に広げ日本のホッキョクグマを世界のホッキョクグマの一部として位置付け、そして欧州、北米、ロシアのホッキョクグマ界に現在起こっていることから重要な意味を引き出したいと奮闘しているつもりです。投稿内容の半分は事実関係の解明、残りはそれに対する私の意見が強く反映されたものとなっています。動物(園)を扱ったネット上の多くの個人の方々のサイトと比較すれば文章が多く内容が非常に堅苦しい点で異色で煙たい存在(?)となっているはずの本ブログですが、それにもかかわらず御訪問いただいた方々に改めて深く感謝いたします。
a0151913_1847474.jpg
ウスラーダ (Белая медведица Услада)
(2015年9月24日撮影 於 ロシア・サンクトペテルブルク、レニングラード動物園)

さて、私事に関することで誠に恐縮なのですが、実は私自身の健康状態が最近かなり悪化するに至り、以前から休養を取るようにと言われ続けていた医師の忠告を受け入れざるを得なくなっています。多忙な仕事による若い時からの体への酷使がここにきて一気に出てきたように思っています。私自身は今年には長い休暇を取ったものの、そういった休みに思い立ったようにロシアに合計一か月間の長期ホッキョクグマ遠征を行っていたわけで本当の意味での休養にはならなかったということです。そうしたことも重なって現在の健康状態の悪化を一層招いてしまったようです。実は今年は今まで数年の中で国内の遠征回数が最も少ない年なのですが、それも私の体調不良が原因だったことが最も大きい理由ですが、しかしその一方で彼らホッキョクグマたちの姿を見ることにある種の悲しさを感じ始め、そして辛い想いを抱くようになってきたことも原因かもしれません。帯広のアイラは何故あの四角張った檻に入れられ、あれでよいのか? 釧路のツヨシを何故ちゃんとした繁殖の舞台にあげてやらないのか? 旭川のピリカはあの状態でいいのか? 阿蘇のカアチャンをなんとかできないのか? 浜松のキロルの今後はどうなってしまうのか? その他いろいろと国内における彼らの現状に懸念を多く感じ、彼らのところに出かけて行って会うのが辛くなってきたということです。いやそれだけではなく、日本のホッキョクグマ飼育には「種の飼育下における集団としての維持」という概念が本当にあるのかという点がもっと根本的な疑問としてあるわけです。日本の動物園関係者はあまりに楽観的すぎるのではないでしょうか。最近時々言われる話で遺伝子多様度という数字がありますが、しかし今後についてはいったいどの血統のどの具体的な個体が何頭の子供たちを誕生させるかは全く予想がつかないわけで、そういった数字の今後の予想値を計算することはほとんど意味をなさないということです。
a0151913_18515422.jpg
シモーナ (Белая медведица Симона)
(2015年10月1日撮影 於 ロシア・モスクワ動物園)

話がそれましたが、厳選して選択と集中を行った今年の国内遠征ではあったものの、やはりその数は十分ではなかったようにも思っています。しかしこういった健康状態が仮に続けば来年はもっと少なくなるかもしれません。国内のホッキョクグマたちの様子は同好の多くの方々のサイトをご参照頂ければ当ブログなどよりもはるかに大きな生の情報が得られるわけですから、私までもがそういった写真、それも、もっと遥かに稚拙な写真を撮ってブログに掲載するという必要はないとも思っています。ですから当ブログの私の撮った写真はほんの付け足しの意味でしかないとご理解下さい。私自身、他の同好の方々と同じことは一切やらないというのを主義としています。私が追及したいのはそういった写真の裏側にある意味といったものです。そこにはデータに裏付けられた科学的視点も、事象に基づく社会的視点も、経験に基づく文化的視点も、そしてレトリカルな手法を含む文学的視点をも織り交ぜて展開しているのが当ブログの特徴でもあると思っています。そうすることが私個人なりの彼らホッキョクグマに対する精一杯の愛情の表現であると考えています。
a0151913_1904730.jpg
ララ (Белая медведица Лара)
(2015年10月24日撮影 於 札幌・円山動物園)

さて、そういったことで、ここのところ毎年海外で過ごしていた年末年始はテロへの危険を避け、日本に留まって健康状態のさらなる悪化を防ぎ自宅養生としたいと思います。ブログの更新は続ける予定ですが、今後は健康状態によっては投稿できない日もあるかもしれません。しかし日本を含む世界のホッキョクグマ界の重要な動き、意味のある話題は決して逃さないつもりです。

今年も一年間本当にありがとうございました。では皆様、良いお年をお迎え下さい!
by polarbearmaniac | 2015-12-29 19:00 | Polarbearology

カテゴリ

全体
Polarbearology
しろくま紀行
異国旅日記
動物園一般
Daily memorabilia
倭国旅日記
しろくまの写真撮影
旅の風景
幻のクーニャ
エッセイ、コラム
街角にて
未分類

最新の記事

気ままに歩くオールボー旧市街..
at 2017-07-28 05:00
モスクワからコペンハーゲン、..
at 2017-07-28 03:00
ノヴォデヴィチ墓地 (Нов..
at 2017-07-27 05:30
モスクワ、ノヴォデヴィチ修道..
at 2017-07-27 05:00
モスクワのクドリンスカヤから..
at 2017-07-26 05:40
モスクワの「チェーホフの家博..
at 2017-07-26 05:30
ムルマ (Белая мед..
at 2017-07-26 05:20
スネジンカ (Белая м..
at 2017-07-26 05:10
二年振りに訪問のモスクワ動物..
at 2017-07-26 05:00
夜も更けたアルバート通りを歩..
at 2017-07-25 05:45

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ


人生と運命 1


スターリン―青春と革命の時代


モスクワは本のゆりかご


私のモスクワ、心の記憶


自壊する帝国 (新潮文庫)


甦るロシア帝国 (文春文庫)


嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)


ロシア 春のソナタ、秋のワルツ-1999-21st


それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影


ミチコ・タナカ 男たちへの讃歌 (新潮文庫)


わがユダヤ・ドイツ・ポーランド―マルセル・ライヒ=ラニツキ自伝


ベルリン戦争 (朝日選書)


Hof――ベルリンの記憶


カチンの森――ポーランド指導階級の抹殺


北京烈烈―文化大革命とは何であったか (講談社学術文庫)


慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件


主題と変奏―ブルーノ・ワルター回想録 (1965年)


藤田嗣治 異邦人の生涯


Barle's Story: One Polar Bear's Amazing Recovery from Life As a Circus Act


Hotel Adlon: Das Berliner Hotel, in dem die grosse Welt zu Gast war


Ein seltsamer Mann


Alma Rose: Vienna to Auschwitz


St Petersburg: A Cultural History


Gulag


The Guest from the Future: Anna Akhmatova and Isaiah Berlin